冷たいものが歯にしみる「知覚過敏症」-歯ブラシや歯ぎしりが原因

むし歯じゃないのになぜ? 原因は誤った歯みがきや歯ぎしり

歯のエナメル質やセメント質を傷つけない歯みがき法を実践しましょう。定期的な歯科検診も忘れずに

歯の象牙質が露出すると、刺激を感じるように

 冷たいものを飲んだりうがいをすると歯にしみてズキンとする、歯ブラシがふれただけで痛いという人はいませんか? そんなとき、むし歯かなと思って歯科医を受診すると「知覚過敏症」といわれることがあります。知覚過敏症とは、むし歯ではないのに歯がしみる症状をいいます。なぜ、こうしたことが起こるのでしょうか。

 歯の神経は、歯の中心部にある歯髄(しずい)と呼ばれる場所にあります。歯髄は周囲を象牙質でおおわれ、その外側には硬いエナメル質の層があります。歯の根の部分(歯根部分)にはエナメル質はありませんが、代わりにセメント質の層で守られています。

 このエナメル質やセメント質の層が傷つき、象牙質がむき出しになると、知覚過敏が起こります。象牙質には、象牙細管と呼ばれるたくさんの穴が開いているため、象牙質がむき出しになると、外からの刺激が象牙細管を通して、歯の神経に伝わり、痛みを感じるのです。

 エナメル質やセメント質が傷つく原因として、次の2つが考えられます。

(1)歯ブラシで強くみがきすぎて、歯のエナメル質を傷つけたり、歯周病などで歯ぐきが下がって露出した歯根部分のセメント質を傷つけてしまう。セメント質はエナメル質よりやわらかいので、歯根部分が露出しただけで傷む場合も。

  (2)歯ぎしりや歯を食いしばるクセで、過剰な力がかかって、歯の表面が割れたり、はがれたりする。ひどいときは歯にひびが入ることも。

症状が軽いうちに治療することが大切

 冷たいものが歯にしみると感じたら、すぐに歯科医院で診てもらいましょう。いったん知覚過敏になると、何度もくり返し起こり、症状が強くなっていきます。知覚過敏では、軽度から重度まで段階を追って次のような治療をします。

<軽度の場合⇒正しい歯みがき法の指導を受ける>
(1)やわらかい毛質の歯ブラシを使って、正しい歯みがき法で口腔内を清潔に保ちます。口の中が清潔であれば、唾液に含まれるカルシウムやリンが歯の表面の傷ついた部分にくっついて、歯を修復する「再石灰化」が起こり、知覚過敏の症状が治まってきます。
(2)歯みがき指導では、軽い力でみがくよう教えられますが、時間がたつと強くみがくクセが出てしまうことがあります。歯ブラシにかける適切な圧力は300グラム程度といわれています。力の程度がわからなくなってきたら、キッチン秤などで確認しましょう。
(3)歯みがき剤は使わないか、研磨剤が入っていないものを少量使用。歯ブラシがふれると痛む場合は、知覚過敏の症状を抑える歯みがき剤を使うといいでしょう。

<中程度の場合⇒歯根の表面をコーティングする>
 痛みが強い場合は、露出した歯根の表面をコーティングする処置をしたうえで、正しい歯みがきを続けて再石灰化を待ちます。ほかに、レーザーを照射して症状を緩和させる方法もあります。

<重度の場合⇒セメントやレジンで患部を保護して刺激をさえぎる>
 露出した歯根の傷つき方が大きい場合は、歯と同じ色をしたセメントやレジンという修復材で傷を埋めて、歯の神経が刺激を受けないようにします。

 また、原因が歯ぎしりである場合には、歯科医院で歯の型をとって、マウスピースをつくってもらいます。就寝中にこれをつけることによって、歯の損傷を予防することができます。

定期的に歯科検診を受けましょう

 以上のような治療をしても症状が改善しない場合、最後の手段として、歯の神経を取って、痛みを感じなくする治療があります。しかし、神経を取ると、その周囲の細かい血管まで取ることになるので、歯に栄養分が届きにくくなり、歯の寿命が短くなりがちです。できれば、この前の段階で治療を受けたいものです。
 自治体や健保組合が実施する歯科検診などの利用に加え、自分で歯科医に行って定期チェックを受けることをおすすめします。

 また、歯がしみても「知覚過敏だからきちんと歯みがきすればそのうち治るだろう」などと勝手に判断してはいけません。本当はむし歯が原因で歯に穴が開いているのかもしれませんから、きちんと歯科医でチェックしてもらうことが必要です。

【監修】
森山貴史先生


東京歯科大学水道橋病院講師
1981年東京歯科大学卒。歯学博士、日本歯周病学会認定歯周病専門医。歯周病専門医として日々多くの歯周病患者の治療に携わるとともに、テレビ・雑誌などのメディアを通じて歯周病予防や歯みがき指導などの啓蒙活動も行っている。

コラムに関連する病名が検索できます。

冷たいものが歯にしみる「知覚過敏症」-歯ブラシや歯ぎしりが原因 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

歯の構造と役割とは? 健康な歯を維持するために必要なこと

私たちの生命維持に不可欠な「食べる」という行為。それを支えているのは、歯です。上下合わせて28本、人によっては32本(第3大臼歯=だいさんだいきゅうし、いわゆる親知らずが4本生えてくる人もいる)あって、口に入れた食物を前歯の切歯(せっし)... 続きを読む

1日5分でできる!歯ブラシで小顔になる方法とは

小さくきゅっとした顔。いわゆる小顔になるにはどうしたらよいのでしょうか? 1日たった5分でできる歯ブラシ小顔法、紐解いてみませんか? 1日5分でできる!歯ブラシで小顔になる方法とは 1日2回は最低行う 歯磨きは、1日2回は最低行うもので... 続きを読む

リカルデント(CPP-ACP)

歯の治療は、むし歯を削って詰め物を入れたら完了と思っていませんか?
実は、詰め物をした歯は、よりむし歯になりやすくなっているんです。それをリカルデントが防いでくれます。
ちなみにリカルデントは登録商標で、正確な名称はCPP-ACP(カゼ... 続きを読む

肌を綺麗にしたいなら“肌の役割を正しく理解”が第一歩!【3つの層】を徹底解説!

普段何気なくお手入れしているお肌ですが、一体どんな役割があるのでしょうか?皮膚は「生命活動を守る人体最大の器官」とも呼ばれ、たくさんの役割が詰まっているとっても大切なパーツです♡皮膚はまるでミルフィーユのように3層から成り立っており、そ... 続きを読む

よい歯医者さんを見分ける4つのポイント-かかりつけ医の探し方

「次に歯医者さんに行くのはいつ?」と尋ねると日本では怪訝な顔をされる方が少なくありません。欧米では「次の歯科のチェックアップは……。」と手帳を見てくれる、日本でもそれが当たり前になればいいと思います。日本では、かかりつけの歯医者さんで定期... 続きを読む

甘い砂糖が虫歯をまねくのは本当?正しいオーラルケアを知って

虫歯や歯周病にかかると、痛みや苦痛に加えて、病院に通う手間や費用なども大変です。正しい歯の磨き方など、事前にケアの方法を知っておき、毎日こまめに実践して予防したいものです。
まず、意外に知られていない虫歯の原因からお話ししましょう。 ... 続きを読む

美しい歯は日頃のお手入れが肝心-定期的な検査と歯磨きのコツ

6月4日から10日までは「歯の衛生週間」。歯の大切さは今さら言うまでもないでしょう。私たちは食物を摂取することで生命を保っています。それには健康な歯と歯ぐきの存在が欠かせません。健康な歯で食物を十分にかみ砕き、消化器に送り込み、体を形づく... 続きを読む

カリフラワーの栄養分がそのままダイエットに!

カリフラワー
カリフラワーに含まれている成分がダイエットに非常に効果的であることをご存知でしょうか。カリフラワーのダイエット効果を高くしてくれる栄養素は、ビタミンB類です。カリフラワーには、ビタミンB1、B2、B6が多く含まれていて、... 続きを読む

日頃のクセがニキビをつくる!?今すぐ改善すべき3つの仕草とは

ニキビに良いとされている成分配合のアイテムを取り入れたり、十分な睡眠をとっているつもり。栄養バランスも気をつけているはずなのに、一体どうして?というあなた。もしかしたら日頃の仕草が原因かもしれません…。日頃のクセがニキビを作ってない?今... 続きを読む

口の開け閉めで音がするのは顎関節症かも-9つの原因と予防法

口を開け閉めするとき「カクッ」「パキン」「ジャリジャリ」などと音がする、口が開けづらい、食事中にあごが痛む、といったことはありませんか?
これらの症状が一つでもあったら、顎関節症(がくかんせつしょう)かもしれません。顎関節症は若い女性に増... 続きを読む