便秘がちな女性は痔になりやすい? 予防と治療に一番良いこと

原因は便秘や下痢などの便通異常、冷え、ストレス

便通異常の解消は生活習慣の見直しから。生活習慣を変えない限り再発をくり返します。

恥ずかしがらずに受診を

 痔(じ)は「お尻のかぜ」と言われるくらい誰でも普通にかかる病気。日本人の3人に1人が「痔主」と言われています。痔の最大の原因といえば便秘ですが、女性には便秘の人が多いため、たくさんの女性が痔に悩んでいます。しかし場所が場所だけに、「もしかしたら痔?」と思いながら、誰にも相談できずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 しかし、最近は痔の診察や治療も一昔前とは様変わりして、患者が恥ずかしくないように配慮され、ほとんど痛みもないそうです。早めに治療するほど治療期間も短くてすみます。放置していると悪化したり、痔だと思っていたら大腸がんだったということも。判別のためにも、思い当たることがあったら、ためらわずに専門医に相談しましょう。

女性に多いいぼ痔、切れ痔

 痔は、いぼ痔、切れ痔、痔ろうの大きく3種類に分けられます。いぼ痔は男女にほぼ半々、切れ痔は女性に多く、痔ろうは男性に多くみられます。

●いぼ痔(痔核=じかく:いきみすぎてうっ血、いぼができる)
 男女ともに一番多いタイプ。肛門周辺の静脈に、血行が悪いため血管の一部に血がたまる「うっ血」が起こり、静脈の一部が腫れていぼのようになったもの。
 いぼが肛門の内側にできる内痔核(ないじかく)と、肛門の外側にできる外痔核がある。内痔核は痔のなかで最も多く、小さいうちは自覚症状がないが、ある程度大きくなると排便時にこすれて出血する。放っておくとさらに大きくなって肛門の外に脱出。押し込んでも肛門内にもどらない脱肛を起こすことも。外痔核は、出血は少ないが腫れてひどく痛む。
  便秘や出産、スポーツなどでのいきみすぎ、長時間の同じ姿勢、足腰の冷え、酒の飲みすぎなどが誘因となる。妊娠した女性は、子宮が大腸を圧迫して便秘になりやすいだけでなく、子宮が周囲の静脈を圧迫して肛門付近にうっ血を起こしやすいため、とくに注意が必要。
 軽いときは、便通を整え、薬で対処。進行すると注射で出血を止めたり、小さくしたりする。手術が必要になることも。

●切れ痔(裂肛=れっこう:便の刺激で肛門の皮膚が切れる)
 若い女性に多い。頑固な便秘で硬くなった便や激しい下痢が肛門を刺激し、皮膚が裂けたり切れたりする。排便時や排便後に痛むことが多いが、出血量はそれほど多くはない。痛みが辛いためトイレを我慢してしまうと、ますます便が硬くなって悪循環を起こしやすい。放っておくと切れ痔が慢性化して潰瘍(かいよう)になったり、肛門が狭くなる肛門狭窄(こうもんきょうさく)を起こすこともある。
 軽いうちは肛門を清潔にして便通をととのえ、便を軟らかくする薬や痛み止めの軟膏で対処する。肛門狭窄になると手術が必要となる場合もある。

●痔ろう(化膿して激しい痛みと高熱が)
 一番やっかいなタイプだが、女性には少ない。下痢などが原因で肛門にある小さなくぼみに細菌が入って化膿し、まず肛門周囲に膿(うみ)をもったおできができて激しく痛み発熱する。膿が出てしまえば楽になるが、膿の通り道が残ってしまい、放置すれば化膿を繰り返す。この状態を痔ろうといい、痔ろうになると手術が必要になる。

 幸いなことに、痔は命にかかわるような病気ではありません。痔と診断がつけば薬や手術ですぐに快方に向かい、手術も日帰りが可能なものが多いため、費用もあまりかからなくなっています。痛みや出血、腫れなどが1週間以上続くときを目安に、早めに肛門科を受診しましょう。

一番の予防・治療は便秘の解消

 痔の多くは便秘や下痢などの便通異常が原因。女性に多いいぼ痔と切れ痔では便秘が第一の原因です。女性には、便秘になりやすい理由があります。それは、女性ホルモンの影響で妊娠中や月経2週間前ころから腸の働きが鈍くなる、腹筋が弱いため便を押し出す力が弱い、便意があっても忙しい、恥ずかしいなどで我慢してしまいがちなど……。
 それでも痔の予防・治療を考えるなら、便秘を解消しなくてはいけません。それには、規則正しい生活、食事、運動など、生活習慣の見直しが必要です。

早起きして朝ご飯。朝の排便習慣をつけよう
 便意が一番起こりやすいのは朝食の後です。朝食をとると腸が刺激されて便の排出が促されるため、朝食をとらないと便秘の原因に。朝食をしっかりとって排便習慣をつけることが便秘解消の早道です。朝食後のトイレタイムを確保するためにも、早起きして時間の余裕をもちたいもの。朝起きぬけに冷たい水や牛乳を飲むと、腸の動きを促す効果も。

しっかり出すにはしっかり食べる
 ダイエットで食事量を減らせば便の量も減って便秘の原因に。主食をしっかり食べて、便のかさを増やす食物繊維をたっぷりとりましょう。野菜、きのこ、海藻などの具だくさんのみそ汁やスープなら、食物繊維が手軽にとれます。前日夜に下準備しておくと朝は楽ですよ。主食はパンよりもご飯のほうがおすすめ、玄米なら満点です。また、腸内環境を整えるヨーグルトなどの発酵食品も便秘解消に効果があります。
 スムーズな排便にはたっぷりの水分と適量の油も必要です。便の70%は水分ですから、水分摂取が少ないと便の水分量が減って硬くなります。とりすぎはよくありませんが、適量の油は大腸内での便のすべりをよくし、便を軟らかくします。

 体を動かすと腸が刺激され、蠕動(ぜんどう)運動が促されます。また、定期的な運動で腹筋が強くなれば、便秘の予防につながりますから、適度な運動を習慣づけましょう。また、排便したいときは決して我慢しないこと。せっかくの便意を無視すると、やがて便意がなくなり、腸に残った便から水分が吸収されて硬くなり、ますます出にくくなってしまいます。

冷えやストレスも要注意

 便秘以外にも、下痢をしないように、お尻がうっ血しないように気をつけましょう。

●冷たいものや香辛料のとりすぎは下痢を起こしやすいので避ける。
●酒の飲みすぎは下痢やお尻のうっ血の原因になるのでほどほどに。
●長時間の同一姿勢は肛門周囲の血行を悪くしうっ血の原因になるため、デスクワークや立ち仕事などであまり動かない人は、姿勢を変えたりこまめに動くようにする。同じ理由で排便時間もなるべく短く。3分以内なら理想的。

●体が冷えると肛門周辺の血行が悪くなるため、冷えないように衣服で調整。冬はもちろん、夏の冷房時も気をつけて。お風呂のほうがシャワーより暖まるのでおすすめ。
●肛門の周囲はできるだけ清潔に。洗浄機能付きトイレがおすすめ。
●ストレスは胃腸の働きを悪くして便秘や下痢の原因に。ストレスをためない工夫を。

 痔の予防・治療は生活習慣と切り離して考えることはできません。そのため、治療で治ったとしても、生活習慣を変えずにいれば何度でも再発します。いつまでも「痔主」でいたくない人は、早めの受診と生活習慣の見直しを。

【監修】
山口トキコ先生


マリーゴールドクリニック院長
東京女子医科大学大学院卒業後、同大一般外科にて研修。社会保険中央総合病院大腸肛門病センターを経て、2000年に開業、現在に至る。医学博士。日本大腸肛門病学会専門医。著書に「出すときこまる 出なくてこまる 女性専門医から痔と便秘に悩むあなたへ」(法研)。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

お尻から血が出た! 原因は痔でなく大腸がんの可能性もある?

トイレで排便のときに真っ赤な出血があったら、たいていの人はドキリとすることでしょう。排便時の出血で多いのは痔(じ)ですが、それ以外にも大腸がんという重大な病気が隠れていることもあるので、ひとまず専門医に診てもらうことが必要です。
痔は... 続きを読む

パニック障害、13の症状でセルフチェック-動悸・発汗・胸痛など

特別な理由も何の前触れもなく、突然激しい動悸(どうき)や息苦しさに襲われ、死ぬかと思うような恐怖を感じる……。そんな症状をくり返すなら、それはパニック障害(パニック症)かも知れません。
車にひかれそうになった、高いところから落ちそうに... 続きを読む

流産を何度も繰り返すのは不育症かも-不育症は治る?治療法は

妊娠はしても、流産や死産をくり返して、赤ちゃんの誕生に恵まれない状態を不育症といいます。流産は珍しいことではなく、1回の妊娠につき、妊娠した人全体の約15%は流産を経験しているといわれています。流産率は女性の加齢とともに高まり、35歳で約... 続きを読む

急な便意も怖くない!「うんち10分前」を知らせるスマートデバイス

外出先や通勤中、突然やってくる激しい腹痛。「一刻も早くトイレに行きたい!」という状況を我慢するのは本当につらいもの。間に合わずに「あ~あ」となってしまうこともありますよね?
そんなことにならないよう、排便タイミングを事前にお知らせしてく... 続きを読む

背中の開いた服が着られない…。背中ニキビの原因と治し方

背中の大きく開いたドレスを着て、いざ出かけようと振り返って鏡を見たら、赤く腫れたニキビがブツブツ!
そんな経験はありませんか?
思春期のホルモンの影響でできる10代の顔のニキビに対し、背中のニキビは20代以降に増えてきます。
顔のニ... 続きを読む

絶対冷え性を治したい! 冷えを改善する4つの生活ポイント

厳しい寒さが続くなか、体が冷えてつらい思いをしている方も多いのではないでしょうか?
冷え症は圧倒的に女性に多く、女性の2人に1人は冷え症という調査結果もあるほど。それほど女性に多い冷え症ですが、問題なのは、寒い、手足が冷たいといった体の冷... 続きを読む

ピロリ菌やがんから胃を守る-こんな不調があったら要注意?

食欲の秋なのに、なんとなく胃の調子がすぐれず「食べたいのに食べられない」と憂うつな気分になっている人はいませんか?
「日本人は胃が弱い」とはよくいわれます。がんの部位別死亡率をみると、最近は肺がんにトップの座を譲ったものの、長い間、胃が... 続きを読む

子どものメタボは大人より危険-食生活の6つの注意点

子どもの肥満を、「元気でいい」と楽観視するのは考えもの。幼児の肥満は学童期の肥満に、学童期の肥満は思春期の肥満につながり、成人の肥満へとつながりやすいのです。肥満は糖尿病をはじめ、高血圧や脂質異常症、脂肪肝、睡眠時無呼吸症候群などの生活習... 続きを読む

尿路結石は若い女性にもできる!? 予防になる食事と生活習慣

尿は腎臓で作られ、尿管を通って膀胱(ぼうこう)に運ばれます。そして一定量の尿が膀胱にためられ、膀胱から尿道を通って排出されます。この腎臓、尿管、膀胱、尿道など、尿の通り道を尿路といい、尿路のどこかに石ができる病気が尿路結石です。症状は激痛... 続きを読む

胃の痛みや不快感は機能性ディスペプシアかも? どんな症状?

胃もたれやみぞおちの痛みなどのつらい症状を繰り返すのに、内視鏡検査や腹部超音波検査を行っても胃の異常が見つからない――こんなときは、「機能性ディスペプシア」という病気を疑ったほうがいいかもしれません。かつては「慢性胃炎」や「神経性胃炎」、... 続きを読む