20~30代にも多発!帯状疱疹とは? ヘルペスの症状と治療法

免疫力の低下で発症。早期治療で後遺症を残さないことが大切

水ぼうそうを経験した人なら、だれでも発症のリスクがあります。どんな病気なのか、知っておきましょう。

帯状疱疹にはかかりやすい2つの年齢層がある

 帯状疱疹(たいじょうほうしん)はヘルペスともいいます。ヘルペスとは疱疹=小さい水ぶくれが集まった状態のことですが、ヘルペスウイルスによって起こる病気を指し、主に帯状疱疹と単純疱疹(口唇(こうしん)ヘルペス、性器ヘルペスなど)の2種類があります。

 帯状疱疹にかかると、からだの片側の一部に強い痛みと、その部分の皮膚に赤い発疹(ほっしん)や水ぶくれがあらわれます。発疹が神経の通っている場所にそって帯状(おびじょう)にあらわれる様子から、帯状疱疹と呼ばれ、日本では6~7人に1人の割合でかかると言われるほどよくみられる病気です。かつては高齢者に多い病気とされていましたが、最近では若い人にも帯状疱疹にかかる人が増えています。

 帯状疱疹のリスクが高いのは、20~30代と50~60代、この2つの年代であることがわかっています。帯状疱疹の原因は、子どもの病気として知られる「水ぼうそう」のウイルス=水痘・帯状疱疹ウイルスです。水ぼうそうは治っても、ウイルスは体内から消えたわけではなく、痛みなどを伝える知覚神経のなかにひそんでいます。このウイルスは、ふだんは何か悪さをするわけではありません。初めて感染したとき、水痘・帯状疱疹ウイルスの情報を記憶して次の侵入に備える「免疫記憶細胞」がつくられ、ウイルスの増殖を抑えているからです。

 ところが、免疫記憶細胞は約20年で数が減少し、ウイルスの活発化を抑えることができなくなっていきます。日本では約95%の人が5歳までに水ぼうそうに感染していると言いますから、20~30代になると、帯状疱疹のリスクが高くなってしまうのです。その年代の人でも、小さな子どもがいれば、子どもが水ぼうそうになったときにウイルスに接触し、また免疫記憶細胞の数が増えます。でも、それも20年で寿命を迎え、50~60代になると、再び帯状疱疹にかかりやすい状態になると考えられています。

 免疫記憶細胞が減少した世代は、体の免疫力がウイルスの増殖を抑えていますが、免疫力が低下するようなことがあれば、ウイルスが活発になる可能性があります。免疫力が低下する原因としては、過労やストレス、抗がん剤やステロイド薬を使った後、手術後、重病にかかっている場合などがあげられます。若い世代では過労やストレスが引き金になることが多いようです。

まず体の片側に痛み、続いて発疹があらわれる

 帯状疱疹の症状は「痛み」からはじまります。症状が軽いと「違和感」や「かゆみ」としか感じない場合もありますが「ピリピリ」「ズキズキ」など、強い痛みを感じる場合がほとんどです。
 痛みがあらわれてから1週間くらいで赤い発疹や小さな水ぶくれが次々に出て広がっていきます。水ぶくれは初めは透明ですが、やがて膿をもって黄色くなり、それがやぶけてただれたり潰瘍(かいよう)になったりします。こうした症状は、通常体の左右どちらか片側にあらわれます。とくに症状が出やすいのは、胸からおなか、背中にかけてと、顔です。

後遺症を残さないために早期治療を

 帯状疱疹の治療は、できるだけ早期にはじめることが大切です。帯状疱疹が重症化した場合、心配なのは「帯状疱疹後神経痛」という後遺症が残ってしまうことですが、発疹が出て3日以内に治療を受ければ、後遺症が残る確率は低くなり、皮膚の症状も軽くてすみます。

 帯状疱疹後神経痛は、神経の炎症が続いた結果、神経が傷ついてしまうことで起こる痛みと言われ、初期の症状が重い人、高齢の人はとくに注意が必要です。ひどい痛みをがまんしていると、神経は痛みの刺激を受け続けることになり、その状態に耐えられなくなって変性を起こしてしまいます。こうなると痛みが慢性化して長期間続くことになり、これが帯状疱疹後神経痛です。この病気では、痛みをがまんするのは禁物で、早く痛みを取り去って神経を楽にしてあげることが大切なのです。

 帯状疱疹の治療には、ウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬と、炎症と痛みをしずめる抗炎症鎮痛薬が用いられます。薬だけで痛みが改善されないときは、「神経ブロック」という治療をして激しい痛みをとりのぞきます。この治療は、ペインクリニックや麻酔科などで受けることができます。

 早く症状に気づくには、帯状疱疹のサインを見逃さないこと。体の左右どちらかにピリピリした痛みや違和感が出て、その部分の痛みがだんだん強くなり、それが4~5日続く場合、帯状疱疹が疑われます。注意して観察し、赤い発疹が出たら、すぐに皮膚科を受診しましょう。予防のため、できるだけ疲労やストレスをためないようにして、免疫力を低下させないように気をつけることも大切です。

 なお、帯状疱疹にかかった人が、水ぼうそうにかかったことがない人と接触すると、相手に水ぼうそうを感染させてしまうことがあります。水ぶくれが治るまでは、水ぼうそうの免疫がない人、とくに妊娠している人や小さな子どもとの接触は避けるようにしましょう。

(「帯状疱疹・単純ヘルペスがわかる本」本田まりこ著、法研より)

【監修】
本田まりこ先生


東京慈恵会医科大学附属青戸病院皮膚科 教授
東京女子医科大学卒業後、東京慈恵会医科大学皮膚科学講座、共立薬科大学大学院非常勤講師を経て、2003年、東京慈恵会医科大学皮膚科助教授。2003年より現職、現在に至る。医学博士。日本皮膚科学会評議員、日本感染症学会理事、日本皮膚科学会代議員などを務める。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

子宮筋腫とは?30〜40代は筋腫の危険年代 大きくなると手術も

30歳以上の5人に1人が悩んでいるという子宮筋腫。筋腫ができる位置や大きさによって症状はさまざま。ときには、子宮全摘という深刻な選択を迫られることも。子宮筋腫の正体を、正しく知りましょう。 30〜40代は筋腫の危険年代
大きくなると手... 続きを読む

妊娠の前にしておきたいママの準備-内科・婦人科検診、ワクチンなど

「赤ちゃんが欲しい」と思ったとき、まず考えてほしいことがあります。
気づいたら妊娠していた……、そして無事に生まれた……、無事に育っている……、それではいけないの?
という考え方もあるかもしれませんが、あらかじめ準備しておけば無用のトラ... 続きを読む

違和感ダイエット

いつも三日坊主
きれいにやせたい!
そんな思いは誰もが抱くもの。しかし、やってみると結構たいへんで、いつも三日坊主。何度チャレンジしても2kg体重減少が限界という人、1週間で5kgやせても次の週には食欲が旺盛になっ... 続きを読む

親の喫煙が子どもの健康に与える恐い影響

毎年5月31日は、WHO(世界保健機関)が定める世界禁煙デーです。2008年は、若者がタバコの常習使用者になることを防ぐために、「若者へのタバコの売り込みをやめさせよう」というテーマが掲げられました。
わが国では、未成年者の喫煙防止の... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その2 旅行計画は慎重に

前回は、妊娠がわかったときに夫に知っておいてもらいたいことを7カ条にまとめて紹介しました。(「二人のための「イクメン」大作戦
1」)。今回は、その中の1~4カ条について、少し詳しく説明します。
そのときにならないと、なかなか実感できない... 続きを読む

美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?

ボイストレーナーとして、ビジネスマンや企業研修の場で、発声や話し方の指導を行う秋竹朋子さん。一児の母でもあり、子ども向けのリトミック教室も開くなど、エネルギッシュに活躍する秋竹さんのパワーの源は? 毎朝の深呼吸が免疫力アップのヒケツ ... 続きを読む

かぜをひきにくい人の習慣-免疫力を上げて生活習慣で予防する

かぜの予防法は、ウイルスに感染しても発症しないだけの免疫力を保つ発症予防と、ウイルス感染そのものを予防する感染予防の2つに分けられます。
かぜを一度ひくと、その原因となったウイルスに対して免疫ができ、同じウイルスには感染しにくくなりま... 続きを読む

笑いはお金をかけない究極の健康法 がん細胞を減少、免疫力UP

笑いが生活習慣病を防ぎ、免疫力をアップする。 よく笑う人は脳卒中や心臓病などのリスクが低く、長生きする傾向に。お金もかからずすぐできる究極の健康法。 笑いが健康にいいということは昔から言われていることですが、最近ではそれを裏付けるよう... 続きを読む

そろそろ「がん検診」を受けよう-受診の目安と検査方法

9月はがん征圧月間です。この四半世紀、がんは日本人の死亡原因の第1位。戦後がんの死亡者数はずっと増え続け、今年の6月に厚生労働省が発表した「平成18年人口動態統計の概況」によると、昨年は全死亡者の約3割にあたる33万人近くががんのために亡... 続きを読む

風邪には抗生物質は効かない? 細菌とウイルスの違いがポイント

抗生物質が効くのは細菌だけ 「風邪をひいたから病院に行って抗生剤をもらって早く治そう」と思って病院に行ったのに、抗生物質は処方されなかった……こんな経験はありませんか? 風邪には基本的に抗生物質は不要です。その理由を知るには、細菌とウ... 続きを読む