風邪やインフルエンザに負けない体づくり-予防方法と生活習慣

寒さと乾燥でウイルスが活発になるため保温と保湿を心がけて

かぜをひきやすい人、ひきにくい人がいるのは免疫力の違い。免疫力を高める生活習慣とは?

かぜ、インフルエンザの違いは感染力と症状

 かぜ、そしてインフルエンザの流行シーズンがやってきました。何かと忙しいこの季節、できればどっちもかからずすませたいですね。

 かぜとインフルエンザが違うことはみなさんご存じと思いますが、ここでちょっと確認。どちらも「かぜ症候群」の仲間ですが、次のようにかなり違いがあります。

<か ぜ>
●原因:ウイルス、細菌など
●症状:くしゃみ、鼻汁、せき、のどの痛みなどが中心で、発熱、頭痛はあってもそれほどひどくならない
●感染経路:感染者の鼻水や唾液のついた物を触れた手などを介してうつる。くしゃみやせきを浴びることでうつる「飛沫(ひまつ)感染」も
●感染力:強くない

<インフルエンザ>
●原因:インフルエンザウイルス
●症状:のどの痛みやせきなどふつうのかぜと同じような症状とともに、38度以上の高熱、頭痛、関節痛、だるさなどの全身症状が急激に強く出る。抵抗力の弱い高齢者や小さな子どもでは気管支炎や肺炎、脳炎などを併発して重症化することも
●感染経路:「飛沫感染」が中心。感染者のせきやくしゃみで飛んだウイルスが空気中にただよい、それを吸い込むことでうつる
●感染力:強い

寒さと乾燥を防ぎ、鼻・のどの粘膜を守る

 このようにかぜとインフルエンザは原因、症状、感染経路などに違いがあるため、予防や対策も異なります。かぜの予防はていねいなうがいや石けんによる手洗いが効果的ですが、インフルエンザウイルスは感染力が強いため、予防接種以外の方法で感染を防ぐことは難しいとされています。予防接種をしたから絶対インフルエンザにかからないわけではありませんが、かかっても軽くすみますし、自分が感染源にならないためにも、受けておくのがよいでしょう。ワクチンが効きはじめるまでに2~3週間ほどかかるため、早めにすませたいものです。インフルエンザの流行中は、できれば込み合った電車や人込みを避けるのが賢明です。

 健康な人の場合、かぜをひいても温かくして安静と栄養を心がければ、医療機関を受診しなくても1週間ほどで治るでしょう。しかし症状がつらいときは、薬を飲んで症状を抑えたほうが体力を消耗しなくてすみます。インフルエンザにかかってしまった場合は早めに医師の診断を受け、抗インフルエンザ薬を処方してもらい、保温と安静、水分補給を心がけ、ほかの人にうつさないように配慮しましょう。

 かぜとインフルエンザが主に冬に流行するのはなぜでしょう? 冬の寒さと乾燥はウイルスを活発にさせるだけでなく、鼻やのどの粘膜の抵抗力を弱め、ウイルスに侵入されやすく、感染しやすくなるのです。部屋を暖かくして、加湿器などで湿度を保つことが大切です。うがいは、のどの粘膜をうるおし清潔にすることによって、抵抗力を保つ効果があります。また、室内のウイルスの濃度を高めないため、こまめに換気しましょう。

 マスクは、かぜ、インフルエンザともウイルスを通してしまうため、予防効果は期待できませんが、感染者がウイルスを含んだ鼻水やつばを飛ばさずにすみます。また、乾燥や冷気からのどや鼻の粘膜を守るのにも役立ちます。人にうつさないためにマスクをするのは大切なエチケットと言えます。

免疫力を高めてウイルスに負けない体を

 頻繁にかぜをひく人と、めったにひかない人がいます。また、同じ場所に同時にいたのに、インフルエンザにかかる人とかからない人、症状が重くなる人と軽くすむ人がいますが、両者を分けるのが免疫力の違い。ウイルスなどが侵入したとき、体の中ではこれを退治しようとする免疫機能が働きます。インフルエンザにかからない人というのは、免疫力が強い人なのです。

 免疫力を高めるためには、規則正しい生活をして、休養・睡眠を十分とること、バランスのよい食事、適度な運動などが大切です。また、喫煙やストレスは免疫力を低下させるため、禁煙し、ストレスをためないこと。寒い季節を元気で乗り切るために、普段から次のようなことに気をつけましょう。

体を冷やさない
 体温が下がると免疫細胞の活動が低下する。とくに首や手足は冷えやすいので、外出するときはマフラーや手袋を。厚着をすると、暖房のきいた電車の中などで汗をかいてかぜの原因に。必要以上の厚着はせず、汗をかいたらすぐに着替える。

十分な睡眠を
 過労や睡眠不足は体力を低下させ、免疫力を弱める。疲れをためないよう十分に睡眠・休養をとって、規則正しい生活を。

栄養バランスのよい食生活を
 バランスのよい食事で体力をつけ、体の免疫力を高めるビタミンC・E・B群や、粘膜を丈夫にするビタミンAなどをしっかりとりたい。緑黄色野菜や果物、青背の魚やレバーなどを積極的に。体を温めるしょうがや、疲れに効くたまねぎ、にんにくなども利用しよう。

【監修】
谷本普一先生


谷本内科クリニック院長
虎の門病院呼吸器科部長、東京慈恵会医科大学内科教授を経て、1993年谷本内科クリニックを開設、現在に至る。日本呼吸器学会、日本感染症学会、日本化学療法学会、日本結核病学会などに所属。呼吸器専門機関として、全国各地から呼吸器病に悩む人々が集まってきている。生活信条は「病める人に最良の医療を行いたい」。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

なぜ【インフルエンザ】には何度もかかるの?

はしかや水ぼうそうに二度かからないのはリンパ球の記憶のおかげ 子どもの頃にはしかや水ぼうそうにかかった人は、通常大人になってからかかることはありません。一方で、インフルエンザは、同じシーズンに何度もかかることもあります。その違いはどこ... 続きを読む

美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?

ボイストレーナーとして、ビジネスマンや企業研修の場で、発声や話し方の指導を行う秋竹朋子さん。一児の母でもあり、子ども向けのリトミック教室も開くなど、エネルギッシュに活躍する秋竹さんのパワーの源は? 毎朝の深呼吸が免疫力アップのヒケツ ... 続きを読む

かぜをひきにくい人の習慣-免疫力を上げて生活習慣で予防する

かぜの予防法は、ウイルスに感染しても発症しないだけの免疫力を保つ発症予防と、ウイルス感染そのものを予防する感染予防の2つに分けられます。
かぜを一度ひくと、その原因となったウイルスに対して免疫ができ、同じウイルスには感染しにくくなりま... 続きを読む

感染予防に効果的なはしかの予防接種

麻疹(はしか)はどんな病気
麻疹(はしか)ウィルスによる感染症で、非常に感染力が強い病気です。よく聞く病名なので、子どもには一般的な病気と思われがちですが、乳幼児は重症化しやすく、まれに脳炎を併発して身体の麻痺や知能障害が残ったり、最悪... 続きを読む

2016‐2017年に流行するインフルエンザの特徴・症状・予防対策

今年もインフルエンザの季節がやってきました。 2016~2017年にかけて流行するインフルエンザの特徴と予防対策について、まとめました。 12月末から患者数が急増する見込み 年末に向けて、日に日に寒くなってくるこの時期に気をつけたいの... 続きを読む

笑うことが健康に良い理由-がんやウイルス、リウマチにも効果的

最近よく笑っていますか?
心から笑うと、いやなことを忘れて楽しい気分になったり、ストレスが発散できて、いかにも体によさそうです。英語では“Laughter Is The Best Medicine”ということわざがあります。「笑いは百薬の... 続きを読む

実は「うがい」は不要だった?【インフルエンザの予防法】最新情報

2011-2012年の冬シーズンから、国の公的機関におけるインフルエンザ予防法の中にあった「うがいの励行」が消えました。最近アップされた首相官邸のホームページにある「(季節性)インフルエンザ対策」にも、マスクや手洗いの励行はあっても、「... 続きを読む

泣くとスッキリするのはなぜ? ストレス解消や免疫力UPに

ここ数年、泣ける映画やドラマ、本の人気が続いています。火つけ役ともいえる『世界の中心で、愛をさけぶ』は本、映画、ドラマともに大ヒット。2004年の流行語大賞で「セカチュー」がトップ10に入賞するなど、「セカチュー現象」を巻き起こしたことを... 続きを読む

電車で簡単にダイエットできます

電車
毎日通勤や通学に電車と使っている方は多いと思います。退屈なそんな電車のなかでも、立っているだけで、簡単にダイエットすることが出来るんです。
やり方は、電車の中で、席に座らず、立っている、ただそれだけです。電車で立っているだけで。... 続きを読む

インフルエンザと風邪の症状の違い|うがい・手洗い・マスク選びのコツ

具合が悪い時、「風邪かなと思っていたらインフルエンザだった」という経験ありませんか?
風邪とインフルエンザの違いと、インフルエンザから身を守る方法をご紹介します。 急に高熱がでるインフルエンザ 風邪とインフルエンザの違いは、いくつかあ... 続きを読む