お尻から血が出た! 原因は痔でなく大腸がんの可能性もある?

よくある原因は痔。大腸がんの心配がないかも見極めて

痔には大きく3タイプ。若い女性に多いのは「切れ痔」。便に血が混じる大腸がんは早期発見で治りやすい

原因で最も多い痔には3つのタイプ

 トイレで排便のときに真っ赤な出血があったら、たいていの人はドキリとすることでしょう。排便時の出血で多いのは痔(じ)ですが、それ以外にも大腸がんという重大な病気が隠れていることもあるので、ひとまず専門医に診てもらうことが必要です。

 痔は日本人にはとてもポピュラーな病気で、3人に1人は“痔主”であるといわれています。いぼ痔(痔核)、あな痔(痔ろう)、切れ痔(裂肛)の3つのタイプがあり、いぼ痔は男女だいたい半々、あな痔は男性、切れ痔は女性にそれぞれ多いという特徴がみられます。

大量出血もある「いぼ痔」
 いぼ痔は、便秘などによって肛門(こうもん)周囲の静脈のうっ血を引きおこし、肛門を閉じる働きをするクッション部分がふくらんでこぶのようになった状態です。このうち歯状線(直腸と肛門の境目)より内側(直腸内)にできたいぼ痔を内痔核、歯状線の外側にできたものを外痔核といいます。
 内痔核が小さいうちは自覚症状はありませんが、大きくなると排便時にこすれて出血します。出血は少量の場合と、便器が真っ赤になるほど大量に出ることがあり、人を驚かせます。内痔核がさらに大きくなると肛門の外に出てくるようになります。初めは自然に戻ることもありますが、やがて指で押し込まないと戻らなくなり、進行すると押し込んでも戻りません。これを治療するには手術が必要です。外痔核の中で、出血は少ないものの腫れて痛むものを血栓性外痔核といいます。

膿の通り道が残る「あな痔」
 あな痔は、歯状線にある小さなくぼみに便が入り、便の中の細菌に感染して化膿します。下痢が主な原因と考えられています。
 肛門のまわりが赤く腫れ、激しい痛みをもたらし高熱を出すこともあります。腫れの中の膿(うみ)を切開して出してしまえば痛みは和らぎますが、約半数には膿の通り道(ろう管)が残ってしまい、化膿を繰り返すあな痔になるのです。激しい痛みは鈍痛に変わりますが、ろう管の出口からは膿の混じった分泌液が出て下着を汚します。根治には手術が必要です。

若い女性に多い「切れ痔」
 切れ痔は、肛門の皮膚が切れたり裂けたりした状態です。便秘で硬くなった便や激しい下痢が肛門を傷つけるためにおこり、若い女性に多くみられます。
 排便時に強い痛みがあり、排便後も痛みが残る場合も多く、出血はトイレットペーパーに少し血がつく程度から、ポタポタたれるなどさまざまです。切れ痔が慢性化すると、肛門括約筋が緊張して肛門が狭まる肛門狭窄(きょうさく)になりかねません。治療には手術が必要になることがあります。

 痔は治療の開始が早いほど、簡単な処置で治すことができます。肛門狭窄のない切れ痔や肛門の内側にとどまっているいぼ痔の治療なら、鎮痛、止血などの作用のある座薬や軟こう、クリームなどと、便を軟らかくする薬、消炎薬、抗菌薬などが処方されます。
 こうした治療と並行して便秘・下痢の改善、排便習慣やうっ血の原因となる姿勢の見直しなど、痔を悪化させるような生活習慣の改善指導も行われます。重症になった場合は前述したように手術の対象になりますが、一般的には3~7日の入院が必要になります。

大腸がんでも血便がみられる

 排便時の出血で注意しなければならないのは、大腸がんの症状ではないかどうかの確認です。この50年で大腸がんの死亡者数は10倍以上になり、平成18年の厚生労働省の統計では、女性のがんでは死因の第1位となっています。
 大腸がんは進行すると便に血が混じることがあります。私たち自身が血便に気づくのは簡単ではありませんが、地域や職場で行われる定期健診では、検便によって血液の成分が混じっていないかどうかをみる「便潜血検査」が行われます。大腸がんの早期発見に、その有効性が認められています。

 便潜血検査よりさらに精度の高い検査は、「内視鏡検査」や「注腸造影検査」です。これらは一般的には、便潜血検査で大腸がんが疑われる結果が出たときに、さらに詳しく調べるための検査として行われます。

 肛門から内視鏡を挿入して大腸の内部を直接調べ、ポリープや小さながんが見つかればその場で切除することもできます。注腸造影検査は、大腸内にバリウムと空気を注入し、エックス線装置で大腸の全体像を撮影して怪しい影を探します。早期であれば、現在はほぼ100%治るのが大腸がんですから、もしも血便に気づいたら素人判断で軽く考えず、医師に相談してください。

大腸粘膜の炎症でも

 このほか排便時の出血を伴う病気としては、「大腸憩室炎」や「虚血性大腸炎」があります。

 大腸憩室とは、大腸粘膜の一部が袋状に腸壁の外に飛び出したもので、そこに便がたまって炎症がおきたのが大腸憩室炎です。血便とともに、発熱、腹痛などを伴います。大腸憩室炎が見つかった場合は、入院して絶食し、抗生剤の投与が行われます。

 虚血性大腸炎は、大腸への血液循環が悪くなり、大腸粘膜への酸素や栄養補給が滞ることから炎症やかいようができる病気です。もともと動脈硬化のある人に便秘などが加わっておこるとされ、中高年女性に多いのですが、ひどい便秘の若い女性にもみられることがあります。突然の激しい腹痛や下痢とともに、真っ赤な出血がみられます。

(「ヘルス&ライフ」法研より)

【監修】
山口 トキコ先生


マリーゴールドクリニック院長
東京女子医科大学大学院卒業。同大一般外科、社会保険中央総合病院大腸肛門病センターを経て、2000年に開業、現在に至る。医学博士、日本大腸肛門病学会専門医。著書に『出すときこまる 出なくてこまる 女性専門医から痔と便秘に悩むあなたへ』(法研)、『便秘を治す45の方法』(講談社)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

便秘がちな女性は痔になりやすい? 予防と治療に一番良いこと

痔(じ)は「お尻のかぜ」と言われるくらい誰でも普通にかかる病気。日本人の3人に1人が「痔主」と言われています。痔の最大の原因といえば便秘ですが、女性には便秘の人が多いため、たくさんの女性が痔に悩んでいます。しかし場所が場所だけに、「もしか... 続きを読む

がん患者数No.2の“大腸がん”を徹底追及

男女ともに増えているがん"大腸がん”
日本でかかる人が増えているがんは、「大腸がん」です。食生活が欧米化し、脂肪や蛋白の摂りすぎ、食物繊維の不足などが原因と考えられています。


日本人では、1万5000〜1万7000人に1人発症... 続きを読む

今井雅之さんが会見で告白 女性の死亡数1位の大腸がんとは

俳優の今井雅之さんが末期の大腸がんであることを発表しました。予定していた舞台『THE WINDS OF GOD』は降板し、現在は抗がん剤治療を行っているとのことです。 本来、大腸がんは進行の遅いがんで、早期に見つかればほぼ治すことがで... 続きを読む

増加傾向の大腸がん-16の危険度セルフチェック 食事のコツ

かつて、欧米人に比べると、日本人には大腸がんにかかる人が少ないといわれていました。ところが近年、日本人にも大腸がんにかかる人が増えてきました。
また、患者数の増加に伴い、大腸がんで亡くなる人の数も増えてきています。厚生労働省の人口動態... 続きを読む

女性に多い大腸がん-初期症状と診断の仕方・治療のいろいろ

大腸がんはがんの中では比較的治しやすい部類に入るがん。初期の頃に発見し、手術を受けると、100%近く完治が可能です。そのため、早期発見が重要。次のような症状があったら、医師の診察を受けましょう。 血便・下血
血便と下血は、大腸がんの代... 続きを読む

便秘は大腸がんのリスクにならないって本当? 大腸と便秘の仕組み

「大腸」というと、大腸と呼ぶ一つの腸管を想像する人がいるかもしれませんが、実は、摂取した食物の流れる順にいうと盲腸、結腸、直腸という一連の消化管の総称です。このうち結腸はまた、おなかの右下部に位置する盲腸から上に伸びていく部分を上行結腸(... 続きを読む

大腸がんの基礎知識 主な検査方法とは? 大腸がんになりやすい人

大腸は肛門に近い約20cmの部分を直腸、それ以外を結腸といいます。がんの発生した部位により、結腸がんと直腸がんに分けられます。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、わが国での生涯で大腸がんにかかるリスク... 続きを読む

大腸がんを早期発見-便潜血反応検査って知ってる?

近年、大腸がん(結腸、直腸、肛門のがん)による死亡者数が急増しています。厚生労働省の統計によると、平成19年の日本人の死因の約3分の1は「がん」です。このうち男性の大腸がんの死亡者数は10年前の約1.2倍となり、初めて肝臓がんを抜いて3番... 続きを読む

絶対に美脚になるために!太ももの内側を引き締めるトレーニング

なかなか引き締まらないと悩む人が多いのが「太もも」。ジョギングなどの有酸素運動では、なかなか細くならないんですよね。そこで今回は、ももの筋肉をしっかり鍛えて、脂肪を燃やしやすい状態に整えるトレーニングをご紹介します。絶対に美脚になるため... 続きを読む

便やおならが臭い人は腸内フローラが原因? 腸美人になる食事法

腸内細菌が良好であることが健康には不可欠。 肥満や糖尿病、がんなどになりやすい体質にも腸内細菌が関連しています。便やおならが臭い人は腸内が腐敗している証拠かも。 ヒトの腸内には1000種類以上、100兆個以上の腸内細菌が 私たちの腸... 続きを読む