薬の飲みすぎが頭痛をひどくする-その痛み薬物乱用頭痛かも?

鎮痛薬を常用していると、薬物乱用頭痛になることがある

市販薬は1カ月に10回以内に抑えよう。数回服用しても治まらないときは頭痛外来へ

こんなにたくさん! 頭痛の原因

 頭痛の原因には脳腫瘍やくも膜下出血、脳出血など、命にかかわるものもあるため、自己診断は禁物です。嘔吐(おうと)や意識障害を伴ったり、痛みがだんだん強くなるなど、いつもと様子が違う場合は、ただちに脳神経外科(内科)を受診してください。

 一方、MRIなどの最新の診断機器を使った精密検査を受けても、どこも異常が見つからない、慢性的な頭痛に悩まされている人が大勢います。

 男女を問わず最も多い慢性頭痛が緊張型頭痛です。後頭部や首すじを中心に、しめつけられるような痛みがだらだらと続くタイプで、原因は首や肩、背中の血行不良。長時間の同一姿勢による作業や精神的なストレスによって首や肩の筋肉が緊張し、血液循環が悪化して疲労物質がたまり、頭痛や肩こりを誘発します。
 緊張型頭痛は、お風呂で温めたり、姿勢をよくしてこまめに動き、1時間おきぐらいに首や肩のストレッチをすることで改善されていきます。

 よく知られている片頭痛も慢性頭痛の一つ。発症は女性が男性の4倍と圧倒的に多く、こめかみから目のあたりがズキンズキンと脈打つように強く痛みます。原因は神経伝達物質セロトニンの影響で血管が収縮後急激に拡張して三叉神経を刺激し、炎症をおこすといわれます。頭痛の最中に吐き気や嘔吐、光や音に敏感になるなど、痛みとは別の症状もあらわれることが多く、一般的に1カ月に1~2回の頻度(1週間に1~2回の人もいる)で出現します。

 片頭痛は緊張型頭痛と違ってリラックスしているとき、たとえば、激務が続いたあとの休日や週末、あるいは飲酒時などにおこりやすいのが特徴です。治療にはセロトニンの受け皿(セロトニン受容体)に働きかける特効薬のトリプタン製剤が処方されます。片頭痛の原因である血管の拡張と炎症を抑える効果があり、市販の頭痛薬より副作用も少ない薬です。

鎮痛薬の飲みすぎが薬物乱用頭痛を招く

 痛みをとるための鎮痛薬が頭痛をおこすなんて、信じられないと思いませんか? しかし、鎮痛薬を常用しているうちに、説明書に書いてある必要量だけでは足りなくなってどんどん服薬量が増え、その副作用で頭痛がおこったり、かえって症状を悪化させてしまうこともあるのです。

 もともと人間の脳には痛みを調整する機能が備わっていますが、鎮痛薬を常用するうちに、その調整機能が衰えてきます。脳が痛みに対して過敏になり、普通は感じない痛みにまで反応するようになります。その結果、薬が効いている間は痛みがおさまるものの、薬の効果が切れると、またさらに強い頭痛がおこり、薬を飲み続ける状態に陥ってしまうのです。

 このようなケースを「薬物乱用頭痛」といい、そんな患者さんが増えています。とくに片頭痛の人は、痛みがおこる前に薬を飲んだほうが軽くすむため、頭痛がおこるのを恐れて薬を予防的に常用してしまいがちです。医師の診断を受けない人が多いため正確な数はわかりませんが、潜在的な患者数は非常に多いと推測されています。

 患者さんの中には「明け方や早朝に頭全体が痛むので、毎朝、鎮痛薬を飲んでしまう」とか「薬の効いている時間が短くなり、朝・昼・晩と毎日3回は鎮痛薬を飲む」という人が多いのですが、3カ月以上にわたって月に10~15日以上も鎮痛薬を飲んでいる場合は、「薬物乱用頭痛」と診断されます。

薬物乱用頭痛を治すには?

 一般的に鎮痛薬は根本的な治療薬ではなく、対症療法のための薬なので「3日程度を目安に適量を使用する」ように処方、または説明書で指示されています。5~6回程度服用しても症状が改善しない場合や、痛みが繰り返しおこる場合は、ぜひとも頭痛外来など、専門科を受診してください。

 薬物乱用頭痛の治療は、市販の鎮痛薬では効果がないため、医療機関で行います。まず原因の薬を完全にやめることがすすめられますが、痛みがひどい場合は入院したり、抗うつ薬や抗てんかん薬などの予防薬を服用しながら、徐々に鎮痛薬を減らしていくこともあります。
 原因の鎮痛薬をやめると、もともとの頭痛の症状があらわれてくるので、頭痛のタイプに合わせた適切な治療を行い、痛みがコントロールできるようになれば予防薬を減らしていきます。

 薬の乱用を防ぐには、市販薬なら単一成分のものか、成分の種類の少ないものを選び、適量を守ること。服用は1カ月に10回までに抑え、薬物依存性のあるカフェイン入りは避けましょう。
 頭痛の予防には、日ごろからストレスをためない、マグネシウムやビタミンB2を含む食品を積極的にとる、血液循環をよくする軽い運動を毎日続けることなども大切です。

(「ジャストヘルス」法研より)

【監修】
清水 俊彦先生


東京女子医科大学脳神経外科 頭痛外来講師
日本医科大学卒業。東京女子医科大学大学院修了。医学博士。脳神経外科医。日本頭痛学会幹事。著書に『頭痛外来へようこそ』(保健同人社)、『薬をやめたら頭痛が治る 頭痛治療Q&A』(ワンツ-マガジン社)など多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

あなたの頭痛は当てはまる?緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛の症状って

・頭全体または後頭部が重苦しい感じ、こめかみが締めつけられるような痛みが続く
・首や肩のこり、背中のはり、目の疲れなどに伴って起こる
・寒くて体が冷えるときなどに痛む
・入浴したり運動したりすると痛みが軽... 続きを読む

妊娠が分かる前に飲んだ薬の影響は? 飲んでも大丈夫な薬はある?

妊娠していると気付かずに、薬を服用してしまい、心配になる人も多くいます。妊娠中の薬の服用は慎重に行いたいものですが、実は多くの薬が心配のないもの。特に注意したい期間や、薬の種類をご紹介します。 妊娠4〜7週は特に注意
「絶対過敏期」 妊娠... 続きを読む

ルイボスティー

飲んだことはなくても、ルイボスティーの名前はすでにご存知ですよね。その原料は南アフリカ共和国の最南端にある高原にだけ生育する植物で、学名はアスパラサス・リネアリスといいます。マメ科の植物なので厳密にはお茶ではありませんが、先住民族の間で「... 続きを読む

頭痛の種類|「緊張型頭痛」「偏頭痛/片頭痛」の主な症状と対処・緩和法

いつもの頭痛だと思って、鎮痛薬を飲んでその場しのぎをしていませんか?
頭痛は放っておくとひどくなる可能性も。頭痛の種類別に対処法と予防法をご紹介します。 なんと頭痛は100種類以上ある病気 いわゆる「頭痛もち」を、医学用語では「慢性頭痛... 続きを読む

市販薬でも要注意!かぜ薬や解熱剤の副作用で重症化のキケン

薬局などで売られている市販薬(一般医薬品)は誰でも手軽に買えるため、「用量・用法さえ正しければ大丈夫」だと考えられています。しかし、市販薬であっても重篤な副作用の危険があることを知っていますか? 消費者庁では、4月8日に市販薬の副作用... 続きを読む

薬は緑茶で飲んでも大丈夫? やっちゃいけない薬との飲み合わせは?

薬と食品の飲み合わせには注意が必要なものがあります。特定の飲み物と一緒に飲むと、効果が弱くなったり強くなったり副作用を引き起こすものもあるので注意しましょう。 薬を液体と一緒に飲むのは粘膜の保護のため そもそも、飲み薬はなぜ、そのまま... 続きを読む

市販薬解禁!ロキソニンの現状は?

ロキソニンとは?

体内で炎症・痛みの原因となるプロスタグランジンの生成に関与する酵素シクロオキシゲナーゼを阻害することで,解熱・鎮痛・抗炎症作用を示す薬です。
ロキソニンの詳細- goo ヘルスケア

ロキソニンは。解熱鎮痛剤... 続きを読む

サプリは薬じゃないんです

サプリメントは“薬”じゃなくて“食品”。無駄にならない摂り方を!
いまや、日本でもサプリメントが大々的に認められ、いろんな種類のモノが店頭に並んでいます。もちろん“ダイエット系”と呼ばれるものもたくさんありますが... 続きを読む

漢方薬にもある副作用-薬の副作用が起きるしくみについて

副作用がゼロの薬はない、漢方薬も例外ではないことを知って。 薬本来の目的以外の好ましくない働きが副作用。副作用が起こる仕組みと、起きた場合の対処法について解説します。 漢方薬だからといって、副作用がゼロではない 病気を治したり、症状... 続きを読む

付き合った最短期間ランキング

1ヶ月〜2か月未満 1日未満 1日〜3日未満 2週間〜1ヶ月未満 5日〜1週間 ... 続きを読む