「百日ぜき」が大人に急増-子どもにうつると重症に発展する場合も

乳児が感染すると命にかかわるため、うつさないことが肝心

乳幼児にはワクチン接種が不可欠。大人は、せきが続くときは感染を疑って早めに受診を。

感染に気づかないまま学校や職場で流行させてしまう

 激しいせきがしつこく続く百日ぜきが大人に急増しています。これまでは、乳幼児を中心とした子どもの病気と考えられていましたが、最近は大学生の集団感染をはじめ、大人の感染例が急増しています。国立感染症研究所感染症情報センターの調べでは、患者数そのものの増加もさることながら、大人の占める割合が年々大きくなり、2008年上半期には全体の4割近くを占めています。

 大人の場合、百日ぜきにかかっても、せきが長引く程度で、かぜだと思って見過ごしてしまうこともあります。ところが、百日ぜき菌はせきやくしゃみの飛沫(しぶき)を介して感染(飛沫感染=ひまつかんせん)し、しかも感染力が非常に強いため、本人が感染に気づかないまま、ほかの人にうつしてしまう恐れがあるのです。

 例えば、人の大勢集まる場所では、せきやくしゃみによって菌がばらまかれると、一気に多くの人にうつってしまいます。それが、職場や学校だったら、同じ職場で働く人や学校で机を並べている人たちにも感染してしまいます。大学での集団感染はその一例です。家庭では、親から子にうつしてしまう恐れもあります。
 本人の症状は軽くても、感染に気づかないまま流行を拡大させてしまう恐れがあることが、いちばんの問題です。

大人は軽症でも、乳児は肺炎や脳症を起こすことも

 百日ぜきは、「コンコン」という短いせきが続いたあと、「ヒュー」という笛のような音をたてて息を吸い込む発作を起こすのが特徴です。百日ぜき菌に感染すると、1~2週間の潜伏期間のあと、くしゃみや涙が出るなどかぜのような症状から、次第にせきがひどくなり、前述のような発作をくり返します。昔は2~3カ月もせきがとれなかったことから、百日ぜきと呼ばれるようになりました。

 大人の場合は百日ぜきにかかっても、せきがしつこく続く程度で、それほど重症になることはないため、発症に気づかないケースも珍しくありません。ところが、子どもは激しいせきで体力を消耗しやすく、ときには命にかかわることもあります。
 1歳以下の子ども、特に生後6カ月以下の場合は、百日ぜき特有の症状がみられないまま、突然、肺炎や脳症などの合併症を起こしたり、無呼吸発作から呼吸停止に至ることもあります。こうした重症例のなかには、手足のまひなどの後遺症が残ったり、死亡する例もあります。

 赤ちゃんは、お母さんのおなかの中にいるときにさまざまな抗体をもらっているため、かぜなどにはしばらくかからないものの、百日ぜき菌に対する抗体はほとんどもらえません。つまり、百日ぜきに対しては無防備な状態なのです。もし、身近に百日ぜきの感染者がいたら、赤ちゃんにも感染してしまいます。

乳幼児は予防接種。大人はせきが1週間以上続いたら受診を

 乳幼児にとって百日ぜきの予防には、ワクチンの接種が必要です。生後3カ月になったら、なるべく早期に三種混合ワクチン(百日ぜき、ジフテリア、破傷風)の接種がすすめられます。

 三種混合ワクチンは、基本的には、第1期として生後3~90カ月(標準的には生後3~12カ月)の間に3回(3~8週おきに)、その12~18カ月後に追加接種します。さらに第2期として、11~12歳に、百日ぜき以外の二種混合ワクチンを接種します。こうしたワクチン接種によって、最近では6歳未満の百日ぜきの患者の割合は、3割程度に抑えられています。

 ただし、ワクチンの効果は、年月がたつにつれて減少します。また、昔に比べて患者が減っているため、菌に接して免疫力を高める機会がなくなっていることも加わって、大人の感染者が増えていると考えられています。

 大人は、感染しても軽症ですみますが、怖いのは気づかないまま感染源となって感染を拡大させてしまい、職場や学校などで広がり、ワクチンを接種していない乳児に感染したりすることです。もし、せきが1週間以上続く場合は放置せず、感染を疑って受診することが大切です。感染初期ならば、抗菌薬がよく効きます。大人がうつさないことが肝心なのです。

(「すこやかファミリー」法研より)

【監修】
岡野 裕二先生


おかの小児科・アレルギー科院長
1977年聖マリアンナ医科大学卒業。同大小児科助教授、東横病院小児科部長などを経て、2003年おかの小児科・アレルギー科を開院、現在に至る。研究分野は小児アレルギー疾患、小児呼吸器疾患。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会認定医・認定専門医・認定指導医。1995年11月には第28回日本小児呼吸器疾患学会会長を務める。また、川崎市のアレルギー相談、水泳教室、講演、サマーキャンプなどの活動にも従事し、1994年には川崎市制70周年功労賞を受賞。「患者さんに信頼される医師」を目標に診療を行う。

コラムに関連する病名が検索できます。

「百日ぜき」が大人に急増-子どもにうつると重症に発展する場合も 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

RSウイルスに赤ちゃんが感染すると重症化の危険-予防法とは

「RSウイルス感染症」の流行が始まっています。国立感染症研究所の調査によると、今年(2014年)は患者数(報告)が8月下旬から急増し、9月中旬には流行期に入ったとみられています。例年晩秋から春にかけて流行し、冬季にピークがみられましたが、... 続きを読む

学校の先輩への憧れの告白シチュエーションランキング

第2ボタンをもらう 夏祭りや花火大会で 帰り道に待ち伏せして 放課後に教室でふたりきりになって 校門で待ち伏せして ... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その6 予防接種は必要?

Hibワクチン、肺炎球菌ワクチン、ヒトパピローマウイルスワクチンなど、ワクチンに関するさまざまな記事が、新聞や雑誌、インターネット上で毎日のように流れ、母親たちにとっては最大の関心事の一つになっています。
自分の子どもの予防接種をどうし... 続きを読む

大学生同士の合コンでありがちなことランキング

2次会のカラオケでオールし、そのまま翌日の1限目の講義に出席する 大学生で男女共にお金に余裕がないので、お会計は基本割り勘 付き合った人数を実際より多めに言って「自分はモテ... 続きを読む

恋愛において「大人になったな」と思う瞬間ランキング

外見ではなく中身で恋人を選ぶようになった 相手に寛容になり、喧嘩が減った 頻繁に連絡し合わなくてもよくなった 些細なことでいちいちドキドキしなくなった... 続きを読む

子宮頸がんはワクチンで予防できる-ワクチンのメリットとリスク

子宮頸がんの原因となるウイルスへの感染を防ぐことによって、子宮頸がんを予防するワクチンがHPVワクチンです。HPVワクチンについて、自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科教授の今野良先生に伺いました。 ワクチンと検診で子宮頸がん... 続きを読む

大人がうつると大変なヘルパンギーナに要注意

高熱とのど奥の水疱が主症状
ヘルパンギーナは、毎年夏から秋にかけて小児の間で流行しやすい夏風邪の一種です。コクサッキーウイルスが主な感染源ですが、原因となるウイルスは他にもあり、何度もかかる可能性があります。


毎年7月ごろをピ... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その7 ワクチン接種計画

前回に引き続き「イクメンのための予防接種の基礎知識」をお届けします。今回は、個別のワクチンについての知識です。前回は、(1)なぜ予防接種をしなくてはいけないのか、(2)予防接種には定期と任意がある、(3)順番を考えて受ける、などについて解... 続きを読む

大人もかかるマイコプラズマ肺炎の怖さ

マイコプラズマ肺炎とは
マイコプラズマ肺炎はマイコプラズマという病原体によって引き起こされます。感染経路はマイコプラズマの感染者からの飛沫感染や濃厚接触による接触感染の2種類があります。


流行性で、若年者に多い。
マイコプラ... 続きを読む

子どもが高校・大学に進学したときの保険の見直しポイント

自分の今後の収入や年金の見通しを立てましょう
保険の見直しの前に、自分の今後の収入の見通しや年金額を把握して見ましょう。会社員の方なら、子供が高校や大学に進学する頃には、自分の出世の階段の行方はだいたい先が見えているのではないでしょうか... 続きを読む