若い人がかかりやすいマイコプラズマ肺炎

家庭や学校で流行、重症化することは少ないが早期発見が大切

普通の肺炎とは違う「非定型肺炎」。一般的な抗菌薬が効かず、たんのない激しいせきが長く続き高熱も。

比較的症状が軽く、子どもや若者がかかりやすい

 肺炎というと、お年寄りがかかると命取りにもなりかねない病気ですが、マイコプラズマ肺炎は10~30代の若い人たちがかかることが多く、しかもわりと軽症なために普通のかぜと見分けがつきにくく、診断が遅れることがあります。一般的によく処方される抗菌薬では効かず、まれに、心筋炎や髄膜炎などを併発することもありますので、油断はしないほうがいいでしょう。

 マイコプラズマ肺炎の症状は多くの場合、せき、発熱、頭痛、倦怠(けんたい)感などがおこります。たんの出ない乾いたせきが激しく、しかも長く続くため、胸や背中の筋肉が痛くなることも珍しくありません。38度以上の高熱も伴いますが重症化することはあまりなく、“普通とは違う肺炎”という意味で「非定型肺炎」とも呼ばれます。

一般的に用いられる抗菌薬では効かない

 マイコプラズマ肺炎の原因になる「マイコプラズマ」とは、ウイルスと細菌の中間ほどの大きさの微生物です。生物学的には細菌に分類されますが、ほかの細菌と異なるところは、細胞壁がない点です。

 一般的な細菌感染に対してよく処方されるペニシリン系やセフェム系の抗菌薬は細菌の細胞壁に作用するものですから、細胞壁をもたないマイコプラズマ肺炎には効きません。マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系の抗菌薬がよく効き、ほとんどの場合、外来の内服治療で治ります。
 ただし、高熱で脱水症状があるとか、激しいせきで眠れなかったり、食欲が大きく妨げられているような場合は入院が必要になるでしょう。

 マイコプラズマ肺炎は、せきで飛び散った飛沫を吸い込んで学校や家庭内に感染が広がりますが、インフルエンザのような広い地域での流行ではなく、狭い地域・集団での流行が散発的に発生するのが一つの特徴です。以前はオリンピックが開かれる年にオリンピック同様4年ごとの周期で流行がみられたので、「オリンピック病」とか「オリンピック肺炎」などと呼ばれた時期がありました。しかし1990年代に入るとこの傾向は崩れ、今ではほぼ1年中みられ、とくに秋から早春にかけて流行のピークがみられます。

専門医での早期診断・早期治療が決め手

 幼稚園、保育所、学校などで流行することが多いので、流行している時期に子どもにせきや発熱などの症状がみられたら、早めに呼吸器科や小児科に受診することが賢明です。

 マイコプラズマ肺炎には次のような特徴があり、これらの所見から医師はマイコプラズマ肺炎を疑います。
(1)年齢が60歳未満
(2)基礎疾患がないか、あっても軽い
(3)頑固なせきがある
(4)聴診で雑音が少ない
(5)たんの出ない乾いたせき
(6)白血球数が正常

 血清のマイコプラズマ抗体価を検査することによって確定診断がなされますが、1~2週間かかりますので、この結果を待っていては治療が間に合いません。医師が上記のような特徴的所見からマイコプラズマ肺炎を疑い、早期診断・早期治療を行うことが重症化を防ぐ決め手となります。

 子どもが学校などからマイコプラズマを持ち帰ると、1~3週間の潜伏期間を経て、家族に感染することがよくあります。予防接種はなく、決定的な予防法はありません。家庭ではマスクやうがい、手洗い、患者の使うタオルやコップを使わないなど、普通のかぜと同じような予防法を心がけるのがよいでしょう。

(「クリニックQ&A」法研より)

【監修】
中田 紘一郎先生


中田クリニック院長・順天堂大学医学部客員教授
1968年順天堂大学医学部卒業。1988年虎の門病院呼吸器科部長、2002年順天堂大学医学部客員教授併任、2003年東邦大学医学部呼吸器内科教授。2005年中田クリニック開院。資格・所属学会は、日本呼吸器学会指導医・専門医、日本内科学会認定内科医、日本感染症学会専門医・指導医・ICD・評議員、日本化学療法学会抗菌臨床試験指導者・評議員、日本アレルギー学会会員ほか多数。厚生労働省研究班「びまん性肺疾患調査研究班」、「特発性間質性肺炎の画期的治療法に関する臨床研究班」ほかのメンバーを務めた。

コラムに関連する病名が検索できます。

若い人がかかりやすいマイコプラズマ肺炎 関連コラム