思春期以降に多い果物アレルギー 花粉症の人はなりやすい?

花粉症の人がかかりやすい「口腔アレルギー症候群」

特定の果物や野菜が口の粘膜に触れて短時間で発症。共通の原因物質がある花粉症の人におきやすい。

果物を食べると口の中がかゆくなる

 甘くておいしい果物ですが、食べてしばらくすると、くちびるが腫(は)れたり、口の中がかゆくなったり、のどの違和感を訴える人たちがいます。これは食べた果物に対するアレルギー反応と考えられますが、花粉症に関連した果物や野菜への過敏反応を「口腔アレルギー症候群(OAS)」と呼んでいます。

 口腔アレルギー症候群は、果物や野菜を口にしたあと、15~30分ほどで症状があらわれます。初めはくちびるのかゆみや腫れ、口周囲のじんましんや口の中の違和感などを訴えますが、腹痛、嘔吐(おうと)、下痢などの消化器症状や、せき、鼻汁、たんのからみなどの症状が出ることもあります。重症になると、全身のじんましんやぜんそく発作がおこったり、のどが塞がって呼吸困難になるなど、生命にかかわることもありえるので注意が必要です。

原因物質が共通、花粉症の人に多い

 乳幼児期に多い牛乳、鶏卵、小麦などの食物アレルギーは、食物を食べて腸管を通過した成分に感作(アレルギーをおこす物質に対して抗体がつくられ、それが記憶されること)されて発症することが多いのですが、この経口感作された通常の食物アレルギーはタイプIと呼ばれ、多くは腸管の消化・吸収能力、あるいは免疫機能の発達に伴って治っていきます。

 しかし口腔アレルギー症候群では、食べた食物で感作がおきたのではなく、先に鼻腔や皮膚で花粉症やラテックス(ゴム)などの感作がおこり、これらが食物と共通の成分をもっているために、食べると過敏反応が出現するのです。この経鼻感作や経皮感作による食物アレルギーはタイプIIと呼ばれ、思春期以降に多く認められます。この花粉やラテックスと食物の“危険な関係”の主だったものを表に示します。


確実な予防法は、自分にとって危ないものを食べないこと

 口腔アレルギー症候群は1990年代ころから報告が増えはじめ、近年増加しています。まだ未解明のことも多く、効果的な予防・治療はまだ確立していません。現状では、原因が明らかな果物や野菜は控えること、もしも食べる場合は加熱調理すること、また口にして違和感を感じたときはすぐに出してうがいをし、その食物は食べないように心がけましょう。

 とくに花粉症の人では注意が必要で、異常があった果物や野菜の仲間は頭に入れておくことが望まれます。例えばリンゴを食べて反応があった人は、同じバラ科のモモやナシ、サクランボなどでも反応を認めることがあります。これらの果物はデザートやサラダ、生菓子、生ジュースなどによく用いられますから、外食時には注意してください。

 このように日頃から用心してアレルギー症状が出ないように努めているうちに体質が改善され、症状が軽減されることもあるといわれています。

 口腔アレルギー症候群を疑うエピソードがあり、詳しく調べたいという方は、アレルギー科を標榜する内科や耳鼻咽喉科で、血液検査や皮膚テストを受けることができます。治療法としては、抗アレルギー薬やステロイド薬などによる対症療法が行われますが、減感作療法などの免疫療法が有効なこともあります。

【監修】
千葉 友幸先生


千葉クリニック院長
昭和52年東京医科大学卒業後、同大学小児科学教室に入局。亀田総合病院(鴨川市)、厚生中央病院(目黒区)、八王子医療センターなどで研修後、東京医科大学病院で一般外来およびアレルギー専門外来を担当。気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物過敏症、化学物質過敏症などの診療・研究に従事する傍ら、患者会の支援やアレルギー用代替食品の開発にも力を注いだ。平成8年東京都江戸川区に千葉クリニックを開設。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。食物アレルギー懇話会幹事などを務める。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

午前中果物だけ食べる簡単ダイエット

午前中果物だけ
午前中果物だけのダイエット方法は、午前中は生の果物を、好きなだけ食べます。
お好きな果物の名前をメモして、買い物に行って果物を購入してください。
このダイエット方法では、果物を朝の主食として考えていくことが重要です。... 続きを読む

果物や見えない金属に要注意!アレルギーを引き起こす意外な物

アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)といえば、これまでホコリ、ダニ、杉花粉などが知られていました。しかし、最近では思いがけない物質からもアレルギー症状がおこることがわかってきています。そのひとつがフルーツ。
バナナ、アボカド、キウ... 続きを読む

ライム、リンゴ、イチゴ…かわいくても油断できない“果物”の名前がつく病気

カナダ出身の人気歌手アヴリル・ラヴィーンが、「ライム病」という病気で5ヶ月も寝たきり状態となり、インタビューで「死ぬかと思った」と告白したニュースに驚いた方は多いと思います。 この「ライム病」、ダニによって感染する細菌感染症で、今回の... 続きを読む

食物アレルギーは負荷試験で正確な診断ができる-治療も可能?

アレルギー疾患のうち、アトピー性皮膚炎や喘息の患者さんの数の増加傾向は頭打ちになりつつありますが、食物アレルギーの患者さんは先進国を中心に増えています。
人の体には、細菌やウイルスのような異物を排除して体を守ろうとする免疫というシステ... 続きを読む

違和感ダイエット

いつも三日坊主
きれいにやせたい!
そんな思いは誰もが抱くもの。しかし、やってみると結構たいへんで、いつも三日坊主。何度チャレンジしても2kg体重減少が限界という人、1週間で5kgやせても次の週には食欲が旺盛になっ... 続きを読む

唇の筋肉「口輪筋」を鍛えると小顔と美肌が同時に叶う!

「くちびるエクササイズ」は、もともと鼻呼吸を意識できるようにすることや、歯周病予防のために宝田先生が編み出した表情筋を鍛える体操。くちびるを取り囲む筋肉である口輪筋(こうりんきん)にうまく負荷をかけると、つながっている他の表情筋も連動して... 続きを読む

「小麦ブラン」で便秘解消!食欲の秋をもっとおいしく!

食欲の秋が到来!
おいしいものをいっぱい食べられてうれしい反面、秋は便秘に悩む女性が多い季節でもあるのです。そんな便秘の解消には、「小麦ブラン」を摂るのが効果的って知っていますか? 食べ物を美味しく味わうには便秘を解消 「ブランでス... 続きを読む

春のストレスや不安感やイライラをアロマで解消-オイルの使い方

はるか昔から世界のさまざまな地域で、その土地でとれる植物の力や人の手などを利用した自然療法が、家庭でも一般的に行われていました。今日のように西洋医学が普及していなかった時代には、身近に手に入れやすい材料を利用して体の不調を治すことが、あた... 続きを読む

やせるテクニック:仲間をつくる

ダイエット仲間どうし、楽しいときもちょっぴりつらいときもお互いに支え合って
今まで何度もダイエットに挑戦してきたけれど、一人だとどうも挫折してしまう。そんな人はダイエット仲間を見つけるに限ります!
同じ目... 続きを読む

マイコプラズマ肺炎とは? 風邪と見分け難い、症状や治療法など

肺炎というと、お年寄りがかかると命取りにもなりかねない病気ですが、マイコプラズマ肺炎は10~30代の若い人たちがかかることが多く、しかもわりと軽症なために普通のかぜと見分けがつきにくく、診断が遅れることがあります。一般的によく処方される抗... 続きを読む