下痢や便秘をくり返す過敏性腸症候群-原因はストレス、対策法は?

男性は下痢型、女性は便秘型が多い

検査では腸に異常がないのに長期間続く便通異常、日本人の5人に1人にみられるストレス病

通勤途中で下車してトイレに駆け込む

 通勤途中で急な便意をもよおし、途中下車してトイレに駆け込む。外出先で腹痛に見舞われ、下痢をした。病院で検査を受けて腸に異常は見つからなかったものの、また起こるかもしれないと不安に駆られる――。
 こんな症状をくり返すのが、「過敏性腸症候群」です。決して特殊な病気ではなく、これに悩まされている人は少なくないようです。

 過敏性腸症候群は、英語ではIBSと省略されます。これはIrritable (刺激に対して過敏性の) Bowel(腸) Syndrome(症候群)の頭文字を取ったもの。日本語では文字どおりに訳され、機能性消化管障害の一つとされています。機能性の障害とは、医学的な検査では細胞レベルの異常は見つからないにもかかわらず、胃腸など消化器管の症状が長い間続くものです。
 日本人では思春期から50歳代に多くみられ、人口の20%の患者さんがいるといわれるほどポピュラーな病気です。

自律神経の乱れから腸がけいれん

 過敏性腸症候群の具体的な症状としては、腹痛、おなかの不快感、吐き気、ガスが多く出る、などとともに、下痢や便秘をくり返します。ただし、腹痛や便通異常を起こす病気はさまざまで、なかには大腸がんなどのように早期発見が必要な病気もありますので、上記のような症状があったら、まずは医療機関を受診してください。

 過敏性腸症候群は、症状によって次の3つのタイプに大きくわけられます。
●下痢型 激しい腹痛があり、下痢便や軟便が1日に何回も出ます。起床直後、朝食の後など自宅にいるときばかりでなく、通勤電車に乗っているとき、外出先などでも便意が起こるために、いつも公共トイレの場所が気になってしまいます。男性に多いとされます。
●便秘型 腹痛があり、トイレでの排便量は少なく、それもウサギのふんのようなコロコロした小さな便が便器に浮かびます。女性に多いタイプといわれます。
●下痢便秘交代型 下痢と便秘を数日ずつ交互にくり返すタイプで、全体ではこのタイプが最も多いといわれます。

 いずれのタイプも、排便すると症状が改善すること、ストレスを感じると症状が悪化することが特徴的です。

 腸の運動は自律神経によってコントロールされています。口から入った食物は、胃を経て小腸、大腸と通過しながら消化・吸収されます。そうして後に残ったものが、腸の運動によって直腸に運ばれると便意が起こるのですが、この間に自律神経のバランスが乱れることがあると、腸にけいれんが起きて排便のリズムが崩れ、腹痛や下痢、便秘といった過敏性腸症候群の症状がもたらされるのです。

 自律神経のバランスを乱す主な原因は、緊張、不安といった精神的なストレスです。これがもとで過敏性腸症候群に一度見舞われると、「また起こるかもしれない」という不安な気持ちが生じ、それがまた同様の症状をもたらすという悪循環に陥って、長い期間くり返し悩まされることになります。こんなことから、代表的なストレス病といわれています。

ストレスに弱いタイプがなりやすい

 過敏性腸症候群になりやすい人には、いくつかの性格的なタイプがみられます。まじめ、きちょうめん、完ぺき主義、内向的などという、いわゆるストレスに弱いタイプの人たちです。

 日々のストレスをなくすことはできませんから、ストレスがかかったときに自分をどのようにコントロールすれば、ストレスの感じ方を弱めることができるかを考え、実行することが重要です。
 例えば、好きな趣味に興じる時間をもつ、毎日ウオーキングのような軽い運動で汗をかき気分をすっきりさせる、などがストレスの発散法としてすすめられます。生活のリズムを規則正しくすることもよいことです。夜更かしをせず、睡眠を十分にとり、便意がなくても毎朝決まった時間にトイレに行く習慣をつけましょう。

 食事をとる時間帯は3食ともできるだけ一定にし、便秘解消のために野菜や海藻類など食物繊維の多い食品を積極的にとりましょう。一方、アルコール、カフェイン、香辛料、冷たいものなど腸への強い刺激になるものはなるべく控えることも大切です。

 治療では、こうした生活改善の指導に加えて腸の働きを改善する薬が使われます。ここまでの段階で多くの場合は治りますが、それでも効果がみられずストレスの影響が強いと考えられるときは、心理療法が併用され、抗うつ薬や精神安定薬も使われます。

 最近、男性の下痢型IBSに新しい薬剤が使用できるようになりました。ストレスなどによって遊離が促進されたセロトニン(神経伝達物質の1つ)を選択的に阻害するもので、IBS治療の新たな選択肢として期待されています。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
齋藤 秀樹先生


公立学校共済組合 東北中央病院 消化器内科部長
宮城県塩竈市生まれ。1984年山形大学大学院医学研究科修了。同大学第2内科に入局し、86年山形大学医学部(第2内科学教室)文部教官助手、91年同大学講師を経て、92年より東北中央病院勤務、現在に至る。専門は消化器疾患の臨床。日本内科学会認定内科医・認定総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医。日本抗加齢医学専門医。趣味はボケ防止の折り紙。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

急な便意も怖くない!「うんち10分前」を知らせるスマートデバイス

外出先や通勤中、突然やってくる激しい腹痛。「一刻も早くトイレに行きたい!」という状況を我慢するのは本当につらいもの。間に合わずに「あ~あ」となってしまうこともありますよね?
そんなことにならないよう、排便タイミングを事前にお知らせしてく... 続きを読む

トイレは黄

インドの教え「チャクラ」
トイレのアメニティ類は便秘を解消する力があるといわれている黄系でそろえましょう。なぜ黄色がいいのか、それはインドで生まれた「チャクラ」という考え方が基... 続きを読む

完璧主義は疲れる-働き者の女性が陥るスーパーウーマン症候群

仕事をもっている女性は多忙です。とりわけ家庭を持って、家事などを担当している人は、帰宅してからも、ホッとひと息というわけにはいきません。
あわただしく家に帰ると、食事の仕度が待っている。そして休日も掃除や洗濯などに追われ、のんびりくつ... 続きを読む

ストレスによる腹痛や下痢は過敏性腸症候群かも? 対処法と改善法

重要なミーティングの前など、ストレスを感じると、いつもお腹が痛くなり、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む……。「お腹が弱い体質だから」と思いがちですが、それは「過敏性腸症候群」という病気かもしれません。 ストレスにより下痢や便秘になる ... 続きを読む

意外と見られてる!?身に付けたいトイレ後のエチケット

職場や出先のトイレを見れば、そこのマナーのレベルがわかる!と言われるほどトイレはその場所の「顔」といわれています。接客マナー講師の筆者も、研修に伺う際、トイレは念入りにチェックします。また、友人宅や彼の家へお邪魔する時など、使用した人が... 続きを読む

こんな症状があったら5月病かも? ストレスと上手く付き合う6か条

4月は進学、就職、配置転換などで環境が大きく変わる季節。新しい環境にうまく適応できず、あるいは適応しようと頑張りすぎて、5月の連休を過ぎたあたりからうつ的な状態になることを5月病といっています。5月病とは正式な病名ではなく俗称。もともとは... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

冬の運動不足解消に温水プールがおすすめ-冬太りを予防しよう

通学も通勤も買い物も、電車やバス、車、自転車など何かの乗り物を利用していることが多いはずです。どんどん便利になっていく今の時代は、いくらでも楽ができてしまい、運動不足を自覚している人も少なくありません。
きっと多くの方が、「運動しなけれ... 続きを読む

若い人に増加する軽症うつ-うつを疑う症状とストレス発散方法

20~30歳代で、心の健康が不調に陥っている可能性が高い人は、ほぼ6人に1人――。この数字をあなたはどう感じるでしょうか。6人に1人といえば、あなたの職場の同僚や友人の中に1人くらいはいるほどの割合、といってもよいでしょう。体力も気力も元... 続きを読む

年末年始でダイエットのリズムが緩む1月。ダイエット一時休止してもいいですか?

ココロIQを高める!~今回の解説~ Q. 年末年始でダイエットのリズムが緩む1月。ダイエット一時休止してもいいですか? A. NO.……お正月についた脂肪はすぐ落とせる!
今すぐ気持ちを切り替えて ... 続きを読む