子どものアレルギーは予防できるのか-早めにできるケアって何?

症状が姿を変えて次々に。早めのトータルケアが大事

体質と生活様式や環境の変化などがからみ合い発症。薬に加え、アレルゲン除去、食事療法などで発症抑制も

子どものアレルギー患者が目立つ。食事、住まい……生活様式の変化も一因

 アレルギー性の病気に悩む子どもの姿が目立ちます。実際、文部科学省の統計をみても、たとえばぜん息患者の割合は、幼稚園児から高校生までの各年代で10年前の2倍前後に増えています(「平成20年度学校保健統計調査」より)。とはいえ、ひと口にアレルギー性の病気といっても、その原因や症状はさまざま。体質的な要因ばかりではなく、現代の生活様式や環境の変化などがからみ合って発症を招いていることがあるようです。

 生活様式の変化といえば、まずあげられるのは食生活の欧米化です。たんぱく源として肉類を多く食べるようになり、動物性脂肪の摂取量も増えました。肉類はその消化や代謝の過程でアレルギー性の病気に悪影響のある物質を作り出すうえに、食べすぎるとアレルギーの元凶といわれる免疫グロブリンEという物質も多くでき、子どもにアレルギー性の病気をもたらしやすくするのです。

 住まいの環境もずいぶん変わりました。かつてはほとんどが木造の家で、戸や窓の建てつけが歪むと、すき間風が当たり前のように吹き込んできたものです。家の中にいて戸外の暑さ寒さをはっきりと感じとることができ、皮膚や粘膜は自然に鍛えられていたといえます。
 そこへいくと、今の家はアルミサッシなどで固めた戸や窓できっちり密閉され、エアコンによる温度管理で気温差がもたらす皮膚への刺激は少なくなったため、皮膚と粘膜の抵抗力は衰えざるをえません。そのうえ、気密性の高まった空間の中に漂うちり、ほこり、ダニ、カビなどのアレルギーをもたらす物質(アレルゲン)にさらされ続け、アレルギーを起こしやすい体質の人では病気が発症しやすくなります。

 家の中だけではありません。外に出れば、自動車や工場などから排出される化学物質で大気は汚れています。春や秋にはこれに花粉が加わり、呼吸器系のアレルギー病が起こりやすくなっています。

 また、最近注目されている説に「衛生仮説」があります。衛生環境の改善や少子化に伴い、乳幼児期に感染症にかかるリスクが低下したことで、かえって正常な免疫機能の発達を抑えてしまい、アレルギーリスクを高めてしまったのではないかとする考えです。

アトピー性皮膚炎から始まるアレルギーマーチ

 子どものアレルギー疾患は、こうした外的な要因とともに、親からアレルゲンに敏感なアレルギー体質を受け継いでいて発症するケースが多いのです。しかも年齢とともにアレルギーの姿を変えて次々と発症することがあり、このような現れ方を「アレルギーマーチ(アレルギー疾患の行進)」と呼んでいます。
 アレルギーマーチはほとんどの場合、アトピー性皮膚炎に始まり、気管支ぜん息、アレルギー性鼻炎というように変化していきます。

 アトピー性皮膚炎は、ほとんどが生後4~6カ月で発症します。頭、顔、胸などに現れやすく、やがて手足の関節部の内側のほうに現れるようになり、5~6歳くらいになると減ってきます。気管支ぜん息は生後9カ月くらいから発症しやすく、約70%の患者は12~15歳で治まります。アレルギー性鼻炎は幼児期の後半くらいからの発症が多く、アレルゲンはほとんどがダニですが、最近は花粉がアレルゲンになる例もみられます。

 このように成長に伴ってアレルギーの形は変わっても、基礎にはアレルギー体質という素因がありますから、治療は症状の改善と体質の改善を同時に行っていくことになります。

早い時期からトータルケアを

 アレルギー体質の人は、日本では全人口の3分の1ほどいるとみられています。けれども、その人たちがみんなアレルギー性の病気を発症するわけではありません。アレルゲンになるものを除去したり体の抵抗力を高めるといった努力によって、発症を抑えることができます。

 薬による治療のほかに、食事療法、環境整備、体の鍛錬などを組み合わせたトータルなケアで取り組むことがアレルギー性の病気治療の大きな原則です。アレルギーマーチを防ぐためにも、トータルケアをできるだけ早い時期から実践していくことが必要です。

 子どものアレルギーへのトータルなケアには、医師による治療に加え、家族の助力、周囲の人の協力が欠かせないことはいうまでもないでしょう。子どもと最も長い時間一緒にいる母親はもちろんのこと、父親もアレルギーへの理解を深め夫婦一緒になってアレルギーに取り組む姿勢を見せることは、子どもの心にも良い影響を与えます。
 兄弟姉妹がいる場合はアレルギーの子との関係で平等感を保てるように、どちらにも冷静な愛情をもって接するように注意しましょう。祖父母が同居しているなら、主治医の治療方針と指導に沿って、一緒に協力するよう理解を促す努力も大切です。

 (『新版 アレルギー全書~子どもから大人までの治療と生活』正木拓朗著、法研より)

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
正木 拓朗先生


マサキ小児科アレルギー科院長
東京慈恵会医科大学卒業後、同大学小児科でアレルギーの診療研究に携わる。平成10年東京都練馬区東大泉にマサキ小児科アレルギー科を開業。日本アレルギー学会専門医、日本小児科学会専門医、日本小児保健協会幹事など。著書に『新版 アレルギー全書~子どもから大人までの治療と生活』(法研)。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

姿勢の美しい人はトータルできれい!見る人をハッとさせる理由4つ

背筋がピンと伸び、アゴは自然と引かれ、肩も内側に入っていなく、身体の軸がまっすぐな美しい姿勢。美しい姿勢の人は、見る人をハッとさせます。そして、トータルできれいな方が多いんです。どうしてトータルで“きれい”なのでしょうか。姿勢の美しい人... 続きを読む

アレルギー性鼻炎は気管支ぜん息の危険因子? 早期治療が肝心

世界各地でアレルギー性鼻炎の患者さんが増加しています。青年層の50%以上に症状がみられる国もあります。アレルギー性鼻炎はしぐさや学習にさまざまな障害を引きおこし、睡眠などにも影響を及ぼします。さらに、経済的な損失も、決して低くはありません... 続きを読む

子どものアトピー性皮膚炎を予防-早期ケアと皮膚バリア機能を高めよう

子どもの皮膚病の大半を占めるといわれるアトピー性皮膚炎は、皮膚の乾燥とかゆみを伴う湿疹を特徴とする病気です。ほとんどは乳幼児期に発症し、よくなったり悪くなったりをくり返しながら、成長とともに自然に治っていきます。しかし最近では、大人になっ... 続きを読む

肉類と砂糖を上手にとることが【太る脳】を【やせる脳】に

肉類と砂糖を上手にとることが【太る脳】を【やせる脳】に変えて、ダイエットを成功させるカギとなる ●解説してくれる人 浜松医科大学名誉教授/高田明和 ●先生のプロフィール 1935年、静岡県... 続きを読む

みかんの健康効果とは-ビタミンCだけではないみかんの抗酸化作用

「こたつでみかん」は、日本の冬の団らんの原風景みたいなもの。生活様式が洋風化されても、暖房の効いた部屋でみかんを楽しむ光景は日本中どこでも見ることができるでしょう。
冬のみかんとは、すなわち「温州(うんしゅう)みかん」のこと。おいしい... 続きを読む

副作用なし!【アレルギー抑制食材】でクシャミ鼻水をストップ

花粉前線が着々と北上中!
ティッシュとマスクが手放せない花粉症の季節がついに到来します。薬を飲めば、鼻水や涙は止まるけど、喉が乾く、眠くなるといった悩みも。今年は、副作用なしの食事で花粉症対策をはじめてみませんか? 医学的研究で明らか... 続きを読む

赤ちゃんのお肌は生まれた直後からの保湿が大事!しっかりケアでアレルギー予防も

赤ちゃんの肌はツルツル、スベスベのイメージがあり、スキンケアなどしなくても大丈夫だと誤解されがち。しかし、赤ちゃんの時期こそ、しっかりした保湿ケアが大切です。 最新の研究では、新生児期からしっかり保湿ケアをすることで、アトピー性皮膚炎... 続きを読む

サービス付き高齢者向け住宅-老人ホームとの違いとは?

比較的元気な高齢者が安心して入居できる住宅を目的として2011年に創設された「サービス付き高齢者向け住宅」が、現在急増しています。前回はその特徴についてご紹介しました(『高齢期の新しい住まい「サ高住」とは』)。
本シリーズでは、介護が必... 続きを読む

秋の花粉症やダニアレルギーに要注意! 痛くない鼻洗いのやり方

吹く風も冷たくなり、すっかり秋らしくなってきたこの頃、鼻がムズムズしたり、咳が出たりといった風邪のような症状に悩まされている人はいないでしょうか。しかし、それは風邪ではなく、秋の花粉症かもしれません。スギ花粉症がない人でも、秋の花粉症を... 続きを読む

彼女の家に行って引いてしまうことランキング

トイレが汚い 風呂場が汚い 流しに洗っていない食器が山積み 歴代の彼氏の写真が飾ってある ゴミ、洋服などが散らかっている ... 続きを読む