食物アレルギーは負荷試験で正確な診断ができる-治療も可能?

従来の検査で疑われた食べ物が必ずしも原因ではないことも

本当に食べられないものを絞り込んでいく負荷試験、原因食物を少量食べて体を慣らしていく減感作療法を紹介

体が食べ物を異物と認識してしまい、症状が出るのが食物アレルギー

 アレルギー疾患のうち、アトピー性皮膚炎や喘息の患者さんの数の増加傾向は頭打ちになりつつありますが、食物アレルギーの患者さんは先進国を中心に増えています。

 人の体には、細菌やウイルスのような異物を排除して体を守ろうとする免疫というシステムがあります。ただ、異物であっても食べ物など体に必要なものは排除しないようにする仕組み(免疫寛容)があるため、私たちは動植物を食べ物とすることができるのです。しかし、この免疫寛容が働かず、食べ物を異物として認識し、体が反応してしまうのが食物アレルギーです。

 一般的な食物アレルギーでは、原因(アレルゲン)となる食べ物を食べた後、30分から2時間程度で、じんましんが出る、唇やまぶたが腫れる、のどが腫れたりかゆくなったりする、のどがヒューヒューゼーゼーとなる(喘鳴:ぜんめい)、嘔吐(おうと)や腹痛、下痢などの症状が出ます。重症の場合には呼吸困難や意識障害、血圧低下などを起こし、命にかかわる場合があります。これをアナフィラキシーショックといい、アレルゲンが初めて体内に入ったときは起こらず、2回目以降に体内に入ったときに起こるものです。

 最もよく現れるのは皮膚の症状で、9割近くの患者さんに出ます。呼吸器や粘膜の症状はそれぞれ2~3割で、アナフィラキシーショックは1割程度の患者さんが経験しています。一方、最近増えている口腔アレルギー症候群では、果物や野菜などを食べるとすぐに口の粘膜や唇、周辺の皮膚が腫れたり、赤くなったり、かゆみが出たりします。

本当に食べられないものは何か、正確に診断する必要がある

 食物アレルギーを起こす食べ物は、0歳児では鶏卵、牛乳、小麦がほとんどで、年齢が上がると、そば、ピーナッツ、甲殻類、果物なども加わります。調理や加工のしかた、摂取量によってアレルギー反応が異なることもあり、「生卵や半熟卵ではアレルギー症状が出るが、固ゆで卵では出ない」「牛乳は飲めないけれど、牛乳が少量入った加工品は食べられる」というケースもあります。また、かぜをひいたときや下痢をしているときには症状が出やすくなる場合もあります。

 日本では、小児期の食物アレルギーの発症年齢は0歳児が9割以上を占め、0歳児全体の1割弱に発症します。ただ、乳幼児期に発症した鶏卵や牛乳のアレルギーは比較的治りがよく、3歳児ではその割合は半分になり、小学生になっても食物アレルギーが残っているのは発症者の1割程度(=全体では1~2%)です。しかし残念ですが、大人になってから発症した食物アレルギーはなかなか治らない例が多いのです。

 食物アレルギーの診断には、血液検査や皮膚テスト(皮膚に少し傷をつけてそこに食べ物のたんぱく質をつける)などを行いますが、これらの検査によりある食べ物が疑われても、必ずしもその食べ物が原因ではないこともよくあります。実際、0歳児では、血液検査で食物アレルギーに関係が深いIgE抗体は約3割が陽性となりますが、食物アレルギーと診断されるのはそのうちの約3分の1程度です。
 問題なのは、血液検査などの結果だけで、アレルギーの原因ではない食べ物を制限されて栄養が不足してしまう患者さんがいることで、本当に食べられないものは何かを正確に診断する必要があります。

 最も正確に診断できるのは、実際にその食べ物を少量食べて様子をみる食物負荷試験です。食物負荷試験は食物アレルギーに詳しい医師が入院設備のある施設で行うことが望ましく、この検査を受けられる医療機関は少しずつ増えています。食物アレルギー研究会のホームページ(http://www.foodallergy.jp/)には、食物負荷試験を行っている医療機関の一覧が掲載されています。

根本的な治療法として注目される「経口減感作療法」

 治療は、原因となる食べ物を避けることと、補助的には皮膚症状などが出たときに用いる抗ヒスタミン薬などの服用です。アナフィラキシーが起こったときにはアドレナリン(商品名エピペン)を注射します。この注射は自己注射で、子どもの場合には保護者や学校の教職員も注射してもいいことになっています。

 食物アレルギーの症状が重く、アナフィラキシーショックを起こす可能性が高い小学生以上の子どもには、原因となる食べ物を少量ずつ食べて体を慣らしていく経口減感作療法が行われるようになってきました。必ずしもすべての患者さんが上手くいくわけではありませんが、根本的な治療法として注目されており、研究が行われているところです。
 経口減感作療法は、入院して医師の立ち会いのもとに行われます。抗ヒスタミン薬の使用の有無、入院期間、対象とする食べ物などは医療機関によって異なりますが、いずれも入院中に原因となる食べ物をほんの少量食べ始め、卵1個、牛乳200 ml程度といった標準量を目標に少しずつ量を増加し、退院後も医師の指導のもと、様子をみながら、食べる機会を増やして、体を食べ物に慣らします。今後の成果の進展に期待したいものです。

 食べ物を自己判断で除去するのは、栄養のバランスがくずれることもあるため、よくありません。食物除去は必ず専門医に食物負荷試験を含めた診断を受け、常に必要最小限にすべきです。

 下記のサイトから、『食物アレルギーの診療の手引き2008』と『食物アレルギーの栄養指導の手引き2008』がダウンロードできます。

1)国立病院機構相模原病院臨床研究センター
2)食物アレルギー研究会

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
海老澤 元宏先生


国立病院機構相模原病院
臨床研究センターアレルギー性疾患研究部長
1985年東京慈恵会医科大学医学部卒業。91年米国ジョンス・ホプキンス大学医学部内科臨床免疫学教室に留学。帰国後国立小児病院アレルギー科医員、国立相模原病院小児科医長、同病院臨床研究センター病態総合研究部長を経て、2004年より現職。専門はアレルギー疾患、特に食物アレルギーの診療や研究。アレルギーに関する国際学会や日本小児アレルギー学会、日本アレルギー学会などで役職を務める。「食物アレルギ-の診療の手引き2008」主任研究者。近著(監修)に『子どものアレルギ-のすべてがわかる本』(講談社)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

食物アレルギーは負荷試験で正確な診断ができる-治療も可能? 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

【アラフォー育児ライフ】0歳から保育園って早すぎる?

妊娠がわかって夢見心地で喜んだと同時に、すぐに心配になったのは仕事を続けられるかどうか。アラフォーともなれば社会人歴20年、それなりのキャリアを築いている人も多いでしょう。そこで直面するのが、大きな社会問題にもなっている保育園事情です。... 続きを読む

花粉症の完治する?「舌下減感作療法」は本当に効果があるのか?

花粉症の人には憂うつなシーズンになりました。気象情報会社の発表では、昨年夏の日照時間が全国的に少なかったことから、北海道以外のエリアでは今シーズンのスギ花粉の飛散量は昨シーズンの半分以下と予想しています。ただし、飛散開始の時期は早まり、東... 続きを読む

思春期以降に多い果物アレルギー 花粉症の人はなりやすい?

甘くておいしい果物ですが、食べてしばらくすると、くちびるが腫(は)れたり、口の中がかゆくなったり、のどの違和感を訴える人たちがいます。これは食べた果物に対するアレルギー反応と考えられますが、花粉症に関連した果物や野菜への過敏反応を「口腔ア... 続きを読む

関節リウマチは30代の女性にも発症する? 進化した治療法とは

関節リウマチは、免疫の異常によって全身の関節に慢性的な炎症が起こる病気です。炎症によって腫れや痛みが生じ、放置すれば骨や軟骨が徐々に破壊されて変形することもあり、そうなると日常生活や仕事に支障を来します。
関節以外にも、呼吸器の病気や動... 続きを読む

牛乳と一緒にきな粉ダイエットに挑戦!

きな粉
今回ご紹介するきな粉ダイエットは、牛乳や投入にきな粉を入れて飲むだけの簡単でお手軽なダイエット方法です。!きな粉には脂肪を燃やしてくれるサポニンや、美白をもたらしてくれるイソフラボンが多く含まれています。きな粉の原材料である大豆... 続きを読む

きなこダイエットは牛乳と合わせて効果を増大

きなこ
きなこダイエットは、1日1回だけきなこ牛乳を飲むことによって、代謝効率と脂肪燃焼を図ることを目指します。きなこにはサポニンという成分が含まれており、この成分が運動をした時に脂肪燃焼効果を与えてくれるのです。
注意しなければなら... 続きを読む

キスする前に食べてほしくない食べ物ランキング

納豆 餃子 キムチ ネギ 塩辛 6位以降をみる ... 続きを読む

糖質制限ダイエット中におすすめの食べ物3選

糖質制限ダイエットにチャレンジ!と思ってみたが、けっこう食べれないものが多くて困る・・・という人も中にはいるでしょう。しかし正しい知識を身に着けておけば、しっかり食べて、糖質制限ダイエットを成功させることができます。糖質制限ダイエット中... 続きを読む

キスする前に食べてほしくない食べ物ランキング

納豆 餃子 キムチ 塩辛 ネギ 6位以降をみる ... 続きを読む

午前中果物だけ食べる簡単ダイエット

午前中果物だけ
午前中果物だけのダイエット方法は、午前中は生の果物を、好きなだけ食べます。
お好きな果物の名前をメモして、買い物に行って果物を購入してください。
このダイエット方法では、果物を朝の主食として考えていくことが重要です。... 続きを読む