完治が難しい皮膚病、乾癬-生活の質が落ちるほどつらい症状とは

乾癬は、完治が難しくQOLを著しく低下させる慢性皮膚疾患

さまざまな皮膚(関節)症状に悩まされる乾癬に新たな治療薬が加わり、その改善効果に期待が高まっています

皮膚が赤く盛り上がり、フケのようにはがれ落ちる

 乾癬にかかると多くの場合、皮膚が赤くなり(紅斑:こうはん)、盛り上がり(浸潤・肥厚:しんじゅん・ひこう)、その表面に銀白色のアカ(鱗屑:りんせつ)が厚く付着して、それがフケのようにぼろぼろとはがれ落ちる(落屑:らくせつ)、といった症状が出ます。約6割の人がかゆみを訴えますが、ずっとかゆい人、ときどきかゆみが和らぐ人など、その程度には個人差があります。
 病気が進むと、紅斑などの症状が出ている箇所が増え、互いにくっついて全身に広がることもあります。皮膚の一部である爪に症状が出て変形したり、関節の痛みや変形、発熱、倦怠(けんたい)感といった全身症状を起こすこともあります。

 乾癬は症状の違いによって次の5つに分類されています。
尋常性乾癬:約90%を占める。大きめの皮疹(局面)が散在・多発する
乾癬性紅皮症:尋常性乾癬が全身に広がり体全体が真っ赤になる
膿疱性乾癬:患部がジクジクして赤くなり、膿をもつ発疹も出る
関節症性乾癬:皮膚症状に加え、関節に痛みや変形がみられる
急性滴状乾癬:かぜなどの後に水滴くらいの大きさの紅斑が急速にあらわれる

 乾癬がどうして起こるのかは、まだよくわかっていません。ただ、免疫の異常が関係しているのは確かなようです。免疫とは、体に侵入してくる細菌やウイルスなどの外敵に対して、自分の体を守るために攻撃を仕掛けるしくみのことであり、誰にでも生まれつき備わっています。この免疫のしくみに何らかの理由で異常が起こり、外敵でなく自分自身を攻撃してしまい、皮膚や関節に炎症などをもたらしたのが乾癬、と考えられているのです。
 日本での患者数は1,000人に1~3人と推定されており、男性が女性の2倍となっています。この男女差について、東京逓信病院皮膚科の江藤隆史部長は「日本以外では、アジアも含めて男女差はありません。日本ではとくに女性の患者さんの多くが外見やフケ(鱗屑)を気にして表に出ず、治療も受けられず、患者数の推計に入っていない可能性があります」と指摘しています。

身体的・精神的なQOLは乾癬が最低、とのデータも

 皮膚の最も外側は表皮と呼ばれ、新しい表皮細胞ができると、古くなった表皮細胞はアカとなってはがれ落ちていきます。通常、新しい表皮細胞ができて、はがれ落ちるまでに約45日かかりますが、乾癬の患者さんの場合はその10分の1、4~5日ではがれ落ちてしまうため、皮膚の一部であるフケのような鱗屑が次々にできては落ちていきます。
 そのため患者さんは、銀白色のフケが目立つ黒っぽい服は着られず、大量のフケのために部屋の中は1日に何回も掃除が必要で、席から立ち上がると席にフケが残るため、外出にはフケを掃除する道具が必携品……。これらに加え、外見に対する偏見や、感染することはないのに「うつるのではないか」との誤解に基づく“突き刺さるような”視線を感じ、外出を控えるようになってしまうのです。

 こうして乾癬の患者さんの身体的・精神的なQOL(生活の質)は低下しがちです。がんやうつ病、心筋梗塞など、代表的な10の病気と比較した海外の調査では、「身体的QOLと精神的QOLのスコアを合計すると乾癬で最も数値が低い、すなわち総合的なQOLが最も低い」という結果が出ています。
 QOLの低下から病状を悪化させ、いっそう外出を困難にする、といった悪循環を招いているのが多くの患者さんの実情です。自宅に引きこもるようになると、交友関係はもちろん、病気に関する情報も限られたものとなり、効果が疑わしい(むしろ悪化させかねない)民間療法などに頼ってしまうケースもあるそうです。

 さらに、外出を控えることで日光に当たらないのは、乾癬の患者さんにとって治療機会の一つを逃すことになります。「それは、適量の紫外線は乾癬の症状を和らげるのに有効だからです」(江藤部長)。乾癬の症状は、爪を含む皮膚のあらゆる部分にあらわれ、ひじやひざ、頭などにとくに多くできます。さらに、日光によく当たる部分にはあまり出ず、逆に太ももの後ろ側やおしりといった、普段日光が当たりにくいところにはよく出るという特徴があります。

免疫の異常で発症するから、免疫の働きを抑える新しい治療薬

 現在、乾癬の治療は塗り薬(外用療法)、飲み薬(内服療法)、紫外線照射(光線療法)の3種類の治療法を組み合わせて行われています。
 塗り薬には、皮膚の炎症を抑えるステロイド外用薬と、皮膚の新陳代謝を正常化させる活性型ビタミンD3外用薬があります。飲み薬でも同様に、皮膚の免疫を抑えるシクロスポリンという薬(免疫抑制薬)と、皮膚の新陳代謝を抑えるエトレチナートという薬が使われています。
 光線療法ではPUVA(プーバ)療法が以前から行われてきました。これは紫外線に反応しやすい薬を塗ったり、飲んだり、あるいはお湯に溶かして入浴した後に、波長の長い紫外線であるUVAを照射する方法です。これに加えて、最近ではNB(ナローバンド)‐UVB療法も行われるようになってきました。これは、浴び過ぎると皮膚がんの恐れもある紫外線UVBのうち、有害な部分をとり除き、有効な部分の波長だけを使う療法です。

 さらに2010年はじめには、バイオテクノロジーの技術でつくられた新しいタイプの薬(インフリキシマブ、アダリムマブ)が、乾癬の治療に使えるようになりました。これらは免疫系の働きを抑える薬で、すでにクローン病、関節リウマチ、ベーチェット病など、特定の免疫系の異常を背景に発症する病気で治療実績があります。
 従来の治療では十分な効果が得られなかった患者さんのほか、爪や関節にまで広がった患者さんや、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症といった重症の患者さんにも改善効果が期待されています。全身に塗り薬を塗ったり、何種類もの薬を飲み続けるには大変な労力を必要とするのに対して、新しい治療薬では2カ月に1回の通院治療(点滴)、あるいは2週に1回(皮下注射)でよく、患者さんの大きな負担軽減になっています。
 ただし、免疫系の働きを抑えてしまうため、副作用として肺炎や結核などの感染症などを発症する危険度が高まります。患者さんの費用負担もまだ高額のため、この面でも医師によく相談する必要があります。

 乾癬はまだ、「治る」とは言い切れませんが、以上のような治療を的確に組み合わせ、継続することで、通常の社会生活も可能とされています。江藤部長は「新たな薬剤によって治療できる範囲が格段に広がり、多くの患者さんのQOL向上が期待できるようになっています。乾癬があるからといって“夢”をあきらめず、まず皮膚科の医師に相談して」と呼びかけています。

(編集・制作 (株)法研)

【取材協力】
江藤 隆史先生


東京逓信病院皮膚科部長
1977年東京大学工学部計数工学科卒業。84年東京大学医学部医学科卒業後、同医学部皮膚科教室入局。関東中央病院皮膚科医員、東京大学医学部皮膚科助手、ハーバード大学病理学教室研究員、東京大学医学部皮膚科助手(医局長)を経て、93年東京大学医学部皮膚科講師・病棟医長、94年東京逓信病院皮膚科医長。98年より現職。東京大学医学部非常勤講師を兼任。95年日本臨床皮膚科医学会常任理事、2006年日本臨床皮膚科医会副会長を務める。その他の所属学会として、日本皮膚科学会代議員・運営委員、日本香粧品科学会評議員、日本乾癬学会評議員、日本色素細胞学会評議員、日本性感染症学会評議員など。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

生き方のクセとストレスコントロールの方法-ストレスの原因を知る

前回は、こころに住む5人の家族について一人ひとり紹介し、人はそれぞれ「生き方のクセ」があり、自分のクセが分かれば、発想を変えられるということをお伝えしました。今回は、生き方のクセを職場においてどのように変えていったらよいか、具体的に考えて... 続きを読む

マリンプラセンタ

ご存知「プラセンタ」は、化粧品でブームを起こした、美肌成分をたっぷり含む哺乳動物(おもに人、豚、牛)の胎盤のこと。 「マリン」は、そのお魚版ということになりますが、卵を産むお魚には胎盤はありません…。 「魚には胎盤の代わりに、卵を守り育て... 続きを読む

Agイオン

あまりなじみのないコトバですが、消臭スプレーや制汗剤で「Ag+」という表記を見たことはあるかも。[Ag]とは[銀]の元素記号です。酸素は[O]、カルシウムは[Ca]と表すのと同様です。
また、[イオン]というのは、ある物質(銀なら銀)が... 続きを読む

合コンの席にいても恋愛対象にならない人の特徴ランキング

食べ方が汚い 話は面白いが、人の話はあまり聞かない 酔うと絡んでくる 部屋が汚い 噂話が大好き ... 続きを読む

おへそのゴマを取るとお腹が痛くなるのは本当? お手入れの仕方

子どものころ、「おへそのゴマを取ってはダメ」と言われた記憶はありませんか?
言われると余計に気になって、恐る恐る取ってみた!
という人もいるのではないでしょうか。そもそも「へそのゴマ」ってなんでしょう?
その前に、おへそって何のためにある... 続きを読む

ステキな恋愛が免疫力を高める?-緊張とリラックスで活性化

ステキな恋をしていると免疫力が高まる!?
これは本当のことです。恋愛と免疫力という一見何の接点もないようなこの2つが、実は根本の部分で深くかかわっているのです。
白血球は、免疫系で重要な役割を果たしていますが、その免疫細胞の働きに大きな影... 続きを読む

1日20分日記を書けば免疫力UP‐感情を整理して心を解放


最近は、他人に読まれることを前提としたホームページやブログなどの日記も多くなりましたが、日記は本来個人的な記録です。人に相談したくてもできないこと、本当は怒りや悲しみを人にぶつけたいけど、実際にはできないことなど、感情的なことを思いっき... 続きを読む

冬場のブーツによるかゆみや臭い対策-5つの簡単セルフケア

冬の外出には、おしゃれで温かいブーツが重宝しますね。でも、履いている最中に足がかゆくなったり、脱いだときにプ~ンとにおったことはありませんか?
これ、ブーツを利用する人には誰にでもありがちなことなのですが、工夫しだいで抑えることはできます... 続きを読む

これってもしかして水虫?初期治療のコツと完治させるポイント

日本人の5人に1人は水虫にかかったことがある 水虫というと足が不潔な人がかかるもの、と思っている人もいると思いますが、日本で水虫にかかったことのある人は約2500万人といわれています。つまり、4~5人に1人は水虫経験者。家族で誰かが水... 続きを読む

インフルエンザや感染症の予防に役立つ食べ物とは?

新型インフルエンザの流行に加え、季節性インフルエンザや一般的なかぜの流行期でもあるこの季節。これらの感染症予防には「こまめな手洗い・うがい」がすすめられ、多くの人々が実行しています。
新型インフルエンザについては、予防ワクチンの接種が可... 続きを読む