すべての子どもにB型肝炎ワクチンを-B型肝炎ワクチンの必要性

母子感染だけでなく子ども同士の密接な接触による感染もある

WHOがすべての子どもに対して定期接種による予防接種を指示。性交渉による感染予防の意味でも全員に

日本で予防対策がとられているのは、母子感染など特定の場合

 今年はワクチンの話題の多い年でした。Hibワクチン、肺炎球菌ワクチン、HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)、さらに不活化ポリオワクチンも話題になりました。この「医療と健康」のコーナーでも、(『二人のための「イクメン」大作戦 6』『二人のための「イクメン」大作戦 7』の2回にわたり、「イクメンのための予防接種の基礎知識」を配信しました。
 いろいろ勉強して感じたことは、自分も含めて、ワクチンに関して日本の医療者が必ずしも新しい知識を持っているわけではないということでした。特に欧米先進諸国でのB型肝炎の予防対策について知ったとき、その感を強くしました。

 B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスの感染によって肝臓の炎症(肝炎)を起こす病気で、長期にわたって慢性化すると肝硬変や肝臓がんを起こします。B型肝炎ウイルスは感染力が強く、ウイルス保有者(キャリア)の血液や体液を介して感染します。出産時に母親から赤ちゃんに感染する母子感染、輸血、性交渉などが主な感染ルートと考えられています。

 肝臓がんの原因にもなる重要な感染症でありながら、B型肝炎の感染予防が必要なのは医療従事者とB型肝炎キャリアの妊婦のみで良いと日本の医師は教育されています。つまり、お産のとき母親から赤ちゃんにB型肝炎がうつるのを防ぐために、生まれたらすぐにワクチンを含めた予防対策を行うことと、もう一つは医師や看護師など血液を扱う職業の人に、B型肝炎ワクチンを接種するということです。
 ところが欧米先進国では、赤ちゃんが生まれたらすぐに、母親がB型肝炎キャリアであるか否かを問わず、全員に対してB型肝炎ワクチンを接種することを知りました。「全員」ということに、本当にびっくりしました。

保育園や大学運動部のクラブ活動で、B型肝炎集団感染の報告も

 一方で「B型肝炎は通常の生活では感染しない」という従来からの認識は正しくて、通常の接触では感染の恐れは全くありません。しかしB型肝炎ウイルスは、血液はもちろんですが、体液でも唾液や汗、涙などからも見つかることがあり、日本でも保育園や大学の運動部での集団感染の報告があります。保育園での子ども同士の密接な接触や、運動部のクラブ活動など擦り傷があって接触するような状況では、感染する可能性があるということです。欧米先進国で、赤ちゃん全員に早期にB型肝炎ワクチンを接種するのは、こういった理由からです。

 日本では、性交渉(オーラルセックスやアナルセックスも含む)によってもB型肝炎に感染することは知られていても、全員に対するワクチンが必要とは考えられておらず、B型肝炎感染者のパートナーにのみワクチンが必要とされてきました。しかし性交渉をする前に、相手がB型肝炎感染者であるかどうかを、必ずしも確かめるわけではありませんよね。そもそも、肝炎ウイルス検査を行っていない人も多く、自分が感染していることを知らずに生活している人も多いことがわかっています。欧米では、このような性交渉での感染予防も視野に入れてワクチン接種を行っているのです。

赤ちゃんと、ワクチン未接種のすべての子どもにB型肝炎ワクチンを

 WHO(世界保健機関)では、赤ちゃんが生まれたらすぐに、国の公費による定期接種としてのB型肝炎ワクチン接種を指示しています。多くの国ではその通り定期接種になっていて、生後1週間以内の1回を含む3回の接種が行われています。
 日本では、前述のように母親がB型肝炎キャリアの場合は、母子感染予防のため健康保険での接種が定められていますが、母親がキャリアでない場合は全額自費負担の任意接種となります。この場合、生後すぐに接種してもよいですし、生後2カ月のときにHibワクチン、肺炎球菌ワクチンなどと同時接種する人も多いです。

 私は、今では妊婦健診のときに聞かれた場合には、赤ちゃんが生まれたらすぐにB型肝炎ワクチンを接種するよう勧めるようにしています。また、赤ちゃんのときワクチンを接種していないすべての子どもに、B型肝炎ワクチンを接種するのがよいと考えています。できれば性交渉開始前の接種をおすすめします。大人の場合でも、性交渉による感染予防の意味で、ワクチン接種をすすめています。

 知識がないために、将来大きな病気にかかってしまうのは、とても残念です。本来は、医師や厚労省などが正しい知識の普及に努めるべきですが、さまざまな原因でゆっくりとしか改善が進んでいません。この現状が続いているうちは、皆さんも自ら知識を得る努力をしていただきたいと思います。

 B型肝炎とワクチンについてより詳しく知りたい場合には、以下のページが役立ちます。
「KNOW VPD! VPDを知って、子どもを守ろう。」(VPD:ワクチンで予防できる病気)

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
太田 寛先生


産婦人科専門医
北里大学医学部公衆衛生学 助教
1989年京都大学工学部電気工学科卒業後、日本航空株式会社羽田整備工場に勤務。2000年東京医科歯科大学卒業。茅ヶ崎徳洲会総合病院産婦人科、日本赤十字社医療センター産婦人科勤務を経て、現在は北里大学医学部に勤務。平成21年度厚労科研費補助金「新型インフルエンザ対策(A/H1N1)妊娠中や授乳中の人へ」パンフレット作成委員。日本医師会認定産業医、日本産科婦人科学会専門医。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ワクチンを受けて子どもを守ろう-恐ろしい副作用は誤解?

私たちの身の回りには、ウイルスや細菌によって引き起こされる感染症がたくさんあります。なかには麻疹(はしか)、百日咳、細菌性髄膜炎などのように重い病気もあります。
これらを予防するのに最も有効な方法はワクチンを接種することです。ワクチンは... 続きを読む

子宮頸がんはワクチンで予防できる-ワクチンのメリットとリスク

子宮頸がんの原因となるウイルスへの感染を防ぐことによって、子宮頸がんを予防するワクチンがHPVワクチンです。HPVワクチンについて、自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科教授の今野良先生に伺いました。 ワクチンと検診で子宮頸がん... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その6 予防接種は必要?

Hibワクチン、肺炎球菌ワクチン、ヒトパピローマウイルスワクチンなど、ワクチンに関するさまざまな記事が、新聞や雑誌、インターネット上で毎日のように流れ、母親たちにとっては最大の関心事の一つになっています。
自分の子どもの予防接種をどうし... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その7 ワクチン接種計画

前回に引き続き「イクメンのための予防接種の基礎知識」をお届けします。今回は、個別のワクチンについての知識です。前回は、(1)なぜ予防接種をしなくてはいけないのか、(2)予防接種には定期と任意がある、(3)順番を考えて受ける、などについて解... 続きを読む

ウイルス性肝炎検査のすすめ-もっともがんリスクが高いのはC型

大事な物事を「肝心かなめ」などと言うくらい、肝臓は私たちにとってなじみの深い臓器ですね。では、その肝臓の働きを狂わす原因について、本当のところを一体どれくらいの人たちが知っているでしょう。誰もがまず思いつくのは「お酒」とか「あぶらっこい食... 続きを読む

イクメン男子に訪れる産後うつとは

そもそも女性の方がうつ病になりやすい

出産後は女性ホルモンの分泌が大きく変化し、心の状態が不安定になります。これに子育て不安や、仕事をもっている女性では仕事との両立への不安などが加わると、一気にうつ病のリスクが高まります。
出産後... 続きを読む

予防接種ちゃんと受けてる? 定期接種と任意接種の違いとは

あなたは、自分がどんな予防接種を受けてきたか覚えていますか?
ご自分の母子手帳がどこにあるかご存知ですか?
大学生にはしかが流行っている、結核が若年者で増えている、長引く咳が百日咳だった、妊娠している女性社員の隣で仕事をしていた人が風し... 続きを読む

40歳以上はウイルス性肝炎の検査を-B型・C型肝炎の基礎知識

ウイルス性肝炎にはA型からE型まで5種類あり、日本でのウイルス性肝炎感染者はB型とC型がほとんどです。そのうちB型肝炎の感染者は130~150万人、C型肝炎の感染者は150~200万人と推定されています。
B型肝炎、C型肝炎(以下、B型... 続きを読む

生、不活性、トキソイド…知っておきたい【ワクチン】の基本

牛痘患者の膿を注射して天然痘を防いだのが始まり かつて多くの人命を奪った恐ろしい感染症の一つに、天然痘がありました。18世紀の末、イギリス人医師エドワード・ジェンナーは、牛痘という牛の感染症にかかった人が天然痘にかからないのを見て、牛... 続きを読む

母親のように思えてしまう、彼女の余計なお世話ランキング

持ち物に名前を書く 「ハンカチ持った?」等、出かける際忘れ物がないか聞く 勝手に部屋の掃除や整理整頓をする 洋服を着させる 食事... 続きを読む