マイコプラズマ肺炎の感染経路は? 症状や完治までの期間など

重症になることは少ないが、長引く乾いたせきには要注意

毎年12月から1月に流行のピークを迎えるマイコプラズマ肺炎。2012年は過去十数年で患者数が最多に

昨年の患者数は、過去最多を記録した2011年を上回った

 マイコプラズマ肺炎とは、「肺炎マイコプラズマ」という細菌に感染することによって起こる呼吸器感染症です。かつては、4年おきのオリンピックが開催される年に流行したことから「オリンピック肺炎」と呼ばれたこともありましたが、近年はそうした傾向がくずれてきています。2011年には、統計が始まった1999年以降で最多の患者数を記録しましたが、2012年も患者数が多い状態で推移し、10月の時点で2011年の患者数を上回りました。
 12月に入ってから患者数増加のペースは衰えてきたものの、例年、マイコプラズマ肺炎は12月から1月に流行のピークを迎えるため、引き続き注意が必要です。

 この患者数増加の原因は、従来よく用いられる薬に「耐性」をもったタイプの肺炎マイコプラズマが増えているからと考える専門家もいますが、明らかなことはまだわかっていません。

患者の約8割は14歳以下の子ども。ほどんどは軽い症状で治る

 マイコプラズマ肺炎は、子どもや若い人に多くみられ、患者の約8割は14歳以下の子どもですが、大人がかかることもあります。感染しても重症化することは少なく、多くは軽いまま治りますが、まれに髄膜炎や脳炎、中耳炎などを引き起こすこともあります。また、一度かかっても、再びかかることがあります。

 主な感染経路は、患者のせきやくしゃみなどのしぶきによる「飛沫(ひまつ)感染」と、患者と身近で接触したり、病原体が付着したものに触れることによる「接触感染」です。感染してから発症するまでの潜伏期間は長く、2~3週間くらいといわれています。
 主な症状として、「発熱」や「全身倦怠感(だるさ)」、「頭痛」、たんを伴わない乾いた「せき」などがみられます。せきは少し遅れて始まることもあり、3~4日程度で熱が下がった後も長引き、3~4週間も続くのが特徴です。

治療に有効な抗菌薬が限られている。せきが長引くときは医療機関へ

 マイコプラズマの感染力はあまり強いわけではなく、インフルエンザのように短期間で爆発的に感染が広がることはありません。長引くせきよって感染が徐々に広がることが考えられます。
 有効なワクチンはなく、予防法はかぜやインフルエンザとほぼ同じで、手洗いやうがいを励行すること。感染を広げないためにも、せきが出る場合は、マスクをするなどせきエチケットを守ることも大切です。

 治療には抗菌薬(抗生物質)を用いますが、抗菌薬の種類によっては効果がなく、マイコプラズマ肺炎に有効な抗菌薬は限られています。マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系の抗菌薬が効果的で、多くは外来で治療を行い、1カ月ほどで治ります。従来の薬に耐性をもったタイプだった場合は、ほかの抗菌薬を用いて治療します。
 高熱や激しいせきで眠れないなど、症状がひどい場合は入院が必要になることがあります。また、一部には重症化する人もいますので、せきが長引くときはあなどらず、早めに小児科や呼吸器科を受診しましょう。

(編集・制作 (株)法研)


コラムに関連する病名が検索できます。

マイコプラズマ肺炎の感染経路は? 症状や完治までの期間など 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

大人もかかるマイコプラズマ肺炎の怖さ

マイコプラズマ肺炎とは
マイコプラズマ肺炎はマイコプラズマという病原体によって引き起こされます。感染経路はマイコプラズマの感染者からの飛沫感染や濃厚接触による接触感染の2種類があります。


流行性で、若年者に多い。
マイコプラ... 続きを読む

長引く咳に注意!マイコプラズマ肺炎かも

マイコプラズマ肺炎とは

マイコプラズマ肺炎は若い人に多くみられ、痰(たん)のない乾いた激しいせきが長引くが、重症化することは少ない。
マイコプラズマ - goo ヘルスケア

風邪だと思っていても、咳がなかなか止まらないときマ... 続きを読む

【その咳もしや?】マイコプラズマ肺炎の可能性

マイコプラズマ肺炎ってどんな肺炎なの

マイコプラズマ肺炎は、子どもや若い人に多くみられ、患者の約8割は14歳以下の子どもですが、大人がかかることもあります。
記録更新! マイコプラズマ肺炎の流行 - goo ヘルスケア


... 続きを読む

マイコプラズマ肺炎とは? 風邪と見分け難い、症状や治療法など

肺炎というと、お年寄りがかかると命取りにもなりかねない病気ですが、マイコプラズマ肺炎は10~30代の若い人たちがかかることが多く、しかもわりと軽症なために普通のかぜと見分けがつきにくく、診断が遅れることがあります。一般的によく処方される抗... 続きを読む

意外と見られてる!?身に付けたいトイレ後のエチケット

職場や出先のトイレを見れば、そこのマナーのレベルがわかる!と言われるほどトイレはその場所の「顔」といわれています。接客マナー講師の筆者も、研修に伺う際、トイレは念入りにチェックします。また、友人宅や彼の家へお邪魔する時など、使用した人が... 続きを読む

インフルエンザ予防法|家族にうつさないための対策とは

木枯らしが吹いて、そろそろインフルエンザが流行する季節です。もう予防接種は受けられたでしょうか?
インフルエンザは、日本では例年12月から3月にかけて流行し、年明けごろからピークを迎えます。感染予防にはまずワクチン接種を受けることですが、... 続きを読む

3種類のリップスピークの違い

~ビューティー・ルネッサンスを迎えるために~ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ リップスピークの違いによる雰囲気の変化 (1)ラウンドタイプ
ラウンドタイプはリップスピークに丸みのある形です。... 続きを読む

RSウイルスに赤ちゃんが感染すると重症化の危険-予防法とは

「RSウイルス感染症」の流行が始まっています。国立感染症研究所の調査によると、今年(2014年)は患者数(報告)が8月下旬から急増し、9月中旬には流行期に入ったとみられています。例年晩秋から春にかけて流行し、冬季にピークがみられましたが、... 続きを読む

なぜ【インフルエンザ】には何度もかかるの?

はしかや水ぼうそうに二度かからないのはリンパ球の記憶のおかげ 子どもの頃にはしかや水ぼうそうにかかった人は、通常大人になってからかかることはありません。一方で、インフルエンザは、同じシーズンに何度もかかることもあります。その違いはどこ... 続きを読む

プラスのストロークの受け取りかた-褒められたら素直に受け入れる

深呼吸をすると新鮮な空気と共に、梅の優しい香りが心を満たしてくれる季節になりました。寒い冬ともお別れです。そんな今年の冬は、オリンピックの話題で盛り上がられた方も多いのではないのでしょうか。 スポーツニュースなどを見ていると、選手たちが「... 続きを読む