うつ病になる前に-不安や悩みを打ち明ける相手に誰を選ぶ?

多くの人に不安や悩み、ストレス。心の不調を抱える人も

不安や悩み、ストレスはうつ病のもと。心、体、行動のちょっとした変化を見逃さず、早めの対処に結びつけて

職場で日常で、多くの人が不安や悩み、ストレスを感じている

 ストレス社会と言われる現代、ストレスが原因となって起こる心の不調は誰にでも起こり得ます。公的な調査結果から、職場でも日常生活でも、多くの人が不安や悩み、ストレスを感じながら暮らし、心の不調を抱える人が少なくないことが明らかになっています。

 『平成23年国民健康・栄養調査』(厚生労働省)の結果によると、全国の成人約7000人に行った「日常生活のなかで悩みや不安を感じているか」との質問に対し、「特にない」と答えた人は男性23%、女性15%にとどまりました。
 悩みや不安の理由としては、「自分や家族の健康」「収入や将来の生活設計」「仕事」などを挙げる人が上位を占めました。男女・年齢層別にみると、悩みや不安の理由として最も多かったのは、30~50歳代の男性では「仕事」、20歳代の男女と30~40歳代の女性では「収入や将来の生活設計」、50歳代の女性と60歳以上の男女では「自分の健康」でした。

 また、同じく厚生労働省が行った『平成23年労働安全衛生特別調査(労働災害防止対策等重点調査)』によると、全国の事業所で働く人約1万8000人(派遣労働者を含む)のうち、過去1年間に自分の仕事や職業生活に関することで強い不安や悩み、ストレスを「感じる事柄がある」と答えた人は約32%に上ります。男女差は特にありませんでしたが、年齢層別では、30歳代が38%とやや多めでした。

 この強い不安などを「感じる事柄がある」と答えた人に、誰かに相談したいかどうかを尋ねたところ、「相談したい」という人が78%を占めました。一般的に、女性は「おしゃべり」を含め、人とよく話すことがストレス解消につながっているのに対して、男性は誰にも相談せず、話しもせず、1人で抱え込みがちといわれます。この調査でも、「相談したい」という女性は83%だったのに対し、男性は74%と少なめでした。
 さらに、相談したい相手を尋ねたところ、事業所外の相談機関(16%)や事業所内の相談窓口(10%)、事業所外の医療機関(9%)などを大きく引き離し、64%の人が「その他(家族・同僚など)」と答えました。やはり、まず頼りにするのは「身近な人」という結果でした。

心、体、行動の変化を見逃さず、予防や早めの対処に結びつける

 『平成23年労働安全衛生特別調査』では、事業所に対してもメンタルヘルスに関する調査を行っており、その結果約1万3000の事業所のうち14%が「メンタルヘルス不調を抱えた労働者がいる」と答えています。すなわち7社に1社にはメンタルヘルス不調者がいるということです。
 同調査での「メンタルヘルス不調を抱えた労働者」とは、メンタルヘルス不調により、心や体、行動について、以下に挙げるいずれかの変化が認められる人、またはそうした兆候がうかがわれる人のことです。

●心の変化:気分の落ち込み、イライラ、無気力、考えがまとまらないなど
●体の変化:慢性的な疲労感、頭痛、睡眠の過不足など
●行動の変化:酒・たばこの増加、ミスの増加、集中できない、積極性がなくなる、怒りっぽくなるなど

 上記の心や体、行動の変化は、心の不調、さらにはうつ病のセルフチェックにも活用できます。これらのうちいずれかの変化が1週間以上も続く場合は、周囲の人や専門家(精神科医、カウンセラーなど)に相談したり、趣味やスポーツでリフレッシュを図ってみましょう。
 これらの変化のなかでも、体や行動の変化は自分でもわかりやすいため、これを見逃さないことが重要です。なかでも「不眠」のチェックは大切です。事業所で働く人の場合、眠れないために朝起きづらくなり、積極性の減退も加わって、「遅刻」が増えやすくなるといわれています。

 悩みや不安、ストレスの原因になりやすい事柄や、その結果起こりやすい心の不調のさまざまな症状を知っておき、自分や家族、職場の同僚など身近な人の変化を見逃さず、予防や早めの対処(相談、ストレス解消など)に結びつけましょう。

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

働きやすい職場づくりとは-協力し合うと生産性が上がるのは本当か

職場におけるメンタルヘルスは、企業にとっても、労働者にとっても大きな課題です。現在日本では、うつ病などのメンタルヘルス関連疾患で休職している人が100人に1人程度いると言われています。
こうした背景の要因としては、個人の要因(ストレスへ... 続きを読む

収入保障保険の基礎知識とメリット・デメリット

収入保障保険の基礎知識
保険金を毎月生活費として受け取るところが特徴です。他の生命保険のように一括で保険金を支払う場合、保険期間の最初から最後まで保障額は一緒ですが、収入保障保険のように毎月保険金を受け取ると、保険期間中に保障額の合計が... 続きを読む

嬉しいことや幸せなことでもストレスを感じてしまう理由とは?

暑さもだいぶ和らぎ、過ごしやすい季節になってきましたね。 ホッとできるこの時期は、夏の疲れが出やすく、実は体調を崩しやすい時期でもあります。 身体的には負担の少ない季節のはずなのに不思議ですね。 実は、メンタルヘルスでも同じようなことがあ... 続きを読む

介護で悩んだら…まずは『地域包括支援センター』へ相談してみよう

親の心身の機能が低下し、将来への不安を感じるようになったとき、皆さんは誰に(どこに)相談するでしょうか?
相談窓口で「ここは担当ではない」などと言われ、相談をあきらめてしまった経験をもつ方もいるかもしれませんね。
2006年(平成18... 続きを読む

出産育児一時金とは? 産科医療補償制度・直接支払制度も確認して


出産には思いがけず多額の費用がかかります。正常な出産は病気ではないため、公的医療保険が適用されず、全額自己負担となるためです。初めて出産される方は、かなりの出費に驚かれるかもしれません。
それでは、出産にはどれくらいのお金がかかるの... 続きを読む

好きな人に告白したことある? 気持ちを整理する一つの方法とは

誰もが経験していると思いますが、片想いは切なくて辛いものですよね。 相手の気持ちは知りたいけれど、自分にとって良くない結果を想像してしまうと、知るのが怖くなり、せつない気持ちを引きずってしまうことがあります。そういったあいまいで不確かな状態... 続きを読む

結婚につながる要素ってなに?「好き」にまつわる男女差を徹底解明!

こんにちは、コラムニストの愛子です。友情、恋愛、結婚、お互いに「好き」という感情があって成り立つ点は同じだけど、その「好き」には一体どんな違いがあるのでしょう。大恋愛だったはずが、彼から「結婚は出来ない」と言われた。友達だったはずの男性... 続きを読む

在宅介護で利用できるサービスの種類は?手続きの流れや料金など

このシリーズではこれまで、初めて家族に介護が必要になった場合を想定し、まず何を知っておくべきか、高齢期にはどんな住まい(生活の場)を選択できるのか、在宅介護にはどんな準備が必要か、遠距離介護に役立つ情報は、などをお伝えしてきました。
そ... 続きを読む

後悔は自分を成長させる? 後悔するごとに対処方法が増える理由

先日、何気なく見ていたテレビ番組で、脳科学者の茂木健一郎先生が「後悔すること」について語られていました。 後悔と聞くとついついネガティブなイメージが出てきてしまいますが、後悔することが出来るからこそ、選択しなかった場合についての可能性を検討... 続きを読む

働く世代の喫煙率は下げ止まり-妊娠中、出産後の喫煙が問題

喫煙が肺がんだけでなく全身のがんのリスクを高め、脳卒中や心筋梗塞をはじめとするさまざまな病気の原因となることは広く知られるようになっています。しかし、喫煙率は一頃より減ってはいるものの、働く世代の男性ではまだまだ喫煙する人の多いことが、国... 続きを読む