胃潰瘍の原因がピロリ菌-胃潰瘍を予防・改善する5つの生活習慣

季節も生活環境も「変わり目」がストレスを増やしがち

胃潰瘍の主な原因はピロリ菌感染。痛み止め薬との関係も明らかに。ストレスが加わると発症リスクが増大

ピロリ菌感染で胃粘膜が萎縮、潰瘍へ

 日本人の胃潰瘍(かいよう)の最大の原因は、ピロリ菌感染です。ピロリ菌に感染すると、それだけで胃の粘膜が赤く充血してきます(表層性胃炎)。この状態が長く続くと、胃の粘膜が萎縮し(萎縮性胃炎)、喫煙や過度なストレス、強いアルコール・大量飲酒、塩辛い食べ物、刺激物などによって悪化。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、さらには胃がんを引き起こすことがわかっています。
 すなわち、萎縮性胃炎があると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんのリスクが高くなり、そのおおもとになるのがピロリ菌感染、というわけです。

 ピロリ菌の感染には、水道の未整備などの衛生状態が深くかかわっています。現在50歳代以上の人たちが子どもの頃には、まだ衛生状態が整っていなかったため、この世代では70%以上の人が感染しているとみられています。一方、若い世代での感染はほとんどないとされていますが、ピロリ菌に感染した親からの口移しの食事などで、乳児期に感染している可能性もあります。
 50歳代以上の人はもちろん、若い世代の人でも、胃潰瘍や胃がんになった家族がいるなどピロリ菌感染が気になる場合は、感染の有無を調べる検査を受けることをすすめます。「ストレスで胃が痛む」ことが多い人は、年齢に関係なくこの検査を受けてみるとよいでしょう。

 ピロリ菌感染が確認された場合はピロリ菌の除菌治療がすすめられますが、これまでは「胃潰瘍」や「十二指腸潰瘍」、「胃がん」などがなければ、健康保険を使ってピロリ菌の除菌治療を受けることはできませんでした。しかし最近になって、胃潰瘍の前段階である「慢性胃炎」でも保険が適用されるようになりました(2013年2月)。「慢性胃炎」の段階で除菌治療を受けることができれば、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんの予防につながります。

頭痛薬などの痛み止めの薬(NSAIDs)が胃潰瘍を起こしやすくする

 胃潰瘍の原因として最近増えているのが、痛み止めの薬の服用によるものです。これは非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs=エヌセイズ)と呼ばれるもので、関節リウマチの薬や多くの解熱鎮痛薬などがこれに当たります。
 NSAIDs は関節などの痛みを抑える一方で、胃粘膜では防御機構の破綻をきたすことがあり、この種類の薬は胃潰瘍・胃炎を引き起こすとされています。このため、通常は胃の弱い人(胃潰瘍になったことがある人など)では胃粘膜を守る薬を同時に服用します。

 NSAIDsは、関節リウマチの治療薬をはじめ医師の処方薬に多く使われていますが、最近は市販の頭痛薬などにも広く使われています。「頭痛もち」の人は、市販薬を手元に置いて、自己判断で服用するケースが多いと思われますが、間違ったNSAIDsの使い方を続けると、胃潰瘍のリスクを高めます。
 頭痛薬などの痛み止めの薬を受け取るときは、医師や薬剤師の説明をよく聞いて指示を守ってください。特に説明がないときは念のため、「この薬は胃に影響はないですか」「胃潰瘍の心配はありませんか」などと、こちらから尋ねてみましょう。

 胃潰瘍の典型的な症状は、食後の腹部の痛みですが、特に自覚症状がないまま進行しているケースもあります。痛み止めの薬を使っているとこうした痛みも感じにくく、胃の異常に気づきにくいので注意が必要です。
 腹部の痛み以外では、便の変化が胃潰瘍のアラームになります。潰瘍によって胃粘膜などから出血していると、便が赤黒くなります。痛み止めの薬をよく使う人は、胃の痛みに気づきにくい分、便の色の変化に気を配ってください。何より、自覚症状頼みにせず、内視鏡(胃カメラ)などによる胃の検査を定期的に受けることが望まれます。

ストレスや欧米型の食事などが発症の引き金に

 かつて、胃潰瘍はストレス病と考えられていましたが、ストレスだけで発症することはほとんどありません。ただし、発症を進める重大な引き金であることは確実です。
 このほか、脂肪やたんぱく質が多い、いわゆる欧米型の食事も胃潰瘍発症の引き金になります。こうした食事は、消化のために大量の胃酸を必要としますが、日本人はもともと胃酸分泌が少ないことから、欧米型の食事を続けていると、無理に胃酸を出そうとして胃の負担が大きくなり、胃潰瘍のリスクを高めます。

 食事をはじめ下記のような生活習慣を守って、胃潰瘍の予防と改善につなげましょう。

●胃潰瘍を予防・改善する生活習慣
(1)たばこは吸わない
(2)食事は(欧米型を改め)和食を中心に
(3)塩辛い食品、激辛食品など、刺激物は控える
(4)アルコールは適量を守る(適量は日本酒換算で1日1合まで。ビールなら1日に中びん1本まで。1週間に2日以上は休肝日をつくる)
(5)ストレス発散を兼ねて、1日20分程度のウオーキング(有酸素運動)を1週間に3日以上行う

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
河合 隆先生


東京医科大学教授
東京医科大学病院 内視鏡センター センター長
1988年東京医科大学大学院卒業。99年東京医科大学講師、2005年同大学助教授、08年同大学教授に就任。東京医科大学病院内視鏡センター センター長を兼務。専門は、食道がん・胃がんの診断と治療。ヘリコバクターピロリ感染症の診断と治療。日本消化器内視鏡学会評議員、日本消化器病学会評議員、日本ヘリコバクター学会評議員、日本胃癌学会評議員、日本消化器内視鏡学会附置経鼻内視鏡研究会世話人など要職兼務。主な著書に『経鼻内視鏡検査導入の手引き』『上部消化管内視鏡挿入・観察のポイント』『鼻から胃カメラde健康チェック―もう痛くない』などがある。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

胃がんのリスク5倍! ピロリ菌ってなに? 予防のためにできること

今年の9月初め、厚生労働省の大規模疫学調査により、ヘリコバクター・ピロリ菌と胃がんとの因果関係が発表されました。厚生労働省では、1990年から15年にわたり、全国の40~69歳の男女約4万人を追跡調査。それによると、ピロリ菌の感染者は非感... 続きを読む

ピロリ菌やがんから胃を守る-こんな不調があったら要注意?

食欲の秋なのに、なんとなく胃の調子がすぐれず「食べたいのに食べられない」と憂うつな気分になっている人はいませんか?
「日本人は胃が弱い」とはよくいわれます。がんの部位別死亡率をみると、最近は肺がんにトップの座を譲ったものの、長い間、胃が... 続きを読む

胃がんに注意、意外に知らないピロリ菌の実態

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)って

日本の20歳までの若い人たちのピロリ菌の感染率は低く、20%以下の低い値を示しています。これに対して50歳以上の世代では、感染率が80%と極めて高い状態を示しています。
ヘリコバクター・ピロ... 続きを読む

下痢を伴う腹痛の原因と対処法 下痢止めは飲んでもいい?

急にお腹が痛くなって、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む。そんな経験は誰もがしたことがあるはず。そんな下痢のときの対処法をご紹介します。 急性下痢の原因は、食べ過ぎや飲み過ぎが原因 ふだん食事で摂った食べ物の消化吸収は小腸で行われ、水... 続きを読む

片頭痛のしくみ-引き金が分かれば予防できる? 危険な頭痛の症状

「ああ、また来た」と思えるくらい、慢性的に片頭痛に悩まされている人は、とくに20~40代の女性に多いそうです。頭痛が起これば、薬を飲んでしばらくは安静にしていなければなりません。
片頭痛の典型的な症状は、1.頭の片側がズキンズキンと強... 続きを読む

メタボは「肝臓がん」を引き起こす引き金に

こうしてメタボがガンを引き起こす

脂肪(特に内臓脂肪)が増えると、インスリンの働きを抑える物質が血液中に増え、インスリンの働きがいっそう低下します。するとブドウ糖があふれて高血糖が進み、働きの悪さを量でカバーするためにインスリンが増... 続きを読む

ピロリ菌を撃退する方法-ヨーグルトがピロリ菌に効く理由

ヘリコバクター・ピロリ(以下、ピロリ菌)は、長年にわたってヒトの胃に棲みつく細菌で、胃粘膜に炎症を起こし、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんの原因になることがわかっています。
感染率は先進国で低く、発展途上国で高い傾向にありますが、日本... 続きを読む

妊娠が分かる前に飲んだ薬の影響は? 飲んでも大丈夫な薬はある?

妊娠していると気付かずに、薬を服用してしまい、心配になる人も多くいます。妊娠中の薬の服用は慎重に行いたいものですが、実は多くの薬が心配のないもの。特に注意したい期間や、薬の種類をご紹介します。 妊娠4〜7週は特に注意
「絶対過敏期」 妊娠... 続きを読む

日本人がもともととってきた食歴

第1回
ダイエットへの第1歩はサプリメントの摂り方を知ること! 「何となくよくなったのはわかるけれど、何がよくなったのかよくわからない……」。 サプリメントを試したことのある人の大半はこんな感想を... 続きを読む

胃がストレスに弱い理由は? 胃を健康に保つにはピロリ菌対策が必要

胃は私たちに最もなじみのある臓器でしょう。食べたものが食道を通って最初に落ち着く場所、消化の第一段階を行うところ。これ以降のさまざまな臓器の働きはいま一つわかりにくいものがありますが、その点、胃の働きに対するイメージは比較的単純。また、「... 続きを読む