親知らずが生えたらどうすればいい? 抜いたほうがいい場合とは

問題が起こっているとき、起こる可能性が高いときは抜歯を

特に問題がなければ抜く必要はないが、生え方の異常で歯ブラシが届きにくく、さまざまな問題を起こしやすい

生える生えない、生え方、生える時期など、個人差が大きい親知らず

 大人になった頃、あごの一番奥に生えてくるいわゆる「親知らず」は、子どもの歯が生えてきたときのように喜ばれることもありません。反対に、「抜かなきゃいけないのか」と不安がられたり迷惑がられたりする始末。「腫れて痛い思いをした」とか「抜くのにひどく手こずった、1時間以上もかかった」などという声が聞こえてきますが、そもそも、親知らずとは抜かなければいけないものなのでしょうか?

 親知らずは、第3大臼歯(だいきゅうし)の俗称で、「智歯(ちし)」とも呼ばれます。前歯から第2大臼歯までの永久歯は、通常13歳くらいまでに生えそろいますが、親知らずはその後かなり間をあけて、多くは20歳前後に生えてきます。そこで、親に知られることがないとか、親は関知しないという意味で「親知らず」と名づけられたのだとか。

 親知らずの生え方には個人差が大きく、1本も生えてこない人もいれば、上下顎左右側に4本生えてくる人もいます。また、顎(あご)の骨の中に埋もれたままの人もいます。生えてくる時期も、おおむね17歳から30歳くらいまでと幅があります。

痛みや腫れ、う蝕(むし歯)など何らかの問題があれば抜歯が勧められる

 実は、親知らずでも抜かなくてもよいことはあります。たとえば、
●まっすぐに生えていて、歯磨きがきちんとできる
●顎(あご)の骨の中に完全に埋もれていて問題を起こしていない(図1、2)
●痛みや腫れ、う蝕(むし歯)などがない
●ほかの歯に悪い影響を及ぼしていない

 このような場合、抜歯の必要はなく、様子をみることになりますが、残念なことに全く問題がないというケースは少ないようです。

 現代人はあごが退化して小さい人が多く、最後に生えてくる親知らずに残されているスペースは十分ではありません。そのため、親知らずが、斜めや横向きに生えてきたり、歯の一部が歯肉(歯ぐき)に埋もれていたりしていることが多く、歯並びや噛かみ合わせに影響することがあります(図3)。
 また、親知らずは歯列の一番奥にあって歯ブラシが届きにくく、きれいに磨くことが難しいという問題があります。それに加え、上記のような生え方では手前の歯との間や歯と歯肉(歯ぐき)の間に食べかすがたまりやすく、清潔を保つことが難しいため、親知らずも、それと接している手前の歯も、う蝕(むし歯)や歯周病になりやすくなります(図2)。

 次のような場合は、抜歯が勧められることが多いでしょう。
●腫れや痛みがある
●斜めや横向きに生えている
●歯が歯肉(歯ぐき)に一部埋もれている
●親知らずまたは手前の歯がう蝕(むし歯)になっている
●歯肉(歯ぐき)に炎症が起こっている(図2 下顎左側親知らず)
●ほかの歯の歯並びや噛み合わせに影響している(図3) など

生え方によっては抜歯が大変なことも。親知らずが役立つ場合とは

 現在は特に問題がなくても、将来問題を起こす可能性が高い場合も、予防のため抜歯を勧められることがあります。特に妊娠中は歯のトラブルが起こりやすいため、妊娠前には親知らずを抜いておくよう勧められるかもしれません。

 親知らずの抜歯は、局所麻酔をして行います。抜歯にかかる時間は通常30分から1時間ほどですが、歯の生え方に問題がある場合は、歯肉(歯ぐき)の切開、歯や骨を削るといった処置が必要になる分、余計に時間がかかります。また、特に下顎(あご)の親知らずの場合、歯根が神経組織に接近または接触していて、抜歯の際に神経を傷めてしまうことがあります。
 上顎(あご)・下顎(あご)を問わず、親知らずの抜歯は、まずかかりつけの歯科医に相談し、かかりつけの歯科医での対応が難しい場合は、対応できる歯科大学の付属病院を紹介されることがあります。

 「やはり親知らずには出てきてほしくない」と思われたかも知れませんが、そんな親知らずが、ほかの歯の役に立つことがあります。
 一つは、手前の歯(第2大臼歯)が抜けてしまったときのブリッジの土台として。一番奥の歯が抜けてしまった場合、両隣の歯を土台にするブリッジはできませんが、その奥に親知らずが正常に生えていて、問題を起こさないと判断されるとき、親知らずをブリッジの土台として使用できる場合があります。また、矯正治療で、抜けた第2大臼歯のところに移動させて活用できる場合もあります(図4)。
 もう一つは、歯が抜けてしまった部分に自分のほかの歯を移植する「自家移植」という方法で、親知らずを移植できる場合があります。

 これらの方法が行えるのは、問題のない親知らずがある、歯が抜けた(抜けそう)、という二つが重なっているケースですので、当てはまる人は多くはないでしょう。でも、親知らずにもこんな利用方法があることを覚えておいたら、いつか役立つ日がくるかもしれません。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
稲垣 幸司先生


愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科教授
同大学歯学部歯周病学講座准教授
1982年愛知学院大学歯学部卒業。86年同大学大学院歯学研究科修了(医学博士)。同大歯学部(歯周病学講座)講師などを経て、2000~01年ボストン大学歯学部健康政策・健康事業研究講座客員研究員。05年愛知学院大学歯学部助教授、07年4月より現職。日本歯周病学会専門医・指導医、日本禁煙学会専門医、日本歯科保存学会認定医。日本歯科衛生学会、アメリカ歯周病学会、国際歯周病学会、日本骨代謝学会、アメリカ骨代謝学会など国内外の所属学会多数。歯周病と全身疾患、特に骨粗しょう症や糖尿病との関係に関する研究、脱タバコ教育、禁煙支援、未成年等における包括的タバコ対策に関する研究などを行う。

コラムに関連する病名が検索できます。

親知らずが生えたらどうすればいい? 抜いたほうがいい場合とは 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

1日5分でできる!歯ブラシで小顔になる方法とは

小さくきゅっとした顔。いわゆる小顔になるにはどうしたらよいのでしょうか? 1日たった5分でできる歯ブラシ小顔法、紐解いてみませんか? 1日5分でできる!歯ブラシで小顔になる方法とは 1日2回は最低行う 歯磨きは、1日2回は最低行うもので... 続きを読む

土台から叩き直す「形状記憶式」の小顔矯正【かけこみ寺サロン】

女性なら誰しも憧れる小顔。数ある小顔矯正サロンの中から今回ピックアップしたのは「形状記憶矯正」で人気の小顔スタジオ二子玉川店。“体が小顔を忘れない…”形状記憶の秘密に迫りました! 人間の体を家に例えたら、顔は「屋根 」!土台や柱がゆが... 続きを読む

大人の歯が抜けたときの対処法-放置は禁物・さまざまな治療法

スポーツや事故で歯が一部抜けてしまったとか虫歯が悪化して抜歯した、というようなとき、その後の処置をあなたならどうしますか?
もちろん、歯医者さんできちんと治療してもらうのが当たり前のことですね。
ケガなどで抜けてしまった健康な歯の場合... 続きを読む

【朝晩2回】気持ちいいとキケン!?肩甲骨をほぐすブリッジエクササイズ

背中が丸くなっていませんか?長時間デスクワークを行う人や運動量が少ない人ほど、体液循環が停り、代謝が低下しがち。肩甲骨を刺激して、代謝を高めましょう。肩甲骨をほぐして美ボディを実現!ブリッジエクササイズ 肩甲骨周りの筋肉をほぐして全身の... 続きを読む

力がなくても大丈夫-自宅でできる脚のツボとマッサージ方法

パートナーにやってあげて喜ばれる脚のマッサージ2回目の今回は、脚の側面のマッサージです。横向きに寝て上側の脚を曲げてもらうと、脚の側面内側も無理なくマッサージすることができます。パートナーがテレビを見ながら横向きに寝転んでいるときなどにや... 続きを読む

あなたは大丈夫?オーラルケア知識の間違い5つ

オーラルケアと言えば、口内の歯のケアのこと。最近ではオフィスに歯ブラシを持ち込んで、ランチタイム後にしっかり磨いている女性が増えました。けれど、それで虫歯が減ったのかといえばそうでもなく・・・。残念ながら、間違ったオーラルケアをしている... 続きを読む

大人の歯列矯正-矯正が必要な歯並びは? 治療にかかる期間など

歯並びやかみ合わせの悪さを正常に整える「歯列矯正(矯正歯科)」。女子マラソンのトップランナー・土佐礼子選手が、矯正装置を装着していたことをご存じの方もいるでしょう。歯列矯正は子どもに行うもの、というイメージが一般にあるかもしれませんが、最... 続きを読む

13歳年下の伯爵と熱愛中のケイト・モス

痩せた!太った!がすぐ話題になるハリウッド。 だからこそ、美しくなる方法を一番良く&いち早く知っているはず! 美しいセレブの秘訣をBe Dietロス特派員がリポート! 113 ケイト・モス Kate ... 続きを読む

これで歯医者いらず!お家でできる歯のホワイトニング方法

自宅でホワイトニングをするのなら、短期間で即効性を求めないことが重要です。いきなり真っ白になるというケースはほぼあり得ません。ホームホワイトニングはゆっくり時間をかける必要があります。地道に続けて、ゆっくり歯を白くしましょう。これで歯医... 続きを読む

ゆっくり噛んで味わうと記憶力UP? よく噛んで老化をスットプ

食べものを噛(か)むという行為は、文字通り食べものを噛み砕き、すりつぶして飲み込みやすくし、胃腸での消化・吸収を良くします。さらに、頭の働きも向上させるということをご存じの方も少なくないでしょう。好きなものを食べて満足し、おまけに頭の働き... 続きを読む