口唇ヘルペス-紫外線の浴びすぎで再発?赤ちゃんや病人との接触に注意

一度感染するとウイルスが体内に潜伏、免疫力の低下で再発も

感染力が強く、キスや頬ずり、タオルやグラスの共有でもうつる。抵抗力の弱い人にうつさないよう注意を

子どものころ感染し、大人になって初めて症状が出て再発をくり返す人も

 くちびるによく水ぶくれができるという方はいませんか? それはもしかしたら、口唇ヘルペスかもしれません。こういう人は、海や山へ出かけたりして紫外線にさらされやすい夏は、特に気をつける必要があります。
 口唇ヘルペスはくちびるや口の周りに小さな水ぶくれができる病気で、単純ヘルペスウイルスが原因で起こります。単純ヘルペスウイルスが起こす病気を単純ヘルペスといい、口唇ヘルペスのほか、角膜ヘルペス、性器ヘルペスなどがあります。

 単純ヘルペスのなかで最も多いのが口唇ヘルペスで、日本人の10人に1人がかかっていると推計されています。症状は出ていなくてもウイルスに感染している人はさらに多く、20~30代で約半数、60代以上ではほとんどの人が感染しているというデータもあります。
 以前は、多くの人が子どものうちに感染して免疫を持っていましたが、最近の若い人には、感染したことがなく免疫を持たない人が増えています。免疫があれば発症しても軽症ですみますが、大人になって初めて感染すると症状が重くなることがあります。
 子どもの場合は感染しても症状が出ないことが多く、大人になったころ初めて症状が出て、年に数回再発をくり返す人もいます。

 単純ヘルペスウイルスは、一度感染すると免疫ができたあともずっと体内に潜んでしまい、何らかのきっかけで再発するのが特徴です。ウイルスがじっと潜伏している間はヘルペスの症状は出ませんが、体の免疫力が低下したときなどに再び活性化して症状を起こすのです。しかも、何度も再発をくり返すのでやっかいです。

 たとえば、かぜで熱が出た、睡眠不足が続いた、疲れやストレスがたまった、けがをしたといったように、体力や免疫力が低下したときに症状が出やすくなります。冒頭にあげた「夏に海や山に出かけたとき」もそうで、強い紫外線を浴びることで皮膚の免疫力が低下してウイルスが活発になります。冬のスキーも同様です。
 紫外線が口唇ヘルペス再発のきっかけになることは意外に知られていないので、記憶に留めておいてください。

治療は抗ウイルス薬の服用が中心。体力を保ち免疫力を高める生活を

 口唇ヘルペスの症状は、初め口の周りの一部分がむずむずしたり、ぴりぴりとした痛みやほてりを感じ、そこが赤く腫れてきます。そしてその上に水ぶくれができて破れ、やがてかさぶたとなって1~2週間ほどで治っていきます。大人の初感染では発熱、倦怠(けんたい)感などの全身症状が出る場合もあります。

 治療は抗ウイルス薬の服用を中心に、状況に応じて痛み止めや抗生剤が用いられます。抗ウイルス薬はウイルスの増殖を抑える薬で、飲み薬と塗り薬があります。早く治療を始めるほど症状は軽くすみ、治りも早いので、早めに皮膚科を受診することをおすすめします。
 塗り薬の抗ウイルス薬には薬局で買えるものもあります。再発をくり返す人は、医師や薬剤師の指導の下、上手に利用するとよいでしょう。

 口唇ヘルペスの再発を防ぐためには、日頃から次のようなことを心がけ、体力を保ち免疫力を高めることが大切です。

●規則正しい生活を送る
●過労にならない
●バランスのよい食事をとる
●十分な睡眠・休養をとる
●適度の運動を習慣にする
●ストレスをためない
●強い紫外線を浴びすぎない

症状が出ているとき、赤ちゃんや病気の人との接触には十分注意する

 単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、水ぶくれに触れると簡単に感染します。キスや頬ずり、タオルやグラスの共有などでも感染するので、症状が出ている時期はこれらのことを避け、手をよく洗いましょう。
 相手が免疫を持っている場合は、発症しなかったり発症しても軽症ですみますが、免疫のない人に感染すると重い症状が出ることもあります。特に抵抗力が弱い赤ちゃんなどは重症化しやすいので、うつさないよう注意が必要です。

●重症化しやすいケース
 新生児:抵抗力が弱く全身に強い症状が出やすい。「ヘルペス性歯肉口内炎」を起こし、口の中に水ぶくれができて強い痛みと高熱を伴うことがある。

 アトピー性皮膚炎の人:もともと皮膚のバリアが低下しているため、症状が重くなりやすく治りにくい。アトピーの炎症が起きているときに再発したり人から感染すると、水ぶくれが体の広い範囲に広がることもあり、重症の場合は入院治療が必要になる。

 病気などで免疫力が低下している人:抗がん薬やステロイド薬、免疫抑制薬などを服用している患者さんなどは免疫力が低下しているため、感染しやすく症状も重症化しやすい。症状が出ているときのお見舞いは避けたい。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
漆畑 修先生


東邦大学医学部客員教授、宇野皮膚科医院院長
1973年東邦大学医学部卒業後、東邦大学医学部皮膚科教室入局。1978年より東邦大学医学部大橋病院皮膚科講師、准教授、皮膚科部長、院長補佐を経て、2007年4月より現職。医学博士、皮膚科専門医、温泉療法医。専門はヘルペスウイルス感染症、アレルギー性皮膚疾患、美容皮膚科学など。著書に『痛みを残さない帯状疱疹、再発させない単純ヘルペス』(メディカルトリビューン)などがある。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

子どもがかかりやすい夏風邪の予防と対処法-腹痛や下痢に注意

「かぜ」というと冬にかかるものというイメージがありませんか?
冬のあいさつ代わりの「かぜをひかないよう気をつけて」も、暖かくなるとほとんど使いませんね。
実際には、かぜは1年を通してみられます。夏にかぜをひくことも珍しくなく、冬にひくか... 続きを読む

美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?

ボイストレーナーとして、ビジネスマンや企業研修の場で、発声や話し方の指導を行う秋竹朋子さん。一児の母でもあり、子ども向けのリトミック教室も開くなど、エネルギッシュに活躍する秋竹さんのパワーの源は? 毎朝の深呼吸が免疫力アップのヒケツ ... 続きを読む

唇の筋肉「口輪筋」を鍛えると小顔と美肌が同時に叶う!

「くちびるエクササイズ」は、もともと鼻呼吸を意識できるようにすることや、歯周病予防のために宝田先生が編み出した表情筋を鍛える体操。くちびるを取り囲む筋肉である口輪筋(こうりんきん)にうまく負荷をかけると、つながっている他の表情筋も連動して... 続きを読む

帯状疱疹と単純ヘルペスの違いとは? ヘルペスの治療法

ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まった状態のことで、一般にヘルペスウイルスの感染によって発症する病気をさします。帯状疱疹(たいじょうほうしん)と単純ヘルペスに分けることができ、この二つはウイルスの種類が異なります。
帯状疱疹は、激しい痛... 続きを読む

中国茶の飲み方 ガラス器で飲む

目で楽しむならコレ! ガラスの器は必ず耐熱性のグラスを選ぶこと。温めるためのお湯を捨てる水孟がなければ、代わりに小鉢を用意すると便利 適した茶葉 白茶・黄茶・花茶 ガラス器での淹れ方 ... 続きを読む

笑いはお金をかけない究極の健康法 がん細胞を減少、免疫力UP

笑いが生活習慣病を防ぎ、免疫力をアップする。 よく笑う人は脳卒中や心臓病などのリスクが低く、長生きする傾向に。お金もかからずすぐできる究極の健康法。 笑いが健康にいいということは昔から言われていることですが、最近ではそれを裏付けるよう... 続きを読む

ステキな恋愛が免疫力を高める?-緊張とリラックスで活性化

ステキな恋をしていると免疫力が高まる!?
これは本当のことです。恋愛と免疫力という一見何の接点もないようなこの2つが、実は根本の部分で深くかかわっているのです。
白血球は、免疫系で重要な役割を果たしていますが、その免疫細胞の働きに大きな影... 続きを読む

季節の変わり目は熱中症に要注意! 危険な症状と予防法

また強い日差しが照りつける夏がやってきます。「真夏日」、「熱帯夜」とともに「熱中症」という言葉がニュースに頻出する季節です。この熱中症は、高温、高湿度の環境下で起こる、夏の代表的疾患のひとつです。
東京消防庁の調べによれば、熱中症... 続きを読む

過多月経の新しい治療法-子宮摘出をしない『MEA』とは

過多月経とは、月経の出血量が異常に多く、貧血を起こしたり、外出や仕事など生活に支障をきたす状態をいいます。実際には、患者さんが「月経量が多い」と訴え、そのために「全身がだるい」「動悸や息切れがする」などの自覚症状があり、検査で貧血と血色素... 続きを読む

「山ガール」入門-女性がハイキングに向いている理由とは?

休日の高尾山。中高年や家族連れに交じって、若い女性の姿もたくさん見かけました。おしゃれなウエアを着て、ハイキングを楽しむ女性たち。そんな彼女たちを「山ガール」と呼びます。主力は20~30代のアラサー女子。
山ガール出現の大きな一因は、ウ... 続きを読む