乳がんや子宮頸がんの検診のすすめ-若い女性に増えるがん

30代から増える乳がん、20代の発症が目立つ子宮頸がん

乳がん・子宮頸がんとも早期に治療すれば治る確率の高いがん。若いときから定期的な検診で早期発見を

女性にとって、がんは中高年の病気とはいえない

 1981年以降、日本人の死亡原因の第1位は悪性新生物、つまり「がん」です。30年以上にわたり、がんは日本人の死因トップの座を保ち続けているのです。平成24年のがんによる死亡者数は約36万790人、これは全死亡者の28.7%を占め、およそ3.5人に1人ががんで亡くなったことになります
 全死亡者のうちがん死亡者の割合は、20~24歳以降年齢が高くなるにしたがって高くなり、男性では65~69歳(50%弱)、女性では55~59歳(60%弱)でそれぞれピークとなっています。(厚生労働省 平成24年人口動態から)

 がん罹患率の年齢による変化をみると、がん全体では男女とも高齢になるほど高くなっていますが、増え方には男女差があります。男性は40歳代から増え始めて60歳代、70歳代と急増するのに対し、女性では20歳代後半からゆるやかに上昇を続ける傾向を見せています。そして、30歳代、40歳代ではがん罹患率は女性のほうがやや高く、60歳代以降は男性が著しく高くなっています。(国立がん研究センター がん情報サービス 最新がん統計から)
 また人間ドック受診者のデータから、男女ともに多い胃がんや大腸がん、肺がんなどが見つかる人は加齢とともに増えますが、女性に多い乳がんや子宮頸がんは40歳代で見つかる人が最も多いことがわかっています。(日本人間ドック学会 2012年人間ドックの現況から)。

 女性は男性に比べて、がんの死亡率、罹患率ともに若い世代で高くなっている傾向がうかがえます。がんというと中高年の病気と思われがちですが、女性の場合、それはあてはまらないようです。

乳がんも子宮頸がんも検診の有効性が高い。早期発見には検診を受けること

 日本人の女性がかかるがんで最も多いのは乳がんです。近年日本では乳がんにかかる人が急増し、現在年間6万人近い人が新たに乳がんと診断されています。年代別の罹患率は、30歳前後から増え始めて40歳代後半にピークを迎え、その後減少はするものの比較的高い水準で推移します。
 子宮頸がんは、近年若い世代でかかる人が増えており、現在年間約9800人が新たに子宮頸がんと診断されています。罹患率は20歳ごろから急増して、40歳代でピークに達し、その後横ばいと増減をくり返します。(国立がん研究センター がん情報サービス 最新がん統計から)

 乳がんも子宮がんも、早期に発見して適切な治療を行えば治る確率の高いがんです。そして、どちらもがん検診の有効性は非常に高いことがわかっています。検診で早期に発見することができれば、命が助かることはもちろん、乳房(子宮)を残すことも可能です。早期がんは自覚症状がほとんどないことが多いので、定期的に検診を受け、がんを早期に発見することが重要です。

誰もが検診を受ける機会を持っているはずだが、受診率は低い

 乳がん検診、子宮頸がん検診は自治体で実施しているほか、職場の健康保険組合などが実施する健康診断や人間ドックなどで受けることができます。
 乳がん検診では、一般的に視触診とマンモグラフィ検査が行われます。マンモグラフィは乳房専門のX線検査で、しこりができる前の病変(視触診ではわからない)まで発見することができ、早期発見に役立ちます。
 子宮頸がん検診では、子宮頸部から細胞を採取して顕微鏡で調べる子宮頸部細胞診が行われます。この検査では早期のがんや、異形成というがんの前段階の状態で発見することも可能です。

 厚生労働省は、乳がん検診は40歳以上、子宮頸がん検診は20歳以上の女性を対象に、それぞれ2年に1回検診を受けることをすすめています。自治体のがん検診は基本的にこれに沿って、検診費用の助成を行っていますが、中には対象年齢を広げているところもあります。職場の健康保険組合などでは、毎年の検診をすすめていたり、乳がん検診は、30歳代からの受診を助成していることもあります。問い合わせてみるとよいでしょう。

 このように、誰にも検診を受ける機会があるはずですが、検診を受ける人は多くありません。過去2年間に検診を受診した人の割合は、乳がん39.1%(40~69歳)、子宮頸がん37.7%(20~69歳)で、欧米に比べて2分の1程度と低く、国の目標である50%にも届いていません。(平成22年国民生活基礎調査から)
 自治体や職場で実施しているがん検診を利用すれば、無料または低額の費用で受けることができます。せっかくの機会を逃さないように情報をチェックして、積極的に受診しましょう。

 さて国が推奨する乳がん検診の対象は40歳以上ですが、前述したように乳がんは30歳前後から増え始めるため、本来はこのころからの受診が望ましいわけです。そこで、自治体や健康保険組合などによる乳がん検診費用の助成対象となっていなくても、自主的に30歳ころから乳腺の専門クリニックなどで検診を始めることは有意義です。また、遺伝性の乳がんなどでは20代でかかる人も見られますので、家族・親族に乳がんにかかった人がいる場合などは、20代の早い時期に検診を受けるとよいでしょう。
 医療機関での検診とは別に、20歳になったら、女性は月に1回乳房を自己チェック(自己検診)することもお忘れなく!

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

「検診は意味がない?」乳がん検診3つの疑問 自己検診だけじゃダメ?

北斗晶さんが乳がんを公表されて以来、乳がん検診への関心が高まっており、中には数ヶ月待ちの検診機関もあると聞きます。一方で、「検診は意味がない」「自己検診だけで十分」といった情報もネットなどで飛び交っていて、何が正しいのかわからず不安・・... 続きを読む

有名人のがんにまつわるニュースが多い?後悔しないためのがん検診のススメ

歌手のテイラー・スウィフトが自身のブログで、母親ががんと診断されたと発表しました。クリスマスプレゼントとして贈った健康診断を受けたところ、がんが発見されたそうです。プライベートなことなので病気の詳細は書かれていませんが、彼女の母親から... 続きを読む

20〜40歳代女性に急増している子宮内膜症

子宮内膜症は進行性の病気

子宮内膜に似た組織が腹膜や卵巣など子宮以外の場所で増殖する病気。
子宮内膜症 - goo ヘルスケア

子宮内膜症は、子宮内膜組織が、子宮内腔以外のところで増殖し続ける、進行性の病気です。内膜症の細胞... 続きを読む

そろそろ「がん検診」を受けよう-受診の目安と検査方法

9月はがん征圧月間です。この四半世紀、がんは日本人の死亡原因の第1位。戦後がんの死亡者数はずっと増え続け、今年の6月に厚生労働省が発表した「平成18年人口動態統計の概況」によると、昨年は全死亡者の約3割にあたる33万人近くががんのために亡... 続きを読む

女性の人生設計は30歳までにしたい!その理由とは

新型出生前検査で「陽性」判定を受けた妊婦さんの83%が、中絶という選択をしたというニュースが報道されました。この数値に、複雑な心境になった方は多いのではないでしょうか? 新型出生前検査はなぜ注目されているのか? 日本では2013年4... 続きを読む

患者と家族のためのがん情報サービスって?「患者必携」で正しい情報を

がんという診断を受け止めることは、大きなストレスをもたらします。不安で怒り散らしたり、どんなことにも否定的になることもあります。しかし、がんはもはやめずらしい病気ではなくなってきています。日本では2人に1人ががんにかかる今、「情報をバラン... 続きを読む

若い女性に急増している子宮頸がんの予防法

20代~30代の若い女性に急増

子宮頸部の上皮(粘膜)から発生するがんのことを子宮頸がんといいます。
子宮頸がん - goo ヘルスケア

子宮頸がんは、子宮頸部に発症する女性の病気です。1年間で子宮頸がんと診断される女性は、... 続きを読む

出産育児一時金とは? 産科医療補償制度・直接支払制度も確認して


出産には思いがけず多額の費用がかかります。正常な出産は病気ではないため、公的医療保険が適用されず、全額自己負担となるためです。初めて出産される方は、かなりの出費に驚かれるかもしれません。
それでは、出産にはどれくらいのお金がかかるの... 続きを読む

子宮頸がん検診の重要性-痛みのない検査で早期発見ができる

最近、予防ワクチンや病名の呼び方のことなど、新聞、雑誌、テレビなどで子宮頸がんの話題が取り上げられることが増えています。
「子宮がんと呼ばないで」という新聞の見出しに「どういうことだろう?」と興味をひかれたり、「じゃあ、何と呼ぶのだろう... 続きを読む

子どもの医療費を自治体が負担 乳幼児医療費助成

乳幼児医療費助成とは?
医療機関で診療や治療を受けた場合、医療費に対して小学校入学前までは2割、入学後は3割が自己負担となります。しかし乳幼児は医療が必要になる頻度が多く、感染症などの進行が早いことから、家庭の経済状況に関わらず早期に必... 続きを読む