パニック障害、13の症状でセルフチェック-動悸・発汗・胸痛など

若い女性に多く、ストレスや過労が引き金になることに注意

発作をくり返すうちに不安や恐怖が高まり、行動が制限されることも。早めの治療で悪化させないことが大切

特別な理由もなく突然激しい動悸や息苦しさを感じ、強い恐怖を感じる

 特別な理由も何の前触れもなく、突然激しい動悸(どうき)や息苦しさに襲われ、死ぬかと思うような恐怖を感じる……。そんな症状をくり返すなら、それはパニック障害(パニック症)かも知れません。

 車にひかれそうになった、高いところから落ちそうになったというようなとき、誰でも心臓がドキドキしたり、体がガクガクして一時的な「パニック状態」に陥ります。これは身に迫った危険に対応しようとする自然な反応ですが、パニック障害では明らかに危険のない状況で突然「パニック発作」を起こします。発作は、部屋でリラックスしているときや、睡眠中にも起こることがあります。
 パニック発作では、次に挙げるようにさまざまな症状が見られます。

 ただし、これらの症状は体の病気やほかの精神疾患によって起こることもあるため、まずそれらによるものではないことを確認した上で診断が行われます。

パニック発作を放っておくと、悪化して外出できなくなることも

 パニック障害は不安障害(不安症;異常なほど不安を感じてしまう病気)の一つで、100人に2~4人の割合で見られる、決して珍しい病気ではありません。患者さんは女性が男性の2~3倍と圧倒的に多く、特に20代と30代にピークがあります。まだまだ男性優位の社会で、仕事に家事、育児、介護など女性の負担は重くなりがちです。それに加えて、月経、妊娠、出産などによるホルモンバランスの変動なども影響していると考えられています。
 直接の原因ではありませんが、ストレスや過労、睡眠不足などが病気の引き金になることが知られています。感受性が強い、完璧主義など、ストレスをためやすい人は要注意です。

 初めてパニック発作を起こしたとき、患者さんの多くは心臓発作などを疑って救急車で病院にかけつけますが、病院に着くころには症状はほとんど治まっていて、検査しても発作の原因となる問題は見つかりません。

 しかし、体の異常がないからと放っておくと、パニック発作をくり返し、また発作が起きるのではないかという不安が生じ、不安は発作を起こすたびに高まっていきます(予期不安)。
 やがて「広場恐怖」といって、人ごみ、エレベーターや電車の中など、パニック発作を起こしたとき「逃げることができない」、「誰にも助けてもらえない」、「逃げたら恥をかいてしまう」ような場所や状況を恐れ、そういう場所や状況を避けるようになります。重症になると広場恐怖の対象は徐々に増えていき、やがて外出もままならなくなってしまいます。

 このように、パニック障害が自然に治ることはなく、放っておけば悪化してしまいます。パニック発作自体は何もしなくても短時間で収まりますし、薬で早く抑えることもできますが、予期不安や広場恐怖は短期間では治せず、重症化するとうつ病やほかの不安障害を伴うリスクが高まります。

 パニック発作を起こしたら早めに精神科の専門医を受診し、予期不安や広場恐怖まで悪化させないうちに治療を行うことが大切です。

治療は薬物療法が中心。長引くときは精神療法が併用される

 パニック障害は、脳内の神経伝達物質の働きに異常が出るため起こると考えられ、危険が迫っていないのに、脳内の「危険」や「不安」を知らせる部位が活発になるためではないかと推測されています。

 治療には脳内物質のバランスを整える薬(抗うつ薬や抗不安薬)などを用います。発作が抑えられても、予期不安や広場恐怖が長引く場合は、精神療法を併用することがあります。精神療法では、誤った認知(思い込み)を正しい認知に修正することで不安や恐怖を感じさせなくする「認知行動療法」、気持ちをリラックスさせる「自律訓練法」などが行われます。

 適切な治療とともに、日常生活では十分な睡眠・休養をとって過労を避け、積極的に気分転換を図るなどしてストレスをためないことが大切です。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
山田 和男先生


東京女子医科大学医学部教授
東京女子医科大学東医療センター精神科部長
慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部東洋医学講座専任講師、山梨大学医学部精神科神経科講師、東京女子医科大学東医療センター心の医療科准教授などを経て、現職。精神保健指定医。専門研究分野は臨床精神薬理学。日本臨床精神神経薬理学会評議員、日本うつ病学会評議員、日本精神科診断学会評議員、日本東洋医学会参事などをつとめる。一般書に『月経の前だけうつ病になってしまう女性たち』、『ササッとわかる「パニック障害」に気づいて治す本』(共に講談社)、『最新版 パニック障害の治し方がわかる本』(主婦と生活社)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

パニック障害の症状と治療法-動悸や息苦しさ不安を感じたら

突然、心臓がドキドキしてきて、息苦しくなってきた。ふらつきも感じるし、不安でたまらない。これはいったいなんだろう・・・
動悸、息苦しさ、冷や汗、ほてり、手足の震え・痺れ、吐き気、めまい、ふらつきなどのうち幾つかが同時に襲ってくる。
今にも... 続きを読む

心の中の不安や葛藤が招く「不安障害」-不安がある人の言動とは

人間の心に不安や葛藤はつきものです。ましてやストレスの多い現代社会に生きる者にとって、なんの不安も抱えずに一生を過ごすことは不可能といってもいいのではないでしょうか。仮に「自分には、不安というものがまったくない」という人がいたとしても、そ... 続きを読む

わたしは入れる?パニック障害の場合

パニック障害にはどれくらいの治療費がかかる?
パニック障害の場合、個人の状態に合わせて薬物治療やカウンセリングなどが行われます。症状の程度によって、治療方法や治療期間が異なるため、治療費の予測ができないのが現状です。基本的な治療は健康保... 続きを読む

脳内から変えるハッピー脳ダイエット

ハッピー脳
ハッピー脳ダイエットをご存知でしょうか。
ハッピー脳ダイエットは、モデルの仁香さんが提唱したダイエット法です。
仁香さんは、ファッション雑誌で活躍する人気モデルですが、そんな仁香さんも、ストレスからものすごく太ってしまっ... 続きを読む

便秘がちな女性は痔になりやすい? 予防と治療に一番良いこと

痔(じ)は「お尻のかぜ」と言われるくらい誰でも普通にかかる病気。日本人の3人に1人が「痔主」と言われています。痔の最大の原因といえば便秘ですが、女性には便秘の人が多いため、たくさんの女性が痔に悩んでいます。しかし場所が場所だけに、「もしか... 続きを読む

流産を何度も繰り返すのは不育症かも-不育症は治る?治療法は

妊娠はしても、流産や死産をくり返して、赤ちゃんの誕生に恵まれない状態を不育症といいます。流産は珍しいことではなく、1回の妊娠につき、妊娠した人全体の約15%は流産を経験しているといわれています。流産率は女性の加齢とともに高まり、35歳で約... 続きを読む

メタボは「肝臓がん」を引き起こす引き金に

こうしてメタボがガンを引き起こす

脂肪(特に内臓脂肪)が増えると、インスリンの働きを抑える物質が血液中に増え、インスリンの働きがいっそう低下します。するとブドウ糖があふれて高血糖が進み、働きの悪さを量でカバーするためにインスリンが増... 続きを読む

驚いたときに腰が抜けるのはなぜ? 力が入らなくなるメカニズム

「驚いて腰を抜かす」とよく言いますね。ひどく驚いた様子のたとえとして用いられる表現ですが、本当に“腰が抜けた”状態になることもあるのです。この場合の抜けるとは、腰の骨が脱臼(だっきゅう)することではなく、腰や脚(下半身)に力が入らなくなっ... 続きを読む

注目ワードコラム [読めなくて恥をかいたブランド名]

注目ワードコラム 読めなくて恥をかいたブランド名 雑誌でよく目にする馴染みのブランド名でも、いざ声に出そうとしたらその読み方がわからなくて困ったという経験はないでしょうか。名前を間違えて覚えていたり、変なア... 続きを読む

パニック障害とうつ病は併発しやすい? 関係性と5つの予防リラックス法

女性の発症率が高いパニック障害。ほかの精神障害との関連も深いこの病気は、重症になると外出ができなくなるなど、生活や仕事の支障になります。パニック障害についてと、その対処法についてまとめました。 心臓の発作と不安感が同時に押し寄せる 芸... 続きを読む