家の中のカビ菌は水回りだけではない? エアコンのカビが肺炎を招く?

靴箱や掃除機も要注意!アレルギーの原因になるカビの対処法

家の中のカビがぜんそくやアレルギー性肺炎を引き起こす! カビ予防のポイントは換気と除湿、こまめな掃除

水回りだけではないカビの棲家

 じめじめして蒸し暑い梅雨どき、高温多湿を好むカビにとって家の中は絶好の環境となります。カビは微生物の一種できのこや酵母など真菌類の仲間。しょうゆやみそ、酒をつくるうえで欠かせない有用なカビから、健康被害をもたらすものまで、さまざまな種類があります。

 家の中のカビというと、浴室・洗面所やキッチンなど水回りが気になると思いますが、カビはリビングや寝室、クローゼット、押入れ、靴箱など、家中あらゆる場所にひそんでいます。エアコンや加湿器、掃除機、カーテンやカーペット、布団やベッドのマットレスなども要注意です!

家の中に繁殖するカビがアレルギー性疾患の原因に

 カビの胞子は空気中をふわふわと漂っていて、これを吸い込むことでぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患をひき起こすことがあります。
 ぜんそくの主なアレルゲン(アレルギーの原因)はダニですが、カビはダニのえさとなってダニを増やし、ぜんそくのリスクを高めることに。

 あまり知られていませんが、カビがアレルギー性の肺炎を引き起こすこともあります。なかでも日本で多いのが「夏型過敏性肺炎」。これは、家の中で繁殖したトリコスポロンというカビの胞子をくり返し吸い込むことで発症する病気で、高温多湿の夏季を中心に多くみられます。症状はせきや発熱、息苦しさなど、夏かぜと間違われやすいので注意が必要です。

 毎年夏だけ同じ症状が出たり、夏でも旅行などで家を留守にする(カビのある環境から離れる)と症状が治まるなどの特徴があれば、「夏型過敏性肺炎」かもしれません。
 この病気を放置すると症状が慢性化する恐れがあります。そうなると肺の機能が徐々に低下して家から出ても症状が治まらなくなり、やがて呼吸不全を起こすこともあるため、早めの治療と予防対策が必要です。

カビはほこりの中にもいっぱい! こまめな掃除でほこりを取る

 カビによるアレルギー性疾患を防ぐには、原因となるカビを除去し、生やさない、増やさないことが大切。まず水回りなどの目に見えるカビは、いつもの洗剤やカビ取り剤、アルコールなどで取り除きます。カーテンにカビが生えていたら洗濯しましょう。
 カビはほこりの中にもたくさん混ざっています。こまめに掃除機をかけたり拭き掃除をしてほこりを取り除くことが大切です。

 水回りや寝室、押入れ、クローゼット、靴箱などの具体的なカビ対策、掃除方法はこちらをご参照ください「カビ対策にもおすすめ 梅雨入り前の大掃除」。

エアコンフィルターの掃除は定期的に

 カビを生やさないため、家の中の風通しをよくして除湿、乾燥を心がけましょう。お天気の良い日は窓を開けて空気を入れ替えればよいですが、梅雨どきはエアコンの除湿機能などを上手に利用しましょう。

 しかし、エアコン内部もカビが生えやすい場所です。エアコンは季節の使い始めはもちろん、定期的にフィルター掃除を。こまめに掃除機でホコリを吸い取り、月に一度は洗剤で水洗いして、しっかり乾燥させてから戻しましょう。エアコンをつけたときかび臭いと感じるようなら、専門業者にクリーニングしてもらうとよいでしょう。

 ほかに、入浴後は浴室の水気を拭き取って換気扇を回す、調理中は換気扇を回す、調理後は調理台やシンクの水気を拭き取ることなども、湿気を防いでカビ予防に役立ちます。
 雨に濡れた傘は外で乾かしてからしまう、脱いだ靴は乾いてから靴箱にしまうことなども大切です。

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ジメジメムシムシ。心にもカビが生えてきそうでイライラ。この時期はダイエットに向いてないの?

ココロIQを高める!~今回の解説~ Q. ジメジメムシムシ。心にもカビが生えてきそうでイライラ。この時期はダイエットに向いてないの? A. YES&NO……梅雨時のイライラは、環境ストレスが陰の犯人。... 続きを読む

大掃除は梅雨入り前がベスト? 浴室、寝室、クローゼットのカビ対策

風薫る5月、深緑の戸外が気持ちいい季節ですが、今度の週末は家の大掃除というのはいかがでしょうか。日本では暮れの大掃除が年末行事のようになっていますが、欧米では春から初夏にかけて大掃除をするのが一般的だとか。
気温が低い冬は窓を開けて換... 続きを読む

暑さを我慢するよりはエアコンでちゃんと冷やした方がいいんですよね?

カラダIQを高める!~今回の解説~ Q. 暑さを我慢するよりはエアコンでちゃんと冷やした方がいいんですよね? A. NO……冷やしすぎは、カラダ的にもエコ的にもNGです。
暑さが厳しく... 続きを読む

ふとんのカビ・ダニ対策-掃除機を活用すれば花粉も除去できる

忙しい毎日を送っていると、ふとん干しなどの手入れが、つい後回しになってしまいがち。
でも、気をつけて!
日ごろ使用しているふとんには、室内を漂うほこりやカビの胞子、ダニ・ダニのフン、花粉などのハウスダストが付着しています。これらはアレル... 続きを読む

大掃除に役立つとっておきの掃除方法-家の中の場所別・掃除の仕方

年の瀬も押し迫ってきました。そろそろ一年の汚れを落とす、大掃除のシーズンです。
「面倒くさいなぁ…」と思っている人もいるでしょうが、大掃除は新年に年神さまをお迎えするうえで欠かせないもの。また、かけがえのない健康を守るうえでも、大掃除は... 続きを読む

掃除機をかけながら 掃除機ひざ揺らし [1グループ・軽い全身運動]

●1分間の消費カロリー:4.5kcal ●1度に行う目安:1秒に2回のペースで30秒×2回 ●ながらチャンス度:★★ 毎日の掃除機がけに「うんざり」というときは、まずは1分間、ダ... 続きを読む

腰回りを引き締めるオチョダイエット

オチョ
オチョダイエットは、簡単な腰回りの運動をするだけで痩せられるダイエット法です。
オチョとは、スペイン語で「8」のこと、オチョダイエットとは腰を8の字を描くように動かす運動なんです。
オチョダイエットの提唱者は、俳優でありなが... 続きを読む

落ちづらい腰の肉を落とすには?効果的な筋トレで腰回りすっきり

腰回りのお肉は落としにくいと言われていますが、ウエストからヒップにかけて寸胴だ、という女性は数々います。 そんな女性が腰回りをスッキリさせるために筋トレを開始しようと思ったら、どんな筋トレが効果的なのでしょうか? 落ちづらい腰の肉を落と... 続きを読む

水虫の正しい知識 Part5-増える女性の水虫、ケアの仕方とは

水虫は中年男性だけがかかるものと思っている方はいませんか。
2004年の12月にヤンセンファーマが首都圏在住の20~30歳代の働く女性519人に、インターネットを通じてアンケート調査を行ったところ、11.2%が「水虫と病院で診断されたこと... 続きを読む

親の喫煙が子どもの健康に与える恐い影響

毎年5月31日は、WHO(世界保健機関)が定める世界禁煙デーです。2008年は、若者がタバコの常習使用者になることを防ぐために、「若者へのタバコの売り込みをやめさせよう」というテーマが掲げられました。
わが国では、未成年者の喫煙防止の... 続きを読む