女性の片頭痛は男性の4倍! 原因は女性ホルモンの変動?

女性ホルモンと深い関係。20~40代に多く妊娠中は少ない

日常生活に支障をきたす強い痛み。予防は頭痛の誘因を避けることが第一、ストレスをためず規則正しい生活を

片頭痛は女性に多く男性の4倍も!

 原因となる病気がなく頭痛をくり返すことを慢性頭痛といいますが、慢性頭痛のなかでも特に女性に多いのが「片頭痛」です。片頭痛はズキンズキンと脈打つような強い痛みが特徴で、こめかみから目のあたりにかけて強い頭痛が数時間から2~3日も続きます。

 「片頭痛」といっても頭の両側が痛む人も40%ほどいて、吐き気や嘔吐(おうと)を伴ったり、光や音に過敏になることもあります。また、頭を振ったり体を動かすと痛みがひどくなるため、頭痛が起こると寝込んでしまう人が多く、仕事や日常生活への影響が大きい頭痛といえます。

 頭痛の前にキラキラ光る点やギザギザ(前兆)が見える人もいますし、生あくびや肩・首のこり、手足のむくみ、疲労感や空腹感などの症状(予兆)が1~2日前からみられる人もいます。

 日本には片頭痛に悩む人が約840万人いるといわれますが、特に多いのは20~40代の女性で、女性が男性の4倍と圧倒的に多いのが特徴です。なぜ「片頭痛」は女性に多いのでしょうか?

女性ホルモンの変動が大きくかかわっている

 片頭痛の原因はまだよくわかっていませんが、脳の血管の周囲にある三叉(さんさ)神経が何らかの刺激を受けることで神経伝達物質が分泌され、その結果頭の血管の拡張と血管周囲の炎症が起こり、痛みを起こすと考えられています。

 そして片頭痛の発症には女性ホルモン、なかでもエストロゲンの変動が大きくかかわっています。
 実際、エストロゲンが急激に減少する月経直前から月経3日目までの間や排卵日周辺に片頭痛の発作を起こす人が多いこと、エストロゲンの分泌が多い妊娠中は発作が減少し、出産後に再発する人が多いことなどが知られています。
 閉経以降は、片頭痛は少なくなるものの、完全になくなるというわけにはいかないようです。

 また、片頭痛と遺伝との関連も指摘されており、特に母親に片頭痛がある場合娘の約70%に遺伝するといわれています。このことも、女性に片頭痛が多い理由の一つになっています。

 月経に伴って起こる片頭痛は症状が重いことが多く、市販薬では効果が出にくいので、早めに医師に相談することをおすすめします。

何が片頭痛の誘因かを知り、それを避けることが予防の第一

 片頭痛の誘因は女性ホルモンだけではありません。ストレスがかかったときや緊張から解放されたときに片頭痛が起こるという人も多いですし、睡眠不足や寝すぎ、気候、アルコールなども片頭痛の誘因になります。

●片頭痛の代表的な誘因
・ストレス、ストレスからの解放(週末など)
・睡眠不足、寝すぎ、昼寝、過労など
・気圧や気温の急変、香水などのにおい、強い光、騒音、人込み、旅行など
・アルコール
・カフェインのとり過ぎ、空腹など

 自分にとって何が頭痛の誘因となるかを知っておけば、それを避けることで予防につなげることができます。また、日頃からストレスをためないこと、食事を3食きちんととって規則正しい生活をすることも大切です。

セルフケアで対処できない場合は早めに受診を

 片頭痛が起こってしまったら、暗い静かな部屋で横になったり、こめかみなどの痛む場所を冷たいタオルなどで冷やすと、痛みを和らげる効果があります。また、痛み出したときにコーヒーなどでカフェインをとると、血管が収縮して痛みが和らぐことがあります(とりすぎは逆効果に)。

 頭痛の回数が少なく、市販の頭痛薬を飲めば1~2時間で治る人はそれで問題ないでしょう。しかし、発作が頻回でその都度市販薬を飲んだり、痛みが起きるのが不安で薬を飲む回数が多くなる場合は、薬の使い過ぎによる「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」が起こる恐れがあります。
 週2日以上市販薬を飲んでいる人や、市販薬では効果がない人、痛みが強い人は、早めに頭痛外来や神経内科、脳神経外科などを受診しましょう。

 医療機関では、拡張した血管を元の状態に戻し三叉神経の興奮を抑えるトリプタンという薬が主に使われます。また、頭痛の回数が多い場合は、脳の神経細胞の興奮を抑えて頭痛が起こらないようにする予防薬が使用されます。予防薬にはカルシウム拮抗薬やβ遮断薬、抗てんかん薬などがあり、最低2~3カ月間、継続的に使用して効果をみます。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
五十嵐 久佳先生


富士通クリニック 頭痛外来
北里大学医学部 客員教授
1979年北里大学医学部卒業。神経内科へ入局し、頭痛の臨床と研究に携わる。1989年にイギリスへ留学。現在は富士通クリニック(月・火)、東京クリニック(水)で完全予約制の頭痛外来を担当している。大の犬好き。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

市販薬解禁!ロキソニンの現状は?

ロキソニンとは?

体内で炎症・痛みの原因となるプロスタグランジンの生成に関与する酵素シクロオキシゲナーゼを阻害することで,解熱・鎮痛・抗炎症作用を示す薬です。
ロキソニンの詳細- goo ヘルスケア

ロキソニンは。解熱鎮痛剤... 続きを読む

市販薬でも要注意!かぜ薬や解熱剤の副作用で重症化のキケン

薬局などで売られている市販薬(一般医薬品)は誰でも手軽に買えるため、「用量・用法さえ正しければ大丈夫」だと考えられています。しかし、市販薬であっても重篤な副作用の危険があることを知っていますか? 消費者庁では、4月8日に市販薬の副作用... 続きを読む

頭痛には3つのタイプがある-自分のタイプを見極めて適切な対処を

日本では、およそ4000万人もの人が慢性頭痛に悩まされているといわれます。慢性頭痛とは、精密検査を受けてもはっきりした原因や異常が見つからないのに、くり返し起こる頭痛のことをいいます。命に別状はないものの、放置すれば生活の質(QOL)を低... 続きを読む

脂肪を燃焼するカフェインダイエット

カフェイン
コーヒーや緑茶などに含まれているカフェインは、ダイエット時の強い見方となってくれます。
カフェインには脂肪燃焼を促す効果と、脂肪の分解を促進する効果があるんです。
カフェインを運動前に飲んでおくと、運動中の脂肪燃焼効果が... 続きを読む

注目ワードコラム [週末の「寝だめ」で睡眠不足は補えるの?]

注目ワードコラム 週末の「寝だめ」で睡眠不足は補えるの? 連日の残業で寝不足。どうにか這いつくばって出勤したものの目の下にはクマ、重要な会議中などところかまわずに襲い掛かる睡魔。ああ寝たい…
あの大御所お笑い... 続きを読む

美しく痩せるためのカギ!エストロゲン

きれいに痩せることが永遠の課題
これまでダイエットが肉体と精神に及ぼす悪影響を述べてきました。
第一に女性の生殖機能が犠牲にされることを述べたと思います。これは生物はまず、生殖よりも命の存続... 続きを読む

何度も確認したくなる、不安がつきまとう…強迫性障害の症状とは

家を出たあとで「鍵をかけ忘れたかもしれない」「ガスコンロの火を消し忘れたかもしれない」などと気になって引き返す。こんな経験は誰にでもあるでしょう。
しかし、一度確認をして再び家を出たあと、今度は「確認したとき無意識にかぎを開けてしまった... 続きを読む

バセドウ病はなぜ若い女性に多いの? 主な症状と治療法

バセドウ病は20~30歳代の若い女性に多い病気です。ちょうど就職、結婚、妊娠、出産など人生の大きな節目となるできごとが重なる年代で、それが病気の発症に深くかかわっていたり、治療を受けるうえで大きな不安材料になったりしています。なかには、バ... 続きを読む

腹痛の原因となる病気 3-ストレスで悪化する過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、腸の検査や血液検査をしても異常が認められないのに、腹痛や下痢・便秘などの便通異常を中心とする消化器症状が長く続く病気です。ストレスが症状を悪化させる要因となり、日本を含む先進国で多くみられます。
日本人の10~15%が... 続きを読む

肝斑は女性ホルモンと関係している!

肝斑の症状とは?

皮膚、特に顔面にできる褐色の斑紋。女性に多い。しみ。
「肝斑」の意味 - goo辞書


基本的には30歳代~40歳代の女性。
肝斑とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

肝斑は... 続きを読む