赤ちゃんが罹る「川崎病」ってどんな病気? 主な6つの症状

全身の血管に炎症が起こり、まれに心臓に後遺症を残すことも

後遺症を防ぐにはできるだけ早い入院治療を。高熱と目や口、手足の発赤、首のはれに気づいたらすぐ小児科へ

乳幼児がかかる原因不明の病気「川崎病」が急増している

 「川崎病」という病気を知っていますか? 正式名称は「小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群」といいますが、1967年に川崎富作博士が世界で初めて報告したことから、博士の名をとって病名がつけられました。

 この病気は全身の血管に炎症を起こし、重症の場合は心臓の血管に後遺症が残ることがあります。0歳と1歳を中心に4歳以下の乳幼児がかかりやすく、女の子より男の子にやや多くみられます。
 原因はまだよくわかっていませんが、何らかの病原菌の感染に対して起こった免疫反応によって、全身の血管に炎症が起こるのではないかと考えられています。また、発症には体質が関係することもわかっています。

 この川崎病の患者数が近年急増しています。1982年と1986年に大きな流行があった後、1990年代半ばから増加傾向が続き、特に2000年以降急増しているのです。
 2000年に約8,300人だった患者数が、2005年には10,000人を超え、2010年12,800人、2012年14,000人となっています。2012年の患者数は、大流行のあった82年の15,600人に次いで多く、0~4歳の罹患率では過去最高となりました。

主な症状は高熱、目や口、手足の発赤、発疹、首のはれなど

 川崎病の主な症状は次の6つで、この症状が続く間を急性期といいます。

(1)高熱が通常は5日以上続き、解熱薬があまり効かない。
(2)両側の白目が充血して真っ赤になる。目やにはでない。
(3)くちびるが赤くなり、舌の表面にイチゴのような赤いブツブツができる。
(4)手足や体に大小さまざまな形の発疹ができ、かゆみを伴うこともある。
(5)手足が硬くはれ、手のひらや足の裏が指先まで赤くなる。熱が下がるころ指先の皮膚がむける。
(6)首のリンパ節がはれて痛くなる。

 これらのうち5つの症状があれば川崎病と診断されますが、症状が出そろわない場合もあります。ほかにも、腹痛や下痢、黄疸(おうだん)、関節痛、頭痛、けいれんなどの症状がみられることがあります。

怖いのは心臓の血管にこぶができて心筋梗塞を起こす恐れがあること

 川崎病で怖いのは、心臓の筋肉に酸素や栄養を送っている血管(冠動脈:かんどうみゃく)に炎症が起こって、冠動脈瘤(りゅう)というこぶができること。
 ごくまれですが、大きなこぶができると血管が詰まりやすくなり、心臓へ十分な血液が送られなくなると、乳幼児でも心筋梗塞を起こす恐れがあるのです。

 急性期にはほとんどの患者で冠動脈に炎症を起こしていて、炎症がある程度以上強くなると冠動脈瘤ができ、それ以下の場合はそのまま治っていくと考えられています。
 治療の進歩によって冠動脈瘤が生じる子どもは減っていますが、冠動脈に後遺症をきたす割合は全体の約3%といわれています。

炎症を抑え、冠動脈瘤をできにくくする治療を行う

 川崎病は急性期の炎症が強かったり、10日以上発熱が続いたりすると冠動脈瘤ができやすくなるといわれています。そのため、できるだけ早く炎症を抑える必要があります。

 そこで早期に、炎症を抑えるアスピリンや、冠動脈瘤をできにくくさせるといわれる免疫グロブリン(血液製剤の一種)の大量投与を行い、冠動脈瘤の発生予防を図ります。
 重症例では免疫グロブリンが効きにくいことがあるため、免疫グロブリンとステロイド薬の併用療法が行われ、冠動脈瘤の発生率を低下させる効果が認められています。

 こうした治療は入院して行いますが、冠動脈瘤は症状がなくなったあとに生じることもあるため、退院後も定期的に心臓の検査を受ける必要があります。
 もしも冠動脈瘤ができてしまった場合は、症状に応じた治療と定期的な検査が必要で、運動が制限されることもあります。血管が詰まる可能性が高い場合は、カテーテルを使った治療や血管バイパス手術などが行われています。

高熱が続き目や口が赤くなったら必ず小児科へ

 心臓の後遺症を防ぐためには、できるだけ早く入院治療を受けることが大切です。それには川崎病の特徴的な症状を見逃さず、必ず小児科を受診すること。
 高熱が続いて機嫌が悪い、目や口、手足が赤い、首がはれて痛がるなどの症状があったら、迷わず小児科を受診してください。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
樋浦 誠先生


新潟医療生活協同組合木戸病院 小児科部長
 

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

1日に飲んで良いアルコールの量-飲みすぎ・食べすぎを防ぐコツ

12月から1月にかけて、パーティーや忘年会、新年会など、お酒を飲む機会が続きます。飛ぶように出ていく財布の中身も気になりますが、飲みすぎによる二日酔い、肝臓へのダメージ、エネルギーのとりすぎによる太りすぎにも注意が必要です。
意外にこう... 続きを読む

あなたは大丈夫?歯周病が分かる10個のチェックポイント

歯周病は、歯ぐき(歯肉)など歯を支える歯周組織が歯周病菌による炎症で徐々に破壊されていく病気の総称で、成人の抜歯原因の第1位です。虫歯と違って痛みなどの自覚症状がほとんどなく、見た目でも進行がわかりにくいため、気がつかないうちに抜歯が必要... 続きを読む

この症状、もしかしたら脳卒中?まずは正しい知識を身につけて

脳卒中が大部分を占める脳血管疾患の患者数は、約134万人(厚生労働省2008年患者調査)。がん、心疾患に次いで、日本人の死因の第3位を占め、年間約12.8万人(厚生労働省2008年人口動態統計)が亡くなっています。高齢者のますますの増加、... 続きを読む

いつでもどこでも指先運動ダイエット

指先運動
手持無沙汰な通勤途中の電車の中や、誰かを待っている間など、ちょっとした時間にダイエットをすることが出来れば、無駄な時間の有効活用になりますよね。
指先運動ダイエットは、いつでもどこでも、空いた時間に出来るダイエット方法です。... 続きを読む

マイコプラズマ肺炎とは? 風邪と見分け難い、症状や治療法など

肺炎というと、お年寄りがかかると命取りにもなりかねない病気ですが、マイコプラズマ肺炎は10~30代の若い人たちがかかることが多く、しかもわりと軽症なために普通のかぜと見分けがつきにくく、診断が遅れることがあります。一般的によく処方される抗... 続きを読む

カウンセラーが語る「言葉で伝えられない何か」とは?

先日、小泉堯史監督「博士の愛した数式」を観ました。上映前からの評判も大きかったようですが、ある夕刊紙にこの映画の主人公である博士を演じている寺尾聰さんが、「単に多くの人に受ける作品であるより、もっと言葉で伝えられない何かを大切にして演じて... 続きを読む

マイコプラズマ肺炎の感染経路は? 症状や完治までの期間など

マイコプラズマ肺炎とは、「肺炎マイコプラズマ」という細菌に感染することによって起こる呼吸器感染症です。かつては、4年おきのオリンピックが開催される年に流行したことから「オリンピック肺炎」と呼ばれたこともありましたが、近年はそうした傾向がく... 続きを読む

糖尿病の早期発見に健康診断が有効‐メタボリック症候群も要注意

2012年の国民健康・栄養調査によると、わが国の糖尿病患者は有病者だけでも約950万人、予備群は約1100万人で、合計約2050万人と推計されます。これは日本人の人口推計値約1億2700万人からすれば、約6人に1人が糖尿病あるいは糖尿病予... 続きを読む

肺も老化する? 咳が止まらない・息切れする人は要注意! 6つのチェック診断

運動不足を解消するために階段を使ってみたら、なんだか息がゼイゼイ……。普段、呼吸する時は意識していませんが、呼吸を行っているのは「肺」。そして、肺もお肌のように、年齢とともに老化すること、知っていましたか? 風邪と診断されたのに「肺が... 続きを読む

妊娠初期の流産の確率は? 6つの症状と兆候|流産予防策とは

妊娠中は誰もが、順調な赤ちゃんの成長を願うもの。でも、実際は妊娠の15%が流産に至るというデータも。できるだけ、自分で防ぐにはどうしたら?
その方法をまとめました。 流産全体の80%が
妊娠12週未満 「流産」とは、妊娠22週より前に... 続きを読む