膀胱のはたらき-どれぐらいの尿を蓄えているの? 女性に多い膀胱炎

大脳、自律神経がコントロールする排尿のしくみ

尿がたまると伸びて膨らむ膀胱。体外への排泄口は自分の意思で開閉可能。中高年男女を悩ませる過活動膀胱

球状に膨らんで500mlもの尿が蓄えられる

 膀胱(ぼうこう)は尿をためておく“袋”です。恥骨(ちこつ)の後ろに位置し、その後ろ側は男性では直腸、女性では子宮と腟(ちつ)に接しています。袋の中の一番内側は粘膜層で、それを平滑筋(へいかつきん)という筋肉の層が覆っています。

 腎臓で作られた尿は尿管を通って運ばれ、膀胱の背側に2カ所ある尿管口から膀胱内に流れ込み、ここで一時的にためられます。尿がたまっていないときは1cmほどだった平滑筋の厚さが、尿がたまると3mmほどにも引き伸ばされ、膀胱は風船のように球状に膨らみます。この中に、成人では300~500mlほどの尿を蓄えることができます。尿を蓄える伸縮性のある袋、それが膀胱です。

 尿を蓄えるだけでなく排泄するのも膀胱の役割。膀胱からの尿の出口(内尿道口)と体外への尿の出口(外尿道口)をつなぐのは、尿道(にょうどう)という管です。尿道の長さは男性16~25cm、女性3~5cmほどと、大きく異なります。男性の尿道は前立腺、陰茎の中を通って外尿道口へと達し、尿を排出するだけでなく精液の通り道も兼ねています。これに対して女性の尿道は、尿を排出するためだけの通り道で短いのです。

意思でコントロールできないバルブの先にはコントロール可能なバルブ

 尿道には、管を取り囲むようにして括約筋(かつやくきん)という筋肉が2カ所にあり、収縮することでバルブの働きをして尿もれを防いでいます。このうち、内尿道口の周りにある膀胱括約筋(内尿道括約筋)は自律神経に支配された不随意筋(ふずいいきん)で、自分の意思ではコントロールできません。一方、その先にある尿道括約筋(外尿道括約筋)は随意筋なので、自分の意思を働かせて体外への排泄をコントロールすることが可能です。

 さて、膨らんだ膀胱には500mlもの容量があるとはいっても、実際には200~300mlほども尿がたまれば排泄したいという尿意が起こります。尿がたまって膀胱の壁が伸びると、その刺激は大脳へ伝わって排尿の指令が出ます。すると、反射的に膀胱の壁の平滑筋が収縮して膀胱内の圧力が高まり、一方で、膀胱から尿道への出口にある膀胱括約筋が自然に緩んで内尿道口から尿が押し出されます。ここまでは自律神経の管理の元、無意識のうちに行われています。

 尿意が生じて膀胱から尿が押し出されたとしても、すぐに外尿道口から体外へ排泄されるわけではありません。ここでトイレに行って排尿しようとすれば、膀胱括約筋の先にある尿道括約筋を自分の意思で緩めることで排尿することができます。
 一方、それほど尿意が強くはないときに「もう少し我慢しよう」と思えば、尿道括約筋を自分の意思で収縮させて排尿を抑えることができます。ただし、さらに尿がたまって膀胱内の圧力がいっそう高くなると、意思の力で尿道括約筋を収縮させることができなくなることがあり、そうなると意思に反して排尿してしまうことになります。

主な膀胱の病気──多くの人が悩む過活動膀胱、女性に多い膀胱炎

●過活動膀胱
 膀胱の状態が過敏になり、尿が少したまっただけでトイレに行きたくなる病気です。40歳以上の男女の8人に1人が悩んでいるという調査結果があります。がまんできないほど強い尿意が急に起こる(尿意切迫感)/トイレが近く(頻尿:ひんにょう)、夜中にも1回以上トイレに起きる/尿意切迫感と同時に、または直後にもらしてしまう──などの症状がみられます。

 原因は、脳と膀胱を結ぶ神経回路に障害が起きている神経因性のものと、それ以外のものが考えられています。神経のトラブルは、脊髄損傷や脳卒中の後遺症などで起こりがちです。また、それ以外の原因で多いのは、男性では前立腺肥大症、女性では加齢や出産によって、膀胱や子宮、尿道などを支えている骨盤底(こつばんてい)が緩むことなどが指摘されています。治療としては抗コリン剤の投与が行われますが、男性で前立腺肥大症を合併する場合はαブロッカーが併用されます。

●急性膀胱炎
 とくに女性に多い病気です。そのほとんどは、尿道から侵入した大腸菌などの細菌感染が原因。女性の場合、尿道の長さが男性に比べて著しく短く、さらに肛門(こうもん)や腟が尿道に近いため、尿道口から細菌が侵入しやすいのです。排尿時の痛みや頻尿、濁った尿あるいは血尿が出るなどの症状が特徴的です。

●間質性(かんしつせい)膀胱炎
 細菌感染によるものではない慢性の膀胱炎で、原因はまだ解明されていません。膀胱の容量が低下してくるため急性膀胱炎と同じように排尿時の痛みや頻尿が出現し、時には血尿もみられます。細菌性の膀胱炎は膀胱の粘膜の表面に炎症が起こりますが、間質性膀胱炎は粘膜の奥の間質という層にまで炎症が及び、少しずつ進行していきます。中高年の女性に多いと言われています。細菌性膀胱炎と症状が似ているので抗生物質が処方されることが多いのですが、尿検査では細菌は検出されず、なかなか改善しません。治療は、症状を和らげる対症療法が中心になります。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
橘 政昭先生


東京医科大学泌尿器科学教室主任教授
1976年慶應義塾大学医学部卒。同大学医学部にて研修ののち、80年泌尿器科学助手、83年米国ニューヨーク医科大学泌尿器科研究員などを経て、86年慶應義塾大学病院診療科医長、88年同大学医学部専任講師、99年同大学医学部助教授に就任(いずれも泌尿器科)。2000年東京医科大学主任教授(泌尿器科)に就任し、現在に至る。日本泌尿器科学会(評議員・指導医・幹事)、日本ヒト細胞学会(理事・評議員・編集委員)、日本透析医学会(認定医)、日本腎臓学会(認定医)、日本癌治療学会(代議員)、日本癌学会、日本ロボット外科学会(理事)、国際泌尿器科学会、アジア泌尿器科学会などに所属。

コラムに関連する病名が検索できます。

膀胱のはたらき-どれぐらいの尿を蓄えているの? 女性に多い膀胱炎 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

過活動膀胱(OAB)ってなに? 「トイレが近い」「我慢できない!」

「最近、トイレが近いなあ……」ふと、そう感じることはないですか?
「トイレが近い(頻尿)」「尿意を感じたとたん、我慢できなくなる(尿意の切迫感)」など、排尿に関するトラブルを抱えている人は、ずいぶん多くみられます。
しかし、人前で口にす... 続きを読む

過活動膀胱(OAB)の診断法-まずは7つのセルフチェックから

2002年国際禁制学会(ICS)により、新たな疾患として認められた過活動膀胱(OAB)。その症状は、急に強い尿意が起こり、もれそうな感じになる「尿意切迫感」を中心として、トイレが近くなる「頻尿」や、我慢できずにもらしてしまう「尿失禁」など... 続きを読む

肌を綺麗にしたいなら“肌の役割を正しく理解”が第一歩!【3つの層】を徹底解説!

普段何気なくお手入れしているお肌ですが、一体どんな役割があるのでしょうか?皮膚は「生命活動を守る人体最大の器官」とも呼ばれ、たくさんの役割が詰まっているとっても大切なパーツです♡皮膚はまるでミルフィーユのように3層から成り立っており、そ... 続きを読む

【いつ結婚するの?】親からの圧力を上手に回避する方法

結婚はタイミングが大事。例え恋人がいても、それが結婚に繋がるとは限らない。そんな娘の気持ちとは裏腹に。親の心配がよもや圧力となる今日この頃…。どうやってデリケートな問題に首を突っ込まれずに上手に回避する!?今回は【いつ結婚するの?】コー... 続きを読む

トイレは黄

インドの教え「チャクラ」
トイレのアメニティ類は便秘を解消する力があるといわれている黄系でそろえましょう。なぜ黄色がいいのか、それはインドで生まれた「チャクラ」という考え方が基... 続きを読む

膀胱炎は予防できるのか

膀胱炎の原因のほとんどは大腸菌だった
膀胱炎と聞くと、内部の炎症のような感じも受けますが、実は意外にもほとんどの場合は大腸菌が原因で起こります。


一般に、膀胱炎といえば急性膀胱炎のことを指します。
膀胱炎のほとんどは、尿道... 続きを読む

恋人とケンカ。先に謝るのは?

ケンカの内容による 80%自分から 半々くらい 100%自分から 80%相手から ... 続きを読む

女性に多い膀胱炎-再発しやすいのは何故? 注意したい9つの習慣

膀胱(ぼうこう)炎は女性にたいへん多い病気で、特に10代後半から20~30代の女性によくみられます。再発をくり返す人も多く、「自分は膀胱炎になりやすい体質では」と悩んでいる方もいるかもしれません。
膀胱炎にはいくつかのタイプがありますが... 続きを読む

意外と見られてる!?身に付けたいトイレ後のエチケット

職場や出先のトイレを見れば、そこのマナーのレベルがわかる!と言われるほどトイレはその場所の「顔」といわれています。接客マナー講師の筆者も、研修に伺う際、トイレは念入りにチェックします。また、友人宅や彼の家へお邪魔する時など、使用した人が... 続きを読む

筋肉の仕組みとはたらきとは? 400種類以上ある骨格筋について

テレビのスポーツ映像で、トップアスリートたちの鍛え上げた筋肉の躍動を目にできるのは、勝敗観戦以外の魅力の1つです。人間の筋肉の分布を示す全身図には体中にすき間なく張り巡らされた筋肉が描かれていますが、そこから現実に躍り出てきたようなアスリ... 続きを読む