頑張り屋さんはストレスが溜まる-上手なストレス発散法とは?

ストレス発散上手は生き方上手。

あなたは頑張り過ぎていませんか?
上手なストレス発散法を見つけてみましょう。

 ストレス反応は誰にでも起きる自然な反応であり、周囲の環境に適応しようとする生体の大切な機能であることは、このところよく知られるようになってきました。
生きている限りいろいろな難問や課題はつきものであり、嫌なことは必ずあるということは誰もが実感していると思います。不快なこと、つらいこと、障壁に直面したとき、ストレスを受けない人はいるのでしょうか。
地球上のすべての生物が、環境の変化に対応し種を存続させるために身に付けた知恵がストレス反応です。

 原始時代、人が命の危機を感じたときに取る行動は、闘うか逃げるか、2つに1つでした。全身が恐怖におののき、血圧は急上昇、鼓動は速くなり筋肉が緊張し、闘うか逃げるかのための準備をします。交感神経が優位な状態になり、アドレナリンが全身を駆け巡ります。
逆に、緊急時に不必要な副交感神経系の活動は抑制され、消化器官の機能や免疫機能が低下します。逃げた後でゆっくり休めばよいと体が判断を下した結果なのです。
現代、長期間のストレスにさらされて消化器官に支障をきたしたり、免疫力が低下して風邪をひきやすくなったりするのも、このメカニズムによるものです。

 この生理学的なメカニズムから考えると、ストレスを受けない人とは、敵を前にしたとき、闘うか逃げるかを実行できる人ということになります。
・理不尽な要求をする上司を前にして、殴りかかるか逃げるかする人
・欲しいものがあったら、盗んででも手に入れる人
・嫌なことはせず楽しいことだけやっている人
このような極端な人がもしいたら、会社内で評価されることがないばかりか、正常な社会生活を営むことすら危ぶまれることでしょう。

頑張りすぎる人はストレスを受けやすい

 では、ストレスを受けやすい人とはどんな人でしょうか?
・多少嫌だと思っても、上司の指示に従う人
・相手の理不尽な要求にも、何とか努力して報いようとする人
・まじめに懸命に働く人
・良い成績を上げるためにバリバリ頑張る人
・遊びより仕事を優先する人
このタイプの人は、自分を犠牲にして成果を挙げた結果、会社や上司から評価され、期待されます。期待されるためにさらに仕事が増える、期待に応えるためにさらに頑張り、評価も高まる――この繰り返しで、自分の体への負担を無視して走り続けることになります。心身ともに消耗し切ったところでやっと、異変に気付くということになるのです。

「仕事ができる」Aさんの不安

実際の例を見てみましょう。
 Aさん(30代・男性)は責任感ある仕事ぶりや、詰めの確かさ、綿密な仕事の組み立て、顧客への誠実な対応の姿勢から上司の評価が高く、顧客からも指名を受けるほどでした。同僚や部下からも信頼されていたので、社内プロジェクトへの参加や交流会の幹事など、本業以外の仕事も増える一方。その一つひとつに全力で取り組んでいました。
 しかし、本来のAさんは人前で話すことが苦手で、会議などの前夜は「失敗したらどう思われるだろう」と眠れないほどでした。上司から高い評価を受けながらも「もっと良く思われたい」との思いが強く、「期待に応えないと、自分は受け入れられないのでは」という恐怖さえ感じていました。そんな自分の本当の姿を知られてはならないと、さらに頑張るのです。
 期待と大量の仕事に応えようとする精神的なストレスに加え、いつか本当の自分の姿を周囲に知られてしまうのではないかという不安を抱えていたAさん。Aさんがカウンセリングを受けようと思い立ったのは、その不安に強くさいなまれているときでした。

 Aさんはカウンセリングを通して、周りの人に良く思われたいあまり、自分の周りに高いガードを張り巡らしていたことに気付きました。そのガードを維持するために多くのエネルギーを費やし、そのことに疲れていたのです。
 Aさんは、安全と思える場所で徐々にガードを低くしていく体験をして、本来の自分を程よく見せても周囲に受け入れられることを実感しました。また自分の中に「厳しい上司の目」だけではなく、思いやりと励ましの言葉をかけてくれる「親友の目」を持つことができるようになりました。結果、無理のない姿勢で仕事を続けていけるようになったのです。
 あなたの周りにAさんのような人はいませんか。あなた自身にAさんと似たところはありませんか。ストレスを受けやすい人も、ストレスとの付き合い方を知り、自分の状況を客観的に見る目を持つことが、ストレスコントロールの第一歩になるのです。

上手にストレスの発散を

 これを読んで、「あまりストレスを感じない自分は、まじめに働いていないのか」と疑問を持ったあなた。あなたはストレスと上手に付き合い、ストレスの適度な発散を実践していらっしゃるのではないでしょうか。気持ちよく話を聞いてくれるご家族、夫、妻、恋人、友人、同僚、上司がいらっしゃるのかもしれません。また休みの日に仕事を忘れて取り組める趣味や、仕事以外の豊かな人間関係を持っているのかもしれません。そんなあなたは、有能で生き方上手な方なのだと思います。

【執筆】
田中貴世カウンセラー


各分野の専門知識・豊富な実績をもつ、こころのマッサージルームピースマインド・イープのカウンセラー。ピースマインド・イープでは対面・電話・オンライン等、本人の希望にあわせてカウンセリングに対応している。

■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
http://health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
http://health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

「ストレスで太る」は本当だった! ストレス過食の恐いメカニズム

「やけ食い」「やけ酒」のように、食べたり飲んだりして、腹の立つことや思いどおりにならないことを忘れようとするのは、あまり珍しいことではありません。こういう場合の多くは、自分が食べたり飲んだりすることで気を紛らわそうとしていることを自覚して... 続きを読む

人間関係が上手くいかないのは、潜在意識が原因? 嫌悪やイライラの原因

日々の忙しい生活の中で、こんな風に感じたことはありませんか? 日曜日の夜に、明日から仕事か・・・と重い気分になったこと、毎朝、これから仕事かと、ため息をつきたい気分になったことはありませんか? 現代社会で、多くの人々がハードな仕事量をこな... 続きを読む

うつ病に似ている「職場不適応症」とは-出勤前の抑うつがサイン?

近年「職場不適応症」が急増しています。「職場不適応症」は、「新型うつ」という呼び名でメディアなどでは紹介されていますが、国際分類では「適応障害」に相当します。
適応障害とは、生活上の負担や環境にうまく適応できず、心身にさまざまな症状が表... 続きを読む

他人に振り回されない人になろう-セルフリーダーシップの取り方

毎回、面倒な仕事を振ってくる上司に対して、イライラ・・・ 友人の愚痴に付き合わされて、イライラ・・・ 親から小言を言われて、イライラ・・・など 自分のペースで過ごしたいのに日常生活の中では、なかなか思うようにいかないことが多いですよね。お... 続きを読む

美意識の高い頑張り屋さんほど、ダイエットに挫折しやすいワケとは・・・

こんにちは、コラムニストの愛子です!ダイエットを始めると何故かいつも以上に甘い物が欲しくなる、運動するのが億劫でたまらなくなる、そんな方はもしかすると、誰にでも備わっているあの性質が原因かもしれません……。今回は、心理学を用いてダイエッ... 続きを読む

生き方のクセとストレスコントロールの方法-ストレスの原因を知る

前回は、こころに住む5人の家族について一人ひとり紹介し、人はそれぞれ「生き方のクセ」があり、自分のクセが分かれば、発想を変えられるということをお伝えしました。今回は、生き方のクセを職場においてどのように変えていったらよいか、具体的に考えて... 続きを読む

身近に「うつ病」っぽい人がいたら-様子がおかしいと思っときの対処法

今、あなたの周りには、元気のない方はいらっしゃいますか?その相手は、職場の同僚でも、友達でも構いません。元気がなさそうだけど、でもどうやって声をかけたらよいのだろうと悩むことは少なからずあるのではないでしょうか。明らかに以前と違うので、もし... 続きを読む

ストレスと向き合い対処する、『ストレスコーピング』とは?

働く人々にとって、よりよい仕事をすることは永遠のテーマ。しかし、よりよい仕事をしていく過程には、様々な問題も多いことでしょう。量も質も高度なスキルを求められてくる仕事、上司や部下との人間関係をはじめ、職場をとりまく様々な環境の変化、職場はま... 続きを読む

カウンセリングのすすめ-よりよく生きる手助けをするカウンセラー

あなたの悩みの理由をあなたは知っていますか。本当にその理由だけでしょうか。もっと深いところからの叫びがあるかもしれません。... 続きを読む

自己効力感とは? 新たなチャレンジには自分の力を信じる力が必要

自己効力感とは、心理学者アルバート・バンデューラによって提唱された心理学用語で、自己に対する信頼感や有能感のことを言います。人がある行動を起こそうとする時、その行動を自分がどの程度うまく行えそうか、という予測の程度によって、その後の行動の生... 続きを読む