人前に出るとあがるのは防衛本能が働くから?~A子さんの場合

あがる原因を紐解いて、解決の糸口を探ります

 

 「あるプレゼンテーションでの失敗をきっかけに、人前で話す時とてもあがるようになってしまったんです」と、深刻な面持ちで相談に訪れたA子さん。彼女は、社内での数少ない女性総合職として入社した、周囲からも期待されている20代後半のキャリアウーマンです。「以前は人前で話す時、多少あがることはあっても、声が震えるところまでいくことなんてなかったのに・・・」と、A子さんはとても戸惑っておられる様子でした。お話を聴いていくうちに、失敗してしまったとA子さんが感じているプレゼンテーションの時には、いつもとは違った点がいくつかあったことが判ってきました。

防衛本能があがりを引き起こす

 そのプレゼンテーションの直前に、A子さんの部署には他の部署から40歳前後の女性が異動してきました。そんなに話したことはないものの、何となくA子さんはその無愛想な女性のことが好きになれなかったそうです。そして、プレゼンテーションの最中、何故かその女性のことが気になってしまい、「失敗して、あの人にバカにされたくはない」という気持ちが起こり、徐々に身体が硬くなっていくのを感じたといいます。
 「あがり」という症状は、人前で何かをするという不安な状況に対する肉体的・精神的な防衛体制であると言われています。また、人は未知のものに対して、強く防衛本能を働かせる傾向があります。A子さんは、「つい最近同じ部署に異動してきた女性」という未知なるものの存在に強く防衛本能を働かせ、その結果いつもよりあがってしまった可能性が考えられました。さらにA子さんのお話をきいていくと、他にも思いあたることがあったと言います。

準備不足と体調不良

 いつもは十分な準備をして臨むというA子さんですが、その日に限って十分な準備が出来ていませんでした。また、歯科医に行かなければ・・・と思いながらもなかなか行けずにそのままになってしまっていた虫歯が痛み出し、そこから肩こりもひどくなってしまっていたそうです。
 準備不足は自信のなさを生み出します。自信がないと、「失敗したらどうしよう・・・」「笑われたらどうしよう・・・」という不安から防衛本能が働き、どうしてもあがりの状態に近づきやすくなってしまいます。また、体調の不良は、ちょっとしたあがりでも激しい動悸や呼吸の乱れに繋がりやすく、少しの緊張でも「自分は今とてもあがっているんだ」という自己暗示にかかりやすくなってしまいます。そのお話をA子さんにしたところ、「確かに、その日はいつもよりも何倍も心臓のドキドキがきこえてきましたし、途中から呼吸も思うようにコントロールできなくなってしまっていました」とのことでした。

「認知療法」とは

 お話を伺っていくうちに、その日のA子さんは、あがりの3大要素(精神的要因、技術的要因、肉体的要因)と言われている全てに該当していることが判りました。そして、A子さん本人がそのことに気付くまで、「いつまたあの“あがり”が襲ってくるか分からない」という恐怖心がA子さんに防衛本能を強く働かせ、その結果、そのプレゼンテーションの日以降、あがりの状態が続いてしまったことが考えられました。

 「今度のプレゼンテーションの時には、いくら忙しくても準備は万全にして、虫歯も出来るだけ早く治療しに行くようにします」とA子さん。また、その女性に関してよく考えてみると、A子さんが学生時代にバイトしていた時の苦手だった経理の女性とどことなく似ていて、無意識にその女性と重ね合わしていたことに気付いたと言います。「よく考えて見ると、昔苦手だった人にどことなく似ているというだけで苦手意識を持ってしまっていただけなのかもしれない・・・」とA子さん。「自分のあがり対策のためにも、その女性のこともっと自分から知ってみようと思います」と笑顔を見せたA子さんの表情は、とても穏やかで、面接室を訪れた時とはまるで別人のように感じられたのでした。

※この内容は、一人を特定したものではなく、色々なご相談内容を混ぜ合わせて作った架空のものです。

【執筆】
土屋明子カウンセラー


各分野の専門知識・豊富な実績をもつ、こころのマッサージルームピースマインド・イープのカウンセラー。ピースマインド・イープでは対面・電話・オンライン等、本人の希望にあわせてカウンセリングに対応している。

■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
http://health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
http://health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

心理カウンセラーが語る、カウンセリングの過程-解決までの5ステップ

職場の人間関係で悩んでいるA子さん。久しぶりに友人のB子さんと会っておしゃべりしています。A子さんの悩みは職場の人には話せないことなので、B子さんに悩みを聴いてもらいたくて思い切って話をしてみました。 話を聴いたB子さんは 「A子が悪いわけ... 続きを読む

人前ではやめてほしい恋人の愛情表現ランキング

お尻をなでる 何をされても気にならない 投げキッスをしてくる 「アーン」とモノを食べさせる 二人で決めたあだ名で呼ぶ ... 続きを読む

他人に振り回されない人になろう-セルフリーダーシップの取り方

毎回、面倒な仕事を振ってくる上司に対して、イライラ・・・ 友人の愚痴に付き合わされて、イライラ・・・ 親から小言を言われて、イライラ・・・など 自分のペースで過ごしたいのに日常生活の中では、なかなか思うようにいかないことが多いですよね。お... 続きを読む

自分でできる『夢分析』-5つの質問で分かる夢が表す深層心理

夏の日焼け対策は万全ですか?頭皮も毛髪も太陽を浴びてダメージを受けているな、と思ったら、市販されている"寝る前の流さないトリートメント”をお出かけ前につけるのもケアの方法の1つです。 さて、今日は寝ている間に見る夢のお話をします。心理学者... 続きを読む

職場でのセクハラと向き合うには-本人も自覚しづらい心のダメージ

最近なぜか仕事に対してやる気が出てこない、わけもなく気持ちがふさぐ…。こんな訴えをされる女性たちの中には、職場でセクシュアルハラスメントを受けているのに、ご自身でははっきりと気づいていないという方がいらっしゃいます。あるいは、うすうす感じ... 続きを読む

イメージトレーニングのすすめと、効果を上げる3つのポイント

新年度が始まり早2ヶ月。環境が変わられた方も、大分慣れてきた頃でしょうか。それでも、周りを見渡すと、自分より仕事に慣れた人たちばかり。慣れた人たちと同じように仕事を行うことが出来ずに悩み続けていると、気持ちも重たくなり、いつの間にか、その事... 続きを読む

毎日残業、ハードワークの心理的原因-カウンセラーが語る心のルーツ

渋谷メッツのカウンセリングルームの帰路に思うことです。21時にカウンセリングが終了して、夜の電車の窓から外をながめていると、沢山のオフィスビルの灯りがついています。その中では沢山の人たちが働いているのでしょう。ハードワーカーが非常に多いの... 続きを読む

ネガティブな感情と上手く付き合う-擬人化セラピーって知ってる?

世の中には感情に振り回される人が少なくありません。こうした人たちに共通するのは、自分のなかのネガティブな感情とつき合うのが上手ではないということ。そんな人に勧めたいのが、ネガティブな感情を上手に受け止める「擬人化セラピー」です。
あ... 続きを読む

女性に「バカ?」と呆れられてしまう男性の特徴ランキング

なんでも暴力で解決しようとする 悪質な出会い系サイトに金をつぎ込んでいる 悪いことをするのがかっこいいと思っている 課金系のゲームにいくらつぎこんだの... 続きを読む

八方塞のときに試したい日常の崩し方-いつもと少し違う生活を楽しむ

現代社会は経済状況、勤務体系、生活環境などが複雑になりつつあり、ストレスが溜まりやすい時代とも言えるでしょう。悩んでストレスを感じているときというのは、「八方塞(はっぽうふさがり)」で物事が流れていかない状態のときが多いのではないでしょうか... 続きを読む