身近に「うつ病」っぽい人がいたら-様子がおかしいと思っときの対処法

元気のない相手の見守り方

 

今、あなたの周りには、元気のない方はいらっしゃいますか?その相手は、職場の同僚でも、友達でも構いません。元気がなさそうだけど、でもどうやって声をかけたらよいのだろうと悩むことは少なからずあるのではないでしょうか。明らかに以前と違うので、もしかしたら「うつ状態・うつ病」なのかも・・・と、心配することもあるかもしれません。そんな時、あなたはどう対応していますか。事例を交えてポイントをお伝えしたいと思います。

Aさんが気になっているのは、同僚のBさん。最近急に元気がありません。最近は、会議中に居眠りをしていることもあります。聞けば、納期が重なって、睡眠時間も十分にとれずにいるそうです。そして、家に帰っても仕事が気になってここ数日は寝つきが悪く、昨日は1時間しか眠れなかったとか。こんなとき、あなたならどう声をかけますか?次の3つの選択肢から選んでください。

【 A 】「居眠りをしてしまっている」という事実に着目して、注意をする
【 B 】この時点では、うつ病か一過性のものかわからないので、経過を見守る
【 C 】うつ病の可能性があるので、さりげなく専門家への相談を促す

【 A 】を選択した場合には、
ただ注意をして終わるだけでなく、睡眠はきちんと取れているのか、などを聴いてあげる事が重要です。単なる夜更かしであれば、本人の自己管理上の問題ですが、悩み事や、大きなストレスがあることを黙っているのかもしれません。話を聴いてもらえるだけでも、すっきりするものです。じっくりと話を聴いてあげましょう。

【 B 】を選択した場合には、
見守りつつ、不調のサインに気づくことが重要になります。見守ると言っても、ただ何気なく見ているだけでは、何かあったときのサインを見落としてしまいます。注意力や意欲の低下は、細かなサインとして現れます。遅刻の増加、服装の乱れ、トラブル・クレームの増加などが見られるようであれば、もう一度声をかけてみるのもよいでしょう。

【 C 】を選択した場合には、
まず、病気であるかどうかを専門家以外の人間が判断したりしない、ということが大切です。うつ病かどうか、という結論を急がずに、あくまでも、業務や勤怠の乱れ等、客観的事実を理由に、まずは上司などの管理監督者に相談が必要かもしれません。可能な場合は、本人にさりげなく上司への相談や、カウンセリングなどの専門機関の利用を促してみてはどうでしょうか。

【執筆】
ピースマインド・イープ


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
http://health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
http://health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

女性がさりげなく常備しているとグッとくるアイテムランキング

裁縫道具 絆創膏 ポケットティッシュ ウエットティシュ ヘアゴム 6位以... 続きを読む

お断り、謝罪、クレーム…「言いにくいこと」をカドを立てずに言う方法

同僚や友人の「頼まれごと」を安うけ合いして、あとで後悔したことありませんか?
実はちょっとコツをつかむだけで、相手を嫌な思いをさせずにスッキリ断ることができるんです。お断りや謝罪、クレームなど、言いにくいことをすんなり言えて、よりよい人... 続きを読む

本当はコワい! 「ただの風邪」に潜む“大人の病気”

年齢とともに、なんだか風邪が治りにくくなったと感じていませんか? コンタック総合研究所の調べによると、2〜3日以内で風邪が完治する割合は年齢とともに低下、30〜40代になると6〜7日程度治らなかったり、1週間以上長引く人の割合が増える傾... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

仕事にやりがいを感じるには-要求度とコントロール度がポイント

「やりたいことがいろいろあって忙しく、1日24時間じゃ足りない!」そんな日々を送れていると、生活にハリがあり、充実した毎日でしょうし、“ストレス”という言葉なんて全く無縁かもしれませんね。ただ、「仕事で忙しくて、なかなか自分の時間がとれない... 続きを読む

バーンアウト-ある日突然、意欲がなくなる|燃え尽き症候群

バーンアウト(burnout)はストレスと並んで、読者も耳にしたことが多い言葉であると思います。ここでは事例を通して、バーンアウトを具体的に考えてみましょう。システムエンジニアのAさん(32歳)の1日は次のような感じで過ぎます。早朝に目が... 続きを読む

他人に振り回されない人になろう-セルフリーダーシップの取り方

毎回、面倒な仕事を振ってくる上司に対して、イライラ・・・ 友人の愚痴に付き合わされて、イライラ・・・ 親から小言を言われて、イライラ・・・など 自分のペースで過ごしたいのに日常生活の中では、なかなか思うようにいかないことが多いですよね。お... 続きを読む

頑張り屋さんはストレスが溜まる-上手なストレス発散法とは?

ストレス反応は誰にでも起きる自然な反応であり、周囲の環境に適応しようとする生体の大切な機能であることは、このところよく知られるようになってきました。生きている限りいろいろな難問や課題はつきものであり、嫌なことは必ずあるということは誰もが実... 続きを読む

夫婦間のDVの被害者の98%は女性-被害者や子どもへの影響

人間関係の中でも、夫婦の関係に悩む人は少なくないと思います。家庭内の問題は個人的なことであって、自分さえ我慢すれば、あるいは自分が態度や行動を変えれば何とかなるだろう、と誰にも言わずにいる場合が案外多いかもしれません。 しかしそれらのこと... 続きを読む

チームの力が発揮される条件とは-意見を出しやすい雰囲気作りから

皆さんは「3本の矢」のお話をご存知ですか? 戦国時代の武将・毛利元就が3人の息子たちを集めて話をしたという逸話があります。 その内容は、元就が息子たちに1本の矢を折るよう指示をしたところ、矢は簡単に折れてしまいました。しかし、3本まとめた矢... 続きを読む