カウンセラーが実践するストレス解消法-自分の状態をよく知る

カウンセラーが実践するストレスの付き合い方とは?

 

相談を受けた側が疲れてしまうことは?

 「日々相談を受けていて、カウンセラー自身が疲れてしまうことはないですか。」と聞かれることがあります。お友達同士などで相談にのった経験のある方は、相談した側は話してすっきりしたのに、相談を受けた側はそれを自分の悩みのように抱え込んでしまったというご経験などから「疲れ」をイメージされているのかも知れません。

 実際はどうかと言うと、私自身は相談者との新しい出会いをいつも楽しみにしています。相談者が目の前に座られたら(メールでご相談を受ける時もですが)、まず相談者を理解することに全力をあげます。「この方はどんな方で、今どんなことを考えておられるのだろう。」ということです。ご本人がうまく表現出来ない状態であるときは、それを明確にするお手伝いもします。その結果、お気持ちが共有できたと感じられた時には、たとえそれがネガティブな感情であっても、「そういうことだったんですね。」と心の中でガッツポーズをするような気持ちになります。カウンセラー自身が持っている価値観と大きく隔たるお話しを伺うこともありますが、そのような時も自分の考えは横に置き、相談者の理解に努めます。

相談者自身の力で問題解決するお手伝いを

 その上で、相談者にとっての最善はどんな形だろうということを一緒に考えていきます。カウンセラーは、“相談者の問題を解決する人”ではなく、解決を援助するのが役割です。問題を解決するのは相談者ご本人です。そしてその力は本来、相談者自身が持っているはずなのです。私たちカウンセラーはその力を信じ、うまく使えるようにお手伝いをします。解決にもいろいろな形があって、問題そのものをなくすことが、相談者にとってのゴールということもありますし、問題に対する見方、感じ方、考え方が変わることで、問題そのものが残っても何とかなりそう、というのも解決の一つになることがあります。そのようなことを相談者と一緒に考えていきます。

 ここで大事なのは、カウンセラーの側が解決してあげよう、解決できるなどとは思わないことです。そういう意味では、カウンセラー自身の限界を理解し“背負い込まない”ことも、大事なことと言えます。

今の自分の状態をよく知ること

 とは言え、ストレスというのはいつの間にかたまってきてしまうものです。「相談をお受けするからには、カウンセラーである自分自身が心身共に健やかでいたい」と思っていますので、日常的にいくつか気をつけていることがあります。

 まず自分が今どんな状態にあるのか、よく知ることです。体調もそうですし、精神的に余裕があるかどうかも含めて「自分て今どう?」ということに常に注意を向けています。

 疲れているときは、気持ちよりもむしろ身体症状で気が付くことが多いかも知れません。「こんなことがあると、自分は疲れている」という兆候が出てきたら、あまり無理しないようにしています。もちろん多少無理をしなくてはならない場面というのもありますが、少なくとも「今自分はこんな風に疲れている」という認識はしておきます。そうでないと、ベストな状態でご相談を受けることが難しくなるからです。

たまにはちょっとわがままになることも必要

 疲れを感じたら、日頃からキープしてある“自分にとって気持ち良い事”を手当たり次第に実行します。それは飼い猫と遊ぶことだったり、歌うことだったり、好きな本を読み返すことだったり、本当に日常のちょっとしたことなのです。また“自分がやらなければ”と思っていることは、果たして全部こなす必要があるのか、立ち止まって考え直すようにもしています。自分のことは後回しにして、少し我慢すればという気持ちにもなりがちですが、たまにはちょっとわがままになることも必要かも、と思っています。ちょっとわがままに振舞うことは、実は自分が思うほど、周囲に迷惑がかかるわけではないことが多いようです。

 そんな風にしながら、日々ご相談を受けています。ご相談を受けることそのものも、実はカウンセラーを元気にする効果を持っているのかも知れません。ご相談者にとっての道筋が見えてきた場面に立ち会えることほど、嬉しいことはないからです。

【執筆】
京嶌 千香子カウンセラー


各分野の専門知識・豊富な実績をもつ、こころのマッサージルームピースマインド・イープのカウンセラー。ピースマインド・イープでは対面・電話・オンライン等、本人の希望にあわせてカウンセリングに対応している。

■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
http://health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
http://health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

「うつかも?」そんなとき受診するのは、精神科?心療内科?心理カウンセラー?

新年度が始まって2カ月が過ぎ、まもなく梅雨入りを迎えます。職場や学校、住まいなど新しい環境へ適応しようとがんばった分、「ココロの疲れ」が見えてきやすい時期です。雨が続くなど、お天気が気分に影響することも少なくないようです。 しかし、心... 続きを読む

【スキンケアカウンセラー直伝】お取り寄せコスメ使用感レポート♡

今年も唇の渇きを感じる季節になってきました。そろそろ、髪の毛の静電気や肌のつっぱりもやってくるかも・・・そう「乾燥」の季節です。いろいろ塗ってもなかなか良くならない乾燥肌。手軽に使えるものから高価格のものまで商品は様々ありますが「本当に... 続きを読む

ドン引きした彼女のわがままランキング

浮気されるのは嫌なくせに、自分は平気で浮気をする 喧嘩をした時、自分に非があるとわかっていても謝らない プレゼントは高価なものでないと怒る こちらの事... 続きを読む

うつ病かも? うつを見分ける7つのポイント|回復への近道は?


うつ状態は、誰でもが陥りやすい状態です。一昔前までは、中年以降のものとされていましたが、最近では、低年齢化の傾向がみられ、大学生はもちろんのこと、不登校中の中学生や高校生にもみられるようになりました。専門家の話では、小学生にまで降りてき... 続きを読む

女の子のママ必見!適切なブラで健やか&安全な生活を

運動の秋。体育会のシーズンでもありますが、元気に体を動かす子供たちの姿に、ちょっと戸惑うお父さんがいるそうです。原因は、女の子の胸の揺れ。適切な下着をつけることは、周り人の目、そして本人の体にとっても優しい選択と言えそうです。女の子とそ... 続きを読む

夫婦でたまにやりたいバカップルな行動ランキング

手をつないでデート 朝から事あるごとにキスをする 食事中の「あ〜ん」 ペアルックでデート どっちがより相手を好きか競う ... 続きを読む

かわいいだけじゃない!猫ポーズダイエット

猫ポーズ
猫ポーズダイエットというと、いったいどんなものなのか、イメージが湧きづらいと思いますが、これもれっきとしたダイエットの一種なんです。
具体的にどう行うかというと、手と足の指をくっつけて足幅をこぶし2個くらいの広さに広げる。 ... 続きを読む

ドン引きした彼氏のわがままランキング

浮気されるのは嫌なくせに、自分は平気で浮気をする 喧嘩をした時、自分に非があるとわかっていても謝らない すぐ「お金を貸して」とせがんでくる 「他の男と... 続きを読む

カウンセリングって本当に効果あるの? 体感できるカウンセリングとは

今日は、私自身が体感したカウンセリングの効果について、少しお話したいと思います。私たち、カウンセラーもSV(スーパーヴィジョン)と呼ばれる、カウンセラー自身が、カウンセリングを受ける機会を、定期的に設けています。先輩(私は、ぜひ師匠と呼び... 続きを読む

心理カウンセリングの技法とは? 子どものしつけにも有効な行動分析

「カウンセラー」、「カウンセリング」と言う言葉を、以前より耳にするようになったものの、実際にカウンセリングを利用する機会は、まだまだ少ないのではないでしょうか。カウンセリングというと、どの様な方法で問題を解決していくのか、なかなかイメージ... 続きを読む