DV夫との関係を解決する勇気-カウンセリングを受けたAさんの場合

自分の意思を尊重していますか?

 

年々増加する神経症で苦しむ人たち

 今回は、なぜ人は神経症になるのかという疑問にお答えします。
重くて深いけれど理解してしまえば、簡単に、しかも神経症にならずにすむかもしれません。「もっと早く知りたかった」と言ってくれることを期待し、独断と偏見と、そして読者の方に愛をこめて思いつくまま書きます。

健全な精神的成長のできる賢者は、そういるものではありません。
言葉をかえて言うのなら、大抵の人間は神経症的傾向にあります。なぜなら「人生は困難な問題を解決していく課程である」からなのです。
人って問題が生じると避けていきたいですよね。楽して安易な道へ進みたいので、問題を避け、時間が解決するまで待ち、問題が消えてしまうことを選択してしまいます。苦しまずにすむなら問題などなかったかのようにふるまったりもします。
このような人間の特徴的な問題解決を回避する思考、行動を長年とっていると神経症になってしまいます。換言すれば、苦しいことを避けてきたために神経症の苦しさでさらに暗闇に迷い込むことになります。

カウンセリングを受ける人たち

 絶望、悲しみ、孤独感、怒り、不安、罪悪感などの感情で苦しみ神経症から脱出したい人たちは「勇気」という意志を持ってカウンセリングを受けています。こんな不快な感情になる以前に問題解決してこなかったことを率直に認め困難な問題を解決する方法を学んでいきます。
「辛い経験が人生をいかに生きるかということを教えてくれる」
これから来るであろう辛い経験をどのように考えて乗り越えていけばよいのかをカウンセラーと共に考えるのです。

 人生の問題解決能力を持った「Aさん」(Aさん仮名・了承済み)
結婚10年目のAさん。夫から暴力とさげすみで心身ともに疲弊していました。
帰りの遅い夫に「何かあったの」と聞こうものなら「俺を拘束するな」という言葉と同時にこぶしが飛んでくることがしばしばでした。
翌日は離婚届に署名をし、夫にも捺印を求めるのですが夫はいつも「ごめん、もう二度としない」と優しくなるのです。このようなことの繰り返しでした。
Aさんの問題は「彼を許してあげること」で自分の問題を棚上げしてしまうことにあります。
彼は可哀想な人間で「自分しか救ってあげられない。私がそばにいなければいけない」と考えてしまうのです。Aさんは自分の問題を解決する力がありませんでした。「夫の行動に対して拒否すること」は人を侮辱することと考えてしまうのです。毅然とした態度で「自分を尊重すること、自分を守ること」をないがしろにしていたのです。
 Aさんはカウンセリングで「自己尊重する」ことは自分の人生にとても大切なことであることに気づきました。「夫の暴力は拒否する」ことができ、離婚の同意も夫から取りつけたのです。

Aさんは以前のAさんではありません。積極的に自分の人生の困難を引き受けています。精神的成長をしたいと思う勇気があれば、いつでもカウンセリングを気軽に受けてください。

【執筆】
岸井 たみえカウンセラー


各分野の専門知識・豊富な実績をもつ、こころのマッサージルームピースマインド・イープのカウンセラー。ピースマインド・イープでは対面・電話・オンライン等、本人の希望にあわせてカウンセリングに対応している。

■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
http://health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
http://health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

夫婦間のDVの被害者の98%は女性-被害者や子どもへの影響

人間関係の中でも、夫婦の関係に悩む人は少なくないと思います。家庭内の問題は個人的なことであって、自分さえ我慢すれば、あるいは自分が態度や行動を変えれば何とかなるだろう、と誰にも言わずにいる場合が案外多いかもしれません。 しかしそれらのこと... 続きを読む

勇気

「食べ物を残したらバチがあたるわよ。最後までキチンと食べなさい」。 私は小さいときから母にそう言われて育ちました。もちろん、それがまちがっていたとは思っていません。でも、正直言って、母が用意してくれた食事を完食するのは... 続きを読む

心理カウンセリングの技法とは? 子どものしつけにも有効な行動分析

「カウンセラー」、「カウンセリング」と言う言葉を、以前より耳にするようになったものの、実際にカウンセリングを利用する機会は、まだまだ少ないのではないでしょうか。カウンセリングというと、どの様な方法で問題を解決していくのか、なかなかイメージ... 続きを読む

インドアお座敷タイプ 家の中で読者映画ざんまい

あなたは
インドアお座敷タイプ ■家の中で読書映画ざんまい あつーい日に家の中でひんやりクーラーって気持ちいいですよね。でも、人間の体は日の光に当たらないと逆にストレスがたまってしまうようにできています。太陽... 続きを読む

絶望的な気持ちになったら-カウンセラーが語る、行き詰まりから抜け出す方法

誰でも人生の中で何度かは、「もう、どうしたらいいのか分からない」、「八方ふさがりだ」と感じることがあるのではないでしょうか。「こうなったらいいのに、道がない」、「こうしたいのにできない・・・」。そう思うと絶望的な気持ちになりますよね。あま... 続きを読む

お肉を食べる人間こそやせる!

理想のカラダへの鍵は“タンパク質”! あなたは「お肉を食べると太る」なんてこと信じてませんか?
これに関して、はっきり言えることがあります!肉を食べる人から、カラダは変わる! 今回は、ボディコントロー... 続きを読む

深い悲しみから立ち直る方法とは-カウンセラーが教える心の対処法

誰でも、悲しみに出会いたい人はいないでしょう。私達は、明日もいつもと同じ日常がやって来る、と信じて生活をしています。けれど残念な事に、人は突然悲しい出来事に襲われる時があります。それは、なんの前ぶれもなくやってきます。その出来事のあまりの... 続きを読む

心理カウンセリングってどんなことするの? 治療の進め方など

「カウンセリング」という言葉を様々な場面で耳にするようになりましたが、皆さんはカウンセリングをどんなイメージを持って、どのように理解していますか?多くの人が「心の問題を相談すると解決方法を教えてくれるんじゃないか。」「相談に行くなんて恥ずか... 続きを読む

上手な断り方 4つのポイント-勇気を出して上手に断る方法

たとえば、こんなことはありませんか?「今日こそ残業せずに早く帰りたいのに、帰り間際にミーティングが入ってしまって・・・」。「もうこれ以上、仕事を引き受けたら、キャパシティーオーバーなのに、今日も”できません”とは言えなかった・・・」ある人は... 続きを読む

夢中になれるものでリフレッシュ-夢中になることは脳と精神にいい?

最近、時間が経つのを忘れるくらい何かに夢中になりましたか?その時の気分はどうだったでしょうか?子供の頃には時間を忘れるくらい色々なことに夢中になることがあっても、大人になると徐々にそんな時間は減っていきます。日々の雑事に追われ、忙しく、自分... 続きを読む