「認知的不協和」とは? 人は自分の選択が正しいと思いたい

認知的不協和理論について

 

認知的不協和理論とは、ビジネス界ではマーケティングの分野においても注目、活用されている人間心理の法則で、アメリカの心理学者であるレオン・フェスティンガーが提唱した、社会心理学用語です。
 主な定義としては、以下の通りです。

・認知に不協和が存在すると、人間はその不協和を低減させるために、なんらかの圧力を起こします
・不協和を低減させる圧力の強度は、不協和の大きさに影響されます

この「認知的不協和」の理論を理解する上で、有名な例えとして喫煙者の例があります。
たいていの喫煙者は、喫煙が身体に悪いことを知っています。身体に悪いことを知って禁煙できれば不協和(不快感)は起きませんが、タバコをやめられないために不協和が起こります。人間は矛盾する認知を持ち続けることは難しいので、この不協和をなんとか低減しようと試みます。結果、「タバコを吸うことでストレス解消になっている」「タバコを吸わなくても肺ガンになる人はいる」etc.の認知を持つに至ります。“禁煙”という行動を新しく起こすことより、自分の認知を変更することの方が、必要なエネルギー量が小さくてすむからです。

このように人間は、自分の選択した道が“良いはずだ”と思いたいというメカニズムを持っています。そして、その証拠を集めようとするのです。
例えば自分が先日購入したデジカメに関して、「これを買って正解だった」と思いたいために、そのデジカメの良い点を探し出しては友人に説明します。こういった行動も、「認知的不協和」で説明のつく行動といえるのです。そして購入した製品が高額であればあるほど、不協和低減の努力は強度を増していきます。

職業生活を例にあげると、次のような例が考えられます。自ら希望して異動、あるいは転職したけれども、異動先・転職先での業務がつまらなかったり、かえってつらかったりした場合、不協和が起こります。この不協和を低減させるために、前の職場のあら捜しをしたり、「今しんどいのは慣れてないからだ」と重要度の引き下げを行ったりするのです。異動や転職のために遠い土地へ転居したり、単身赴任せざるをえなかったり、家族の大反対を押し切っての異動・転職だったりといったように、そのために払った犠牲が大きければ大きいほど、この傾向は強くなります。

それで一時的にでも不安が軽くなったり、心が落ち着くようであれば、不協和の低減も意味あるコーピングとなり得ます。しかし、不協和の低減に固執するあまりに自分を追い詰めたり、真実を見誤るようであれば、ストレスの増大を招くことにもつながります。上述の異動・転職の例でいけば、新しい職場がストレスに満ちていて、業務もつまらなく、自分にとって有意義ではないということが真実なのかもしれません。しかしそう認めてしまうと、払った犠牲が無意味に思えてしまうために、「いや、そんなはずはない」「もっと頑張ればきっと楽しくなる」と固執し、どんどんストレスをためていく・・・といった現象が起きかねないことになるのです。

このような状態に陥らないためにも、「認知的不協和」というメカニズムが人間にはあるのだ、ということを知ることによって、自分の状態の客観視に役立てられたら良いかもしれませんね。

【執筆】
ピースマインド・イープ


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ダイエット理論・過熱するダイエット競争

ダイエットは何を目的に行われるのか?
これまで、ダイエットがどういう目的のために行われているのかということを論じてきました。ダイエットの目的は大きく分けて2種類ありました。それは、「1. 男性に憧れられ... 続きを読む

脱・ダイエット依存!「痩せたい願望」に隠された真実とは

こんにちは、コラムニストの愛子です。現代の日本人女性のほとんどが、1度や2度はダイエットを経験されているのではないでしょうか?中にはダイエット依存に悩む女性もたくさんいらっしゃいます。あなたは大丈夫ですか?スリム=美しい、そう感じるのは... 続きを読む

【いつ結婚するの?】親からの圧力を上手に回避する方法

結婚はタイミングが大事。例え恋人がいても、それが結婚に繋がるとは限らない。そんな娘の気持ちとは裏腹に。親の心配がよもや圧力となる今日この頃…。どうやってデリケートな問題に首を突っ込まれずに上手に回避する!?今回は【いつ結婚するの?】コー... 続きを読む

お肉を食べる人間こそやせる!

理想のカラダへの鍵は“タンパク質”! あなたは「お肉を食べると太る」なんてこと信じてませんか?
これに関して、はっきり言えることがあります!肉を食べる人から、カラダは変わる! 今回は、ボディコントロー... 続きを読む

タバコを吸うとなぜいけないの? タバコの害と禁煙外来のすすめ

百害あって一利なしといわれるタバコの害とは? タバコの煙を長期間吸い続けると気管支が炎症を起こし肺機能が低下。がん、COPD、ニコチン依存症も問題。 タバコには4000種類以上の化学物質が含まれる タバコが健康によくないということは... 続きを読む

ストレスと向き合い対処する、『ストレスコーピング』とは?

働く人々にとって、よりよい仕事をすることは永遠のテーマ。しかし、よりよい仕事をしていく過程には、様々な問題も多いことでしょう。量も質も高度なスキルを求められてくる仕事、上司や部下との人間関係をはじめ、職場をとりまく様々な環境の変化、職場はま... 続きを読む

チームのまとまりと結果は比例する? チームワークが求められる集団

私たちは様々な「集団」の中で生活しています。例えばそれは、家族という小さな集団から、地域、職場など様々な集団があります。私たちが属する集団から受ける影響は大きいものです。したがって、まとまりのよい集団にいれば、その集団から個人は良い影響を受... 続きを読む

チームの力が発揮される条件とは-意見を出しやすい雰囲気作りから

皆さんは「3本の矢」のお話をご存知ですか? 戦国時代の武将・毛利元就が3人の息子たちを集めて話をしたという逸話があります。 その内容は、元就が息子たちに1本の矢を折るよう指示をしたところ、矢は簡単に折れてしまいました。しかし、3本まとめた矢... 続きを読む

ジンクスを信じる心理とは? ギャンブルにはまる人の心理とは

大事な予定がある日に雨が降ると、必ずといって「○○さんは、雨男(女)だよね」という「ジンクス」がでてきます。
今回は、ジンクスが誕生し、それを信じる心理について(いろいろ考えられているのですが)今回は2つの考えを紹介します。... 続きを読む

自己効力感とは? 新たなチャレンジには自分の力を信じる力が必要

自己効力感とは、心理学者アルバート・バンデューラによって提唱された心理学用語で、自己に対する信頼感や有能感のことを言います。人がある行動を起こそうとする時、その行動を自分がどの程度うまく行えそうか、という予測の程度によって、その後の行動の生... 続きを読む