人間関係を良好にするプラスのストロークとは? 3つの例

ストロークのキャッチボールでより豊かな人間関係を築こう

 

学校や職場、地域社会で起こっているストレスの原因には、その集団の人間関係の悪化が大きく影響していることがあります。様々な価値観を持った人間が集まると、意見の衝突がありますし、何となく合わないといった感情的なものまで、一筋縄ではいかない人間関係の問題が日々発生しているのではないでしょうか。

全国の小・中学生、保護者、学校教員らに行なった「義務教育意識調査」(平成17年 文部科学省)において、学校教育で身に付ける必要性がとても高い能力や態度として、教員・保護者の約7割が人間関係を築く力と回答しています。産業界のメンタルヘルス統計の1つである「産業人メンタルヘルス白書」でも、職場のストレス要因が人間関係であるとの回答が上位にのぼっています。学校や職場に限らず、多くの場で、人間関係を築くためのコミュニケーション能力を強化する教育や研修・セミナーに力を入れている状況からも、人間関係構築の重要性を見て取れるでしょう。

豊かな人間関係を築く手助けとして、心理療法の1つに交流分析のストロークという概念をご紹介しましょう。ストロークとは、相手の存在や価値を認めるような様々な働きかけのことをいい、その働きかけには、プラスに働きかけるものとマイナスに働きかけるものがあります。そして、その働きかけの手段としては、スキンシップ、言語的なもの、非言語的なものといったものがあります。

■プラスとマイナスのそれぞれのストローク例■

1 スキンシップによるストローク
  プラス:抱きしめる、握手、頭をなでる マイナス:殴る、突き飛ばす

2 言語によるストローク
  プラス:挨拶をする、ほめる、励ます マイナス:否定する、批判する

3 非言語によるストローク
  プラス:うなずく、見つめる、傾聴する マイナス:睨む、無視する

誰しも、プラスのストロークを求めているのですが、プラスのストロークが得られない場合、マイナスのストロークを求めます。プラスのストロークを得られない場合に、マイナスのストロークを求めるというのは、小さな子供が、両親にほめてもらいたいときに構ってもらえない場合、わざと叱られるようないたずらをしてしまうといったことが分かりやすい例でしょう。つまり、人はプラスでもマイナスでも、自分の周囲から何らかの刺激を求めるものなのです。

こうした相手の存在や価値を認めるというプラスのストロークは、より良好な人間関係を築いていく上で有効です。プラスのストロークをたくさん準備して相手へ渡す、そして相手からもたくさん受け取るといったストロークのキャッチボールができると、きっとお互い心地よい人間関係を築いていくことができるのではないでしょうか。

【執筆】
ピースマインド・イープ 藤本佳寿美


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
http://health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
http://health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

プラスとマイナスのストロークとは? 承認欲求を満たす方法

すっかり日が短くなりました。夕暮れどきになると、街がイルミネーションで輝き始めます。そう、もうすぐクリスマスですね。 さて、今回は大切な人にぜひプレゼントしたい「ストローク」についてご紹介します。 人間の体は生きていくのに栄養や睡眠が必要... 続きを読む

プラスのストロークの受け取りかた-褒められたら素直に受け入れる

深呼吸をすると新鮮な空気と共に、梅の優しい香りが心を満たしてくれる季節になりました。寒い冬ともお別れです。そんな今年の冬は、オリンピックの話題で盛り上がられた方も多いのではないのでしょうか。 スポーツニュースなどを見ていると、選手たちが「... 続きを読む

8月まであと少し! 1ヶ月でマイナス3kgは無理ですか?

ココロIQを高める!~今回の解説~ Q. 8月まであと少し!
1ヶ月でマイナス3kgは無理ですか? A. YES……ただし、遊ぶ体力をキープすることをお忘れなく。
海水浴や旅行、花火大... 続きを読む

目指すはマツコ並み!?ボキャブラリーの多さで人間関係向上♡

いまやTVでは見ないことはない程の人気のマツコ・デラックスさん。マツコさんが人気なのは、自分の意見をしっかり持っていることにあります。誰が何を言ったとしても自分が見て感じたありのままを的確に表現していますよね。そんなマツコさん並み…とま... 続きを読む

プルーンの赤ワイン煮でマイナス20キロ

20kgのダイエットをサポートして、リバウンド防止にも役立ったプルーン。むくみ、生理痛も改善しました! 恵比寿アンチエイジングクリニック カウンセラー
伊達友美 先生 腸の動きが悪く、頑固な便秘が改善された ... 続きを読む

これ一つで見た目マイナス5歳♪気になるほうれい線をキレイに消すコツ

ほうれい線があると、一気に10歳は老けて見えると言われています。そんな恐ろしいことがあってたまるものかと思いたいものですが、女性は30を超えると徐々にほうれい線が目立ってくるようになります。何も手を打たなければそのままほうれい線はしっか... 続きを読む

ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク

外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?杖をついていたり、車椅子に乗っているなど、障害が見た目に明らかであれば、電車などで席を譲ってもらうなどの配慮を受けやすいのですが、障害が目に見えにくいために人知れず困って... 続きを読む

アロマオイルにちょこっとプラス♪目的に合わせて、自分だけのボディケア剤を作ろう!

ボディ用のオイルなどでお手入れしている方も多いと思いますが、手持ちのオイルにひと手間加えることで、いろいろなものに変身させることができます。ちょっとしたひと手間で、自分だけのボディケア剤を手にいれよう!ジェルベースを加えてみよう ジェル... 続きを読む

心を開くことの重要性-自分が心を開けば相手も開いてくれる理由

私たちは、日々、多くの人々と社会生活を営んでいます。1人で行動することもありますが、ほとんどの場合、様々な集団に属し、その一員として活動しています。集団とは、ある目的を達成するために集まったものと定義され、その中で行なう行動は集団行動です。... 続きを読む

育児休業法改正「パパ・ママ育児休業プラス」

育児休業の実態と国の取り組み
昨今、マタハラと言うフレーズがマスコミによって社会問題として取り上げられました。職場で産休や育児休業を取ることは当然の権利の履行行為であるはずなのですが、未だにこのような問題が根強く残っていることは残念なこ... 続きを読む