後悔は自分を成長させる? 後悔するごとに対処方法が増える理由

選択肢を増やして、次に備える

 

先日、何気なく見ていたテレビ番組で、脳科学者の茂木健一郎先生が「後悔すること」について語られていました。
後悔と聞くとついついネガティブなイメージが出てきてしまいますが、後悔することが出来るからこそ、選択しなかった場合についての可能性を検討し、次の成長につなげていけるというのです。

心理の面から考えても、後悔して思い悩むという行為は、後悔を乗り越え、次に進んでいくためのプロセスのように思われます。
確かに、後悔している時、人は、「~すればよかった。」と実際には選択しなかった方法について考え、その結果を想像します。

例えば、ある失言で相手を怒らせてしまったとしましょう。その言葉を言ってしまったことを後悔している時、さまざまな考えが頭に浮かんでくると思います。
「何で、言ってしまったんだろう」
「でも、言わずにはいられなかったんだよな」
「言わなければ良かった。」
「~と言えば、あの人は怒らなかったんだろうか」
このようなことを考えているうちに、新たな考えや可能性が生まれます。

「何で、言ってしまったんだろう。」「でも、言わずにはいられなかったんだよな」
ということに考えをめぐらせてみると、言わずにいられなかった時の自分の感情や考えに気づき、言ってしまった自分に納得ができたり、「こういう時に、こう感じてしまう自分がいるんだ」と、自分自身の新たな発見につながるかもしれません。

また、「言わなければ良かった。言わなかったら、あの人との関係は壊れずに済んだのに。」
「何で▲▲と言ってしまったんだろう。○○と言えば気分を害さなかったのかも。」このように考えることで、次に同じような場面になった時に、「言わない」という選択肢や、別の言い方を使えるようになるかもしれません。

人は、自分がこれまで経験し慣れ親しんだ方法で、物事に対処しようとします。対処方法が多ければ多いほど、場面場面で使い分け、成功させる可能性が高くなりますが、人生の中で実際に経験できる事柄は限りがあるため、実体験からだけでは、なかなか対処方法を増やすことができません。
後悔することを通して、自分が選択しなかった方法を模索し、次のチャンスに使えるツールを増やしてみてはいかがでしょうか。

【執筆】
ピースマインド・イープ 鈴木麻美


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

「痩せて自信を持ちたい!」その考えこそが、ダイエット挫折の原因かも・・・

こんにちは、コラムニストの愛子です!スリムになって自信を持ちたいと思う女性はたくさんいらっしゃるかと思います。その気持ちはとてもよく分かりますが、もしかするとその考え方こそが、ダイエットを妨げる原因になっているかもしれません。今回は、人... 続きを読む

やせるテクニック:生活中の運動のチャンスを見逃さない

普段から運動できるチャンスを探していこうとする姿勢が大事
運動というのは特別なスポーツだけを指すのではありません。毎日の生活の中で活動量を増やしたり、仕事や家事の合間に体操することも立派な運動ですから、気... 続きを読む

人材教育で大事なこととは? 時には本人のプロセスに委ねてみる

桜の時期も過ぎ、初夏を思わせる気候になりました。新社会人の皆さんは、新しい環境に慣れましたでしょうか。新たに覚えることに追われ、慌しい時間をお過ごしのことでしょう。その一方で、そろそろ周囲の顔を覚え、少し肩の力を抜いて過ごすことができるよう... 続きを読む

300kcal減にチャレンジ!簡単ツールでレッツ計算


18~20代女性の1日あたりのエネルギー所要量は1800kcal、30~40代で1750kcalです(『第六次改訂
日本人の栄養所要量
食事摂取基準』より)。ここでは最低ラインとして1800kcalをベースとし、そ... 続きを読む

自分の気持ちを上手に伝えるには-アサーション4つのポイント

頼まれたら、本当は嫌なのに断れなくて引き受けてしまったり、自分の伝えたいことを正確に伝えられなくて、いつも攻撃的になってしまったり、といったことはありませんか。これらは、自分の気持ちや考えを、その場にふさわしい方法で伝えられないときに起こる... 続きを読む

好きな人に告白したことある? 気持ちを整理する一つの方法とは

誰もが経験していると思いますが、片想いは切なくて辛いものですよね。 相手の気持ちは知りたいけれど、自分にとって良くない結果を想像してしまうと、知るのが怖くなり、せつない気持ちを引きずってしまうことがあります。そういったあいまいで不確かな状態... 続きを読む

成功日記で自己評価を高める! 三日坊主にならない日記のつけ方

「嫌なことがあったときは、寝て忘れよう!」という言葉を聞くことがあります。確かに寝ることは、気分を変えるきっかけになります。しかし、実は寝ることだけではなく、寝る前にもつイメージが翌日の行動にとってとても大切なのです。仕事や外で嫌なことがあ... 続きを読む

手を動かすと脳は活性化する-脳を刺激する手のお手軽体操

人間の脳神経細胞の数は子どものときがピークで、そのあとは減る一方だといわれます。だとすると、そこで知的な能力の成長もストップしてしまうのかというと、そういうわけでもありません。理解力、判断力などは成人になるまで発達することは誰しも経験的に... 続きを読む

人生の決断に迷ったら-まずはメリットとデメリットを紙に書き出して

私たちは毎日様々な選択をしながら生活をしています。 今日のランチはAランチにしようか、Bランチにしようか。 この靴とあの靴、どちらを履こうか。 などなど・・・。 誰しも経験のあることではないでしょうか。このように、そんなに悩まずパパッと... 続きを読む

うつ病になる前に-不安や悩みを打ち明ける相手に誰を選ぶ?

ストレス社会と言われる現代、ストレスが原因となって起こる心の不調は誰にでも起こり得ます。公的な調査結果から、職場でも日常生活でも、多くの人が不安や悩み、ストレスを感じながら暮らし、心の不調を抱える人が少なくないことが明らかになっています。... 続きを読む