プラスとマイナスのストロークとは? 承認欲求を満たす方法

心が温まるプレゼント

 

すっかり日が短くなりました。夕暮れどきになると、街がイルミネーションで輝き始めます。そう、もうすぐクリスマスですね。
さて、今回は大切な人にぜひプレゼントしたい「ストローク」についてご紹介します。

人間の体は生きていくのに栄養や睡眠が必要です。それと同じように人の心には「人に認めてもらいたい」という基本的な欲求があり、それが満たされないと心の健康は保てないのです。その欲求を満たすのが「ストローク」です。
ストローク(stroke)とは直訳すると「なでる」とか「さする」という意味ですが、精神科医バーン博士が開発した交流分析(TA)という理論では「人の存在を認めるための行動や働きかけ」と定義され、「プラスの(肯定的)ストローク」と「マイナスの(否定的)ストローク」に分けられます。

プラスのストローク…撫でる、抱擁する、褒める、励ます、微笑む、信頼する、任せる など
マイナスのストローク…叩く、怒る、叱る、制止する など
プラスのストロークをたくさん貯めて、人とプラスのストロークを交換できるとき、お互いに心がより健康になり、豊かな関係を結ぶことができます。

マイナスのストロークでも無いよりはマシ

人はストロークが欠乏すると、マイナスのストロークでもいいから欲するようになります。「無視」されているよりは、叱られる方がマシ、と親の関心を惹くために、子供がわざと叱られるようなことをするのはこのためです。「相手の存在を認める」ことが大切なのですね。

条件つきのストロークと無条件のストローク

条件つきのプラスのストロークとは「お勉強して良い子ね」「君は営業成績がよいから優秀な部下だ」など、相手が自分の期待に沿った行動をとった時に与えられるものをいいます。できるだけ、プラスのストロークは条件なしで与えたいものです。
一方、子供や部下を叱る時は、「○○してはダメ」と部分否定、つまり条件つきでマイナスのストロークを与えると効果的です。「あなたってホントにダメね」などと全否定してしまわないように。そして叱った後は、子供ならしっかり抱きしめて「あなたが大好き!」という無条件のプラスのストロークを与えることができればいいですね。

肯定的ストロークを貯める方法

まず、自分から周囲の人に与えましょう。相手の目を見て笑顔で挨拶する、相手の話をよく聴くなど、できるところからでいいのです。きっと、自分にも返ってきますよ。
また落ち込んでいる時や寂しい時には、誰かに「慰めてほしい」とか「一緒にいてほしい」と求めましょう。自分をほめるなど、自分自身へのプラスのストロークも忘れないでくださいね。


【執筆】
ピースマインド・イープ 津田るみ


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
http://health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
http://health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

人間関係を良好にするプラスのストロークとは? 3つの例

学校や職場、地域社会で起こっているストレスの原因には、その集団の人間関係の悪化が大きく影響していることがあります。様々な価値観を持った人間が集まると、意見の衝突がありますし、何となく合わないといった感情的なものまで、一筋縄ではいかない人間関... 続きを読む

プラスのストロークの受け取りかた-褒められたら素直に受け入れる

深呼吸をすると新鮮な空気と共に、梅の優しい香りが心を満たしてくれる季節になりました。寒い冬ともお別れです。そんな今年の冬は、オリンピックの話題で盛り上がられた方も多いのではないのでしょうか。 スポーツニュースなどを見ていると、選手たちが「... 続きを読む

8月まであと少し! 1ヶ月でマイナス3kgは無理ですか?

ココロIQを高める!~今回の解説~ Q. 8月まであと少し!
1ヶ月でマイナス3kgは無理ですか? A. YES……ただし、遊ぶ体力をキープすることをお忘れなく。
海水浴や旅行、花火大... 続きを読む

炭水化物大好き!白いんげんダイエット

素麺に冷や麦、冷麺など、暑くて食欲がないときは冷た〜い単品メニューが食べたくなりますよね? そこでgooダイエットが注目したのは、白インゲン豆抽出物。炭水化物の吸収阻害効果があるとされ、どうやら食べた炭... 続きを読む

プルーンの赤ワイン煮でマイナス20キロ

20kgのダイエットをサポートして、リバウンド防止にも役立ったプルーン。むくみ、生理痛も改善しました! 恵比寿アンチエイジングクリニック カウンセラー
伊達友美 先生 腸の動きが悪く、頑固な便秘が改善された ... 続きを読む

これ一つで見た目マイナス5歳♪気になるほうれい線をキレイに消すコツ

ほうれい線があると、一気に10歳は老けて見えると言われています。そんな恐ろしいことがあってたまるものかと思いたいものですが、女性は30を超えると徐々にほうれい線が目立ってくるようになります。何も手を打たなければそのままほうれい線はしっか... 続きを読む

大切な人との「お別れのとき」のために知っておきたい 安らかな最期を迎えるには

大切な人とのお別れほど悲しいものはありません。しかし、ときにそれは避けがたいこと…。そんなとき、ただ悲しみに暮れるのではなく、大切な人のためにできることはないでしょうか。かけがえのない命と向き合うためにも、「そのとき」のことを考えてみた... 続きを読む

カウンセラーが教えるストレス対処法の基本5つ-ストレスに強くなる

私たちは日常的にストレスを感じて生活しています。不安や緊張など、ストレスと聞くとネガティブな印象を持ちますが、ストレスとはいつも悪いものばかりではありません。生活にハリを与えたり、集中力を
アップさせたりする良いストレスもあるのです。
... 続きを読む

人間関係が上手くいかないのは、潜在意識が原因? 嫌悪やイライラの原因

日々の忙しい生活の中で、こんな風に感じたことはありませんか? 日曜日の夜に、明日から仕事か・・・と重い気分になったこと、毎朝、これから仕事かと、ため息をつきたい気分になったことはありませんか? 現代社会で、多くの人々がハードな仕事量をこな... 続きを読む

ストレスコントロール術-5つの方法 自分にあったストレス解消法

毎日毎日仕事や家事に追われるとストレスが溜まり、「あ~ストレスから解放されたい!」と思うかもしれません。しかし、天候や気温といった日常的な出来事も、ストレスの原因、「ストレッサー」になります。残念ながらストレスを完全に無くすことは不可能なの... 続きを読む