嫌われて傷ついたときの7つの回復レシピ-嫌いがある人生は豊か?

嫌いな人からも嫌われたくないあなたへ

 

人から「嫌われる」ということはつらいことです。それはなぜでしょうか?

出来れば自分が嫌いな人からも嫌われたくないと思うこともあるでしょう。嫌われたくないがために、無理して引き受けたり、断れずにいることもあります。「嫌われる」ということは、他者からのネガティブな感情が自己評価の低下や自尊心に少なからず影響を及ぼすので、自分自身にとってダメージになりかねません。

逆に人を嫌いになったことが一度もないという人は稀です。その理由を明確に説明できる場合もあれば、「なんとなく…」という場合もあるでしょう。
嫌いという感情は本能的でごく自然なものなのです。しかし、われわれは一般的には人を嫌わないように教えられてきているため、嫌いという感情を持つことに罪悪感や自責の念を覚えてしまいがちです。

哲学者の中島義道氏は「他者というものは合理的には遇してくれるものではなく、嫌いは意思のコントロールの及ばない本能的なもの」としています。そして「嫌われた理由を悶々と探して落ち込むのではなく、適度に嫌いがある人生はそれなりに豊かである」と述べています。

嫌われて傷ついたときの回復レシピ

そこで嫌われて傷ついたときの回復レシピを作っておくのも大いに役立ちます。例えばこんなのはいかがでしょうか?

1. ドラマや映画などで同じようなシチュエーションに置かれている登場人物に着目してみる(自分だけではないことを認識してみましょう)。
2. つらい気持ちを書きとめたり、話してみる。友人や家族ではなくカウンセリングを活用するのも大いにいいでしょう(気持ちの整理と自尊心の低下防止になります)。
3. その人に嫌われたことで回避できたことを考える(余計な飲み会やデートに行かなくて済んだなど何でもいいのです)。
4. 舌打ちをする(傷ついたことへの正当な怒りを和らげてくれます)。
5. ニュートラルに捉える(自分がだめだったではなく、あの時のあのことはだめだったという感じで)。
6. 自分の育った家族のなかで否定的な感情がどのように扱われてきたか、ちょっと振り返る(過度な罪悪感があるかもしれません)。
7. これからのことについて焦点を当て過ぎない(あまり先のことを考えると、かえって関係が煮詰まってしまいます)。

上記のようなレシピがあれば、ダメージを過大に受けることなく過ごせるかもしれません。ネガティブな言葉や感情に焦点を当てるのは確かに楽しいことではないですが、重要なエッセンスが含まれることがあるのです。その過程が人生を豊かに、個人を成長させてくれる1つのきっかけとなるのではないでしょうか。

中島義道著『ひとを<嫌う>ということ』角川文庫、2003

【執筆】
ピースマインド・イープ 浅井咲子


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
http://health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
http://health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

効能がひとめでわかる薬味INDEX

<性質について>薬膳では、からだを温めるか・冷やすかで食べ物の性質を5つに分類しています。 この5性に属する食べ物をバランスよく食べていくことが、健康な食生活の基本。 「寒」からだを強く冷やす作用... 続きを読む

自己評価はあてにならないってこと

会社の後輩が話題のエクササイズビデオをようやく手に入れた。そんなわけで今日は朝から「全身筋肉痛でキツイ」と大騒ぎ。 彼女は入社当時から比べると、明らかに太った。それもそのはず。ランチに行けば、ガッツリとしたメニューを完... 続きを読む

苦しみから抜け出すヒント-自分自身を否定せず優しく受け止める

2009年が始まりました。皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?世界金融危機に伴う、痛ましいニュースが連日報道されています。確かと思われていたものが揺らぎ、世の中が混乱のさなかにあります。今の社会情勢のみに限らず、到底解決できないと思える... 続きを読む

吹き出物が治らないあなたへ!おすすめ肌荒れ解消簡単マッサージご紹介♪

血液と同じようにリンパ液も流れています。リンパ液って何?という人の質問には、「血液から出た体液で、老廃物をもってまわるもの」と言えば良いでしょう。 顔にもリンパ液はめぐっており、肌荒れやニキビなどはリンパがドロドロ状態になっているからと... 続きを読む

ドラマ『アグリー・ベティ』の主役 アメリカ・フェレーラ

痩せた!太った!がすぐ話題になるハリウッド。 だからこそ、美しくなる方法を一番良く&いち早く知っているはず! 美しいセレブの秘訣をBe Dietロス特派員がリポート! 59 アメリカ・フェレーラ Am... 続きを読む

感情と上手く付き合うには-感情を相手に上手く伝えるには

感情は自分自身といつも共にあり、刻々変化しています。これを読んでいるこの瞬間にも、もしかしたら悲しい気分で読んでいるという方がいらっしゃるかもしれませんね。
感情は心の声ですが、わたしたちは自分自身の心の声をどのように取り扱っているでし... 続きを読む

集中力アップ!魅力アップ!感情をコントロールする「瞑想」で、ストレスから解放

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。今回は『瞑想』でキレイになっちゃいましょう。瞑想と言うと、ジッとしていられないから無理などと思ってしまいますよね。しかし、瞑想で得られるメリットは計り知れず、し... 続きを読む

怒りをコントロールする方法‐アンガーマネジメントの3つのポイント

最近、怒ったことはありますか? 腹を立てて物にあたる人、きつい言葉を相手にぶつける人、怒りを我慢してイライラしている人・・・。人間が生活する中で、怒りの感情を持つことは自然なことです。他人から自分の価値を評価されていないと感じたとき、自尊心... 続きを読む

パーマ後のダメージが気になるあなたへ!自宅で簡単おすすめケア法3つ

ぱっと起きて、スタイリングもほとんどせずに、忙しく行ってきまーす!と言えるヘアスタイルといえばパーマでしょう。華かやかでオシャレ、スタイリングも楽・・・と良いこと尽くしのパーマですが、髪の毛には相当なダメージを与えています。ですから、自... 続きを読む

自分を成長させるには適度な緊張感がポイント-能力のエッジを探る

3月を迎え、2008年度も締めくくりの時期となりました。異動や転勤、転居といった変化の時期を迎える方も多いでしょう。新たな世界を前にして、期待に胸を膨らます方、どちらかといえば期待より不安が大きい方、様々だと思います。今回は、「エッジ」とい... 続きを読む