高齢者との付き合い方-注意する3つのこと|「老い」を受け入れる

老いを受け入れるということ

 

総務省発表の「推計人口」*によると、ついに65歳以上の高齢者が日本の総人口の23%、さらに、後期高齢者といわれる75歳以上は11%に達したそうです。まだまだ、と思っていても、自分の親も老いていきますし、すでに高齢者との接し方で困難を感じている方がいるかもしれません。今回は、高齢者の心の特徴を理解しながら、誰にでも訪れる老いについて考えたいと思います。

喪失体験

これまでできたことができなくなる。身近にいた人がいなくなる。身体の機能を失う。自分の存在価値を見失う・・・。
高齢者は一般的にこういった喪失感をたくさん経験します。

●自信の喪失
老化により体力、運動機能、視覚・聴覚などの五感、短期的な記憶力など一部の知的能力が低下します。さらに容貌も変化し、自分自身に自信がもてなくなります。
●アイデンティティの喪失
仕事上の役割や、家庭での役割を失い、自己有用感、自己効力感がもてなくなり、自分の存在価値がわからなくなります。
●人間関係の喪失
配偶者や友人など、特に同年代の親しい人たちとの死別は寂しいものです。さらに、自分を理解し、認めてくれる人を失うと同時に、自らの死を意識させられます。

これらの喪失体験と、それによって生じる葛藤を理解することが、高齢者の心の理解には欠かせません。
こんな例があります。
以前は会社で要職に就き、大勢の人に囲まれてバリバリと仕事をしていた、ある男性。年をとり、家族にやたらと威張り散らし、支配的になりました。
また、女手ひとつで立派に子育てを終えた「凛」としたある女性は、面倒見のよい息子夫婦に囲まれながらも、「私なんかいない方がいいわよね」とひがみっぽくなりました。
いずれも、人生での大きな役割を終え、自分の存在価値を見失いかけて不安になっている様子がうかがえます。では、どのようなことに気をつけて高齢者と接すればよいのでしょうか。

ひとりひとりの意思を理解し、その人生を尊重する

健康状態も、老化のスピードも個人差が大きいのがこの世代です。「年寄りってこういうもの」といった偏見をもたず、しっかり向き合って、相手の気持ちや意思、できることとできないことを理解することが大切です。

●話をよくきく
私たちは忙しく生活し、つい高齢者のペースに合わせることを忘れがちです。もし同居しているならば、毎日たった5分でも10分でもいいのです。しっかり向き合って、高齢者の言葉に耳を傾けてみましょう。昔のことばかり、何度も同じ話をするかもしれません。けれども、その人生の歴史に関心を寄せて、話を聴くことは、本人が生きてきた「意味」「価値」を再発見する手助けとなります。
●「もう、年だから」というレッテル貼りをしない
「年だから」といって、仕事をとりあげていませんか?疲れすぎないよう配慮しながら、もう少し頼りにしてみてはどうでしょう。「助かる」「一緒にいてくれて嬉しい」ということを伝え、本人の意思を尊重し、尊敬の念をもって接することが大切です。
●身体の変化に気を配る
高齢になれば、体力は確実に衰えていきます。特に聴力や視力の低下でコミュニケーションに支障をきたしている方も多くいるかと思います。すぐに「ボケ」を疑う前に、機能の低下を理解し、本人の立場になって対応しましょう。

「老い」を受け入れるということ

最近、アンチエイジングという言葉が流行していますが、「ああはなりたくない」という「老い」そのものの否定につながらないよう、注意が必要です。「老い」という現実を受け入れてはじめて、高齢者に寄り添うことができるのではないでしょうか。

*平成22年4月発表 総務省「人口推計」による概算値
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/tsuki/index.htm

参考文献:
竹中星郎著『高齢者の喪失体験と再生』青灯社、2005
林千世子著『老人の「複雑な思い」をわかってあげる本』河出書房新社、2004

【執筆】
ピースマインド・イープ 津田 るみ


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
http://health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
http://health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

携帯電話の電波はペースメーカーに影響なし 総務省が指針を発表

携帯電話の電波のせいで心臓のペースメーカーが誤作動を起こす…そう思ってはいませんか?しかし、携帯電話の電波はペースメーカーには影響がないことが、総務省の調査結果からもわかっています。 携帯電話の電波の影響は極めて限定的 2014年度... 続きを読む

【医者が教える】高齢者の在宅医療‐家族の負担への配慮の大切さ

超高齢社会を迎えて、高齢者の不安が増していると聞きます。
全国の60歳以上の男女に聞き取った内閣府の調査「高齢者の日常生活に関する意識調査」(平成21年)によると、将来の日常生活に対して「不安を感じる」人が7割を超えました。その要因とし... 続きを読む

夫婦間のDVの被害者の98%は女性-被害者や子どもへの影響

人間関係の中でも、夫婦の関係に悩む人は少なくないと思います。家庭内の問題は個人的なことであって、自分さえ我慢すれば、あるいは自分が態度や行動を変えれば何とかなるだろう、と誰にも言わずにいる場合が案外多いかもしれません。 しかしそれらのこと... 続きを読む

「なんか疲れた」と思ったら体の疲労サイン-疲労回復に効く食事

環境が大きく変わった、仕事が忙しい、遊びすぎた、睡眠不足などで疲れを感じるのは当たり前ですね。ゆっくり休養して回復するなら問題はありません。しかし、ぐっすり眠ったのに次の日に疲れが残ったり、朝から体がだるくてやる気がでない、といった人も多... 続きを読む

注目ワードコラム [あなたが「年」を感じる時はどんな時ですか?]

注目ワードコラム あなたが「年」を感じる時はどんな時ですか? 帰宅ラッシュの電車の中、窓に映った自分の姿に「あれ?老けたかも」なんて感じることはないでしょうか。30代も半ばを過ぎると、立ち上がるときうっかり... 続きを読む

実年齢より若々しく、老化のスピードを遅らせるコツ!第1弾

前回の記事で、「ベスト体重をキープし、健康で老化のスピードを遅らせれるよう日々意識していること」を箇条書きしていましたが、今回は1つ1つ、さらに詳しくお話させていただきますね。実年齢より若々しく、老化のスピードを遅らせるコツ1 トータル... 続きを読む

意外と重要なフットケア-足の健康が心身の健康につながる

子どもから高齢者まで幅広い年代を対象に、足部や足爪に発生している問題に触れてきたこのシリーズも今回が最終回です。
超高齢社会の日本では、高齢者の転倒を予防し、健康を支援するとともに、いつまでも前向きに元気で活動してもらうことが重要です。... 続きを読む

女性は男性よりうつ病になりやすい-うつ病自己評価尺度でチェック

うつ病は男性よりも女性に多い病気です。女性が男性よりうつ病になりやすい原因の一つは、月経周期や妊娠・出産、閉経(更年期)による、ホルモンバランスの急激な変化による心身のストレスと考えられています。
もう一つは、就職、結婚、妊娠・出産、子... 続きを読む

偏見のメカニズム-カテゴリー化とステレオタイプの考え方を辞めるには

この時期、夏休みを利用して旅行する方も多いのではないでしょうか。初めての土地を訪ねたときなどは、事前に描いていた単純なイメージとは一変し、様々な魅力を発見することがあります。 初対面の人についても同様に、相手が男性か女性か、どんな職業か、出... 続きを読む

知的に華麗にダイエット!賢く痩せよう

ゴウヤ酢
どんなダイエットでも継続していくのは至難の業、同じ努力をするのであれば、簡単に知的にダイエットを行いたいものですよね。知的にダイエットを行うコツをとしては、「食べたい衝動を別の行動で抑える」ことをオススメします。ダイエットの大... 続きを読む