マラソンのすすめ-走る習慣の身につけ方と自分へのご褒美のコツ

走る楽しさって?続けるコツは?

 

最近、「マラソン」がブームになっていますね。東京マラソンが大きく話題になっていますが、2007年に開催されて以降、参加希望者は毎年増加しているようです。調べてみると、実は私たちの周りにも、気軽に参加できる市民マラソン大会やチャリティーマラソンなどがたくさんあります。走ることが、健康維持のためにいいことだとはわかっていても、「なぜ苦しい思いをしてまで走らなくてはいけないの?」と、走る動機がわからない方も多いのではないでしょうか。
今回は、「走ってみたいな」と考えている方や、「一度走ってみたけど続かなかった」という方に、走る楽しさ、走る習慣を身につけるコツなどをお伝えしたいと思います。

何のために走るの?走る楽しさって?

走る目的は「健康にいい」「ダイエット」「ただ走ってみたい」「気分転換」など、人それぞれです。走ることで、ぜい肉が落ちて筋肉がつくなど、目に見える効果を得ることもできます。また身体に程よい疲れをもたらし、睡眠や食事にもよい影響を与えます。けれど、これらの目的のために、わざわざ苦しくて辛い“マラソン”を選択するには、何か理由があるはずです。実際に走ってみると、どうやら目には見えない楽しさがあるようです。

走っている最中に身体の重さを感じたり動きに集中していると、周囲の喧騒を忘れてふと自分自身と向き合ったりします。このような、普段の生活であまりない体験が心地よさを感じさせ、走る楽しさの一つになるのです。また、「ランナーズハイ」という言葉がありますが、これは長時間走り続けることで非常に高い高揚感を味わう状態のことをいいます。そして、この作用はエンドルフィンによる効果という説があります。エンドルフィンが脳で分泌されると、身体の痛みをやわらげる効果があり、同時に多幸感をもたらすと考えられています。そのため、長距離を走り続けて体が疲労していたり足が痛い場合でも、エンドルフィンの作用で疲労感や痛みがなくなり、逆に気持ち良さが強く出てくるのです。これらを体験すると、「走る=苦行」のイメージが変ってくるかもしれませんね。

走る習慣を身につけるコツ

習慣を身につけるためには、走る距離や環境など何事も無理をしないことが大切です。例えば、走る距離をはじめから「1日5km!」などと目標を高くしすぎると挫折する可能性も高く、その挫折が諦めるきっかけになりがちです。早朝や仕事帰りといったちょっとした時間をみつけて、「週1回5kmから」など取り組みやすい距離・インターバルから始めてみましょう。走る場所も自宅や職場の近くだと無理なく続けられます。公園や土手沿い、最近ではマラソンコースが整備されているところも多くあります。自分が気持ちよく走れる場所を探してみましょう。
走るモチベーションを維持するためには、マラソン大会にエントリーしてみるのも一案です。主な距離は5キロ、10キロ、ハーフマラソン(約21キロ)、フルマラソン(約42キロ)。自分の体力に合わせて距離を選択して、まずは完走を目標にしてみましょう。

走る気持ちを支えるご褒美

そうはいっても新しいことを始めるのは気力もいるし、腰がひけてしまう…という方は、走った後に自分へのご褒美を用意しておきましょう。例えば、5キロ走ったら美味しいビールを1杯飲んで帰る…というご褒美を用意しておきます。乾いた喉に流し込むビールは美味しいだろうな~と思うと、つい頑張って走ろうと思ってしまうものです。このように、ご褒美を用意して行動することを心理学では「自己強化」といいます。「走ること(=行動)」に「ご褒美の美味しいビールを飲むこと(=強化)」を自ら伴わせることで、行動を促進させることができます。この自己強化は、マラソンだけでなく普段の生活にも応用できますね。何をご褒美にしようかと考えるのも、また楽しいものです。

「走る=苦行」に感じていた方も、今ならきっと心地よさを感じられると思います。リトライ組も初めてトライ組も、ぜひ一度、涼しくてちょっと寒いくらいの季節に、走ってみてはいかがでしょうか。

参考文献:
中野敬子『ケース概念化による認知行動療法・技法別ガイド』遠見出版、2009年

【執筆】
ピースマインド・イープ 鈴木 麻友


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ご褒美ごはん

あなたにとって2008年はどんな年でしたか。 ひとことで答えてみると?______________________________________ 強く残っていることは?___________________... 続きを読む

今年こそマラソンを完走したい! 記録を伸ばす2つのエクササイズ

空前のマラソンブームといわれるなか、10月5日、「東京マラソン2008」の出場者の抽選が行われました。当選者3万3千人に対して、なんと15万人を超える申し込みがあり、当選倍率4.7倍という盛況ぶり。東京マラソンだけでなく、全国各地で市民マ... 続きを読む

ご褒美はおからクッキー!

思考は現実化する
突然ですが。あなたは、本当にやせたいですか?
「やせたいのに、食べてしまう」、「減った体重が戻ってしまう」、「運動をしたいけれど出来ない」、「三日坊主になってしまう」、「あれもこれも食べたい... 続きを読む

女性たちがマラソンに夢中になる訳-皇居ランナーに女性が多い理由

市民ランナー3万人が、都心を駆け抜けた東京マラソン。3万人のうち約2割は女性でした。颯爽と走る姿を見て、憧れを抱いた人も多いでしょう。気がつくと、公園や河川敷など、街のあちこちで女性ランナーの姿が見られます。女性が走り出したきっかけは何で... 続きを読む

二人の距離がグッと近づきそうな夏の遊びランキング

市販の打ち上げ花火 手持ち花火 ホタル見物 肝試し 夏の天体観測 6位以... 続きを読む

なりたい自分をイメージする『未来デザインシート』の作り方

1年後、10年後、30年後…未来の自分はどのような人生を送っているでしょうか。また、 どんな自分になっていたいですか。
未来の自分をイメージすることは、不確定な要素もあってなかなか難しいものです。 けれど、ただ漠然とした毎日を過ごして... 続きを読む

彼女に作ってもらったら嬉しい! ビールに合う定番肉料理ランキング

唐揚げ 餃子 肉じゃが 豚の角煮 豚のしょうが焼き 6位以降をみる ... 続きを読む

パーソナルスペースの4つの距離-仲の深さで分かる心地良い距離

寒暖の差もようやくおさまり、過ごしやすい季節になりました。新生活を始められた方も、少しずつご自分なりのペースをつかみ始めてきた頃ではないでしょうか。一方で出会って間もない人との距離感は掴み辛く、ご苦労されている方もいらっしゃるかも知れませ... 続きを読む

筋力UPや若返り効果も!ダイエットウォーキング【インターバル緩急】

Aloha~!ウォーキングプロデューサーのOK和男です。健康増進・ダイエットのためにウォーキングを積極的に行っている人ならば、筋力UPや若返り効果まで期待できる歩き方にも興味あり!?ダイエットウォーキングのポイント第3弾は、緩急を活かし... 続きを読む

【危険な喉の痛み】こんな症状があったら即病院へ!

ウイルスや菌が原因の炎症
急に喉が痛くなり、身体のだるさや発熱などを伴う場合は、ウイルスや細菌の感染が考えられます。


急性咽頭炎は、アデノウイルス、コクサッキーウイルスなどのウイルス感染や、A群β溶血性連鎖球菌(ベータようけつ... 続きを読む