意外なストレスの原因-頑張りずぎて体調を崩したAさんの場合

「いつもと違う」ことの連続に要注意!

 

イベントや環境の変化などが重なることの多い、期の変わり目。数年ぶりの旧友との再会や、親戚の集まり、まとまった休暇を利用しての旅行といった、心躍る楽しみがある方も多いかもしれません。
でも、ここでちょっと知っておいていただきたい意外なことがあります。それは、どれほど嬉しいイベントであっても、非日常的なことが重なったり続いたりすると、エネルギーが費やされ、ストレスの元に成り得る、ということです。

さまざまなストレス元

1960年代にワシントン大学精神科医のホームズらは、「結婚」によるストレス度を50点とした場合のさまざまなライフイベントのストレス度をまとめました。アメリカにおける半世紀近くも前の調査ですから、そのまま現代の日本に置き換えて考えるには無理がありますが、具体的なイベントのストレス度を数値化した点で画期的だったため、今でもさまざまな書物によく取り上げられています。この中でもっともストレス度が高いとされたのが「配偶者の死」でした(100点)。また「結婚」以外にも、「個人的な成功」や「クリスマス」のように、喜ばしいイベントについてもストレス強度が示されています。
日本では精神科医の夏目誠氏らによって、勤労者や主婦、大学生らを対象としたストレス研究が行われています。ストレスドックを受けた勤労者を対象とした研究によれば、過去1年間に体験したイベントのストレス度合計が、300点を越えた人の67%が精神疾患であったそうです。

よくありそうな具体例から

エネルギッシュな30代の男性Aさんは、豊富な経験が活かせて高い給与が得られる職場を求めて転職、それと同時に単身赴任で家族から離れて新しい仕事に就きました。いざ入社してみると、そこでは仕事内容や職場環境が違うだけでなく、人間同士の関わりが希薄で隣の人ともメールでやりとりすることが日常的だったのです。Aさんは会話の少なさにとまどいを覚えました。それでも、自分さえ努力すれば何とかなると信じ、受験生の世話でゆとりのない妻と毎日電話で話はするものの、心配をかけたくないと愚痴もこぼさず、独りで辛い思いを抱え込んで頑張っていました。しかし、うまく仕事になじめないと感じて半年も経つと、徐々に自信がもてなくなり、よく眠れず夜中に目が覚めてしまう、食欲がない、仕事への意欲が湧かないといった症状がでてきました。ようやく妻に打ち明けて心療内科を受診したところ、抑うつ状態との診断を受けました。
このケースにおけるAさんのストレスの元は「転職」、「収入の増加」、「単身赴任」、「住宅環境の大きな変化」、「同僚との人間関係」、「子供の受験勉強」、などが相当します。夏目氏による点数表でみたストレス度の合計は、250点を超えていました。

過重なストレスへの気づきが大事!

Aさんはすぐに変調に気づいて行動できたため、比較的早く回復できましたが、一旦メンタル不全になると、エネルギーを回復するまでに一定の時間が必要です。それならば、メンタル不全にならないように予防できればいいのでしょうが、何がストレス元になるかは人によって違いますし、ストレス元をすべてコントロールすることも困難です。
そこで、ちょっと疲れたなと感じた時、いつもと違うことが複数なかったかどうか振り返ってみましょう。ストレスをためていたことに気づければ、それだけでも十分意味があります。意識的に休養をとるなど早めに自分に合うエネルギー補充をして、次なるイベントに備えましょう。

参考文献:夏目 誠著「勤労者のストレス評価法(第2報)-ストレスドック受検者の1年間における体験ストレス点数の合計点とストレス状態や精神障害との関連から-」『産業衛生学雑誌』2000年42巻 4号、p.107-118

【執筆】
ピースマインド・イープ 藤縄 理恵子


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
http://health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
http://health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

セルフトークでポジティブに-前向きな感情でパフォーマンス向上

10月に入り、今年も残すところあと3カ月となりました。皆さん、今年の目標の進捗はいかがでしょうか。既に達成されたもの、想像以上に難航しているもの、様々だと思います。 目標設定から時間が経過し、モチベーションが低下してしまったという方もおら... 続きを読む

ダライ・ラマ14世が提唱する『中道のアプローチ』とは?

皆さんは、人と意見がぶつかった時、どんな気持ちになりますか?相手を許せない気持ちやコントロールしたい気持ち、対立を恐れる気持ちなど、どちらかといえばネガティブな感情や感覚が生まれることが多いかと思います。お互いに自分が正しいとアピールし、相... 続きを読む

セルフトーク・マネジメントで行動をコントロールする方法とは?

先日、駅のホームで言い争いをしている人を見かけました。どうやら一人の人がぶつかったのに謝らなかったことが事の発端のようですが、売り言葉に買い言葉で、あっという間に怒鳴りあいになっていました。皆さんも、「何故かわからないけど、気がついたらそん... 続きを読む

スティーブ・ジョブズから学ぶ自分のブランドの確立の仕方とは?

ipodやMacで有名なアップル社のCEO、スティーブ・ジョブズは、その経営手腕のみならず、人の心に深く響くスピーチや言葉の数々においても世界中から評価されています。 彼の言葉には、弱みも強みに変える生き方や一貫したビジョンが反映されていま... 続きを読む

カウンセラーが語る「自分らしさ」とは? 能力を最大限に発揮するには

カウンセラーとして「自分らしさとはこういうことですよ」と語るつもりはありません。なぜなら、それはカウンセラーという仕事をしているひとりの人間として私自身が追いつづけているテーマでもあるからです。ここでは、皆さんと同じ時代・同じ空間を共有し「... 続きを読む

感情労働とは? 接客やサービス業に必要とされる感情コントロール

日々の生活の中では、自分が持つ感情とは別に、相手に配慮しながら対応しなければならない場面があります。親しい仲間の中では、お互いに感情を表現することで、より深い信頼関係を築いていくということがありますが、学校や職場といった公の場においては、感... 続きを読む

「聞く技術」を養うには-聞き上手になるための3つのポイント

皆さんは対人関係の中で話すほうが好きですか、それとも聞くほうが好きですか?生活をしていると、様々な場面で「聞き上手」であることを求められます。ピースマインドで活躍しているカウンセラーは「聞く」ことを仕事にしているプロですが、カウンセラーと... 続きを読む

他人との距離によってわかる関係性-心地よい距離の見つけ方

あまり親しくない相手と会話をしているとき、相手があまりにも自分に近づいてくると、知らず知らずのうちに身を引いたり、後ずさりして一定の距離を保とうとしていませんか。人と人との距離を対人距離といいますが、人間は、親しい人とはより近く、知らない人... 続きを読む

心を開くことの重要性-自分が心を開けば相手も開いてくれる理由

私たちは、日々、多くの人々と社会生活を営んでいます。1人で行動することもありますが、ほとんどの場合、様々な集団に属し、その一員として活動しています。集団とは、ある目的を達成するために集まったものと定義され、その中で行なう行動は集団行動です。... 続きを読む

他人に振り回されない人になろう-セルフリーダーシップの取り方

毎回、面倒な仕事を振ってくる上司に対して、イライラ・・・ 友人の愚痴に付き合わされて、イライラ・・・ 親から小言を言われて、イライラ・・・など 自分のペースで過ごしたいのに日常生活の中では、なかなか思うようにいかないことが多いですよね。お... 続きを読む