【コラーゲン】こらーげん

 コラーゲンは動物の皮や骨、軟骨に含まれるタンパク質の一種です。人間の体の20%がタンパク質でできていますが、その約3分の1をコラーゲンが占めています。ところが25歳を過ぎた頃から急速に減少し始め、さらには紫外線によるダメージや喫煙による悪影響などで変性し、その効果を失い始めます。

肌の弾力・ハリが失われたり、シワができたり、関節が動きにくくなったりします。しかし諦めることはありません。プライムスキンケアクリニックの楠山法子先生は「加齢によって減少したり変性すると言っても、きちんとタンパク質(特に肉類)を摂っていれば、コラーゲンの減少を抑制できます」と言います。楠山先生にコラーゲンと肌の老化との関わり、若々しい肌を保つ方法を伺いました。

コラーゲンとは、どんな成分?

コラーゲンは人間の肌や骨、血管、歯、目、関節をはじめ、あらゆる臓器に存在しています。

 コラーゲンの主な役割は、一言でいえば体や臓器の形を整える構造材。繊維状や膜状になっていて、細胞同士をつなぎ合わせ補強する接着剤のような役割を果し、体の各器官を形づくっています。さらに、皮膚にあるコラーゲンは、肌の弾力性を保つ役割を担っていますし、骨や歯ではコラーゲンの網の目の中にカルシウムの結晶が入り、その硬さを維持しています。血管では、血管の弾力を保つという重要な働きをしています。

 ところが加齢とともにコラーゲン量は減少していきます。そのメカニズムは、こうなっています。

 代謝が悪くなったコラーゲンはそのまま長期間体内にとどまり、その間に紫外線を浴びたり、活性酸素などの攻撃を受けたりして変性してしまいます。するとコラーゲンは、サビついたスプリングのようになり、弾力性を失い固くなります。コラーゲンが固くなると分解されずらくなり、ますます代謝のスピードが落ち、さらに新しいコラーゲンが作られなくなるという悪循環を引き起こすことになるのです。

 特にコラーゲンは皮膚の真皮の約70%を占めているので、コラーゲンが減少すると、組織の弾力性が失われ、肌にシワやたるみができてしまいます。目尻や口元などの深いシワ(コレが老け顔の原因!)もコラーゲンの減少が原因です。

 

ペプチドコラーゲンがおススメ

 ではコラーゲンの減少や変性を防ぐためにはどうすればいいのでしょう。「年齢とともに減少してしまうのだから、仕方がない」と諦められますか?
「コラーゲンをつくるタンパク質を摂取すればいいのです。コラーゲンの新陳代謝が高まるので、変性しにくくなり、肌も若返りますよ」(楠山先生)。

 コラーゲンは食事に含まれるタンパク質が小腸でアミノ酸に分解・吸収されて、必要に応じて体の各部でコラーゲンに合成されます。

 しかし新しい研究で、コラーゲンよりも分子量の小さいペプチドコラーゲンの方が吸収されやすいことが分かってきました。ペプチドの方が小腸での吸収が早いので、タンパク質などからのコラーゲンの合成を期待するよりも、速効性があるということ。

 さらにペプチドコラーゲンには、コラーゲン合成を促進するシグナルを発しているという説もあります。どうやらコラーゲンを生み出す細胞を活性化する働きもあるようです。ペプチドコラーゲンを摂れば、コラーゲンを生み出す力そのものが高くなるというわけですね。

「コラーゲンが含まれる食品を積極的に摂ったり、またダイエットや野菜中心の食事をしている人はペプチドコラーゲンのサプリメントを利用するのもよいでしょう。

 その時、ビタミンCもぜひ一緒に摂ってください。コラーゲンが体内で再合成されるプロセスでビタミンCは不可欠です」(楠山先生)。

スキンケアとコラーゲン

化粧品の成分としてもコラーゲンは人気です。でもコラーゲンの分子は真皮まで浸透するには大きすぎて、到達できません。しかしコラーゲンは保湿力に優れています。化粧品で、同じく保湿力のあるヒアルロン酸と一緒に配合されたりするのは、この保湿力があるため。

 シワやたるみを改善するなら、皮下に直接コラーゲンを注入する「コラーゲン注射」も効果的だそう。
「最近ぷっくりとした唇がハリウッド女優達に人気ですが、こうしたこともコラーゲン注入で簡単に作れます」(楠山先生)

楠山法子先生 プライムスキンケアクリニック 皮膚科・医局長
 「健康な肌で若く美しく」を手助けしてくれる頼りになる先生と評判。ニキビ、シミ・シワが専門。