【L-92乳酸菌】えるきゅうじゅうににゅうさんきん

 現代病の代表と言われる、アレルギーに悩まされている人に朗報が。「L-92乳酸菌」が、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの、つらい症状を緩和することがわかりました。

「乳酸菌というと思い浮かぶのが、ヨーグルトや乳酸菌飲料でおなじみのビフィズス菌。ほかにも、ヨーグルトのラベルを見ると、L-カゼイ菌など多くの種類の乳酸菌が確認できます。実際には、乳酸菌という名の菌はなく、乳酸という物質を作る菌群を総称するものなのです。乳酸菌は腸内でさまざまな働きをしてくれますが、L-92乳酸菌は特にアレルギー抑制効果があるとして注目されています」(鳥居新平先生)

アレルギーの原因物質を抑制

 私たちの腸内には、乳酸菌などの善玉菌、大腸菌などの悪玉菌を合わせて約100種・1千兆個もの細菌が棲みついています。その状態を“腸内フローラ(腸内細菌叢)”といいますが、腸内フローラの状態が善玉菌優勢ならば問題なし。
「L-92乳酸菌やビフィズス菌などが作りだす乳酸は酸性。そのため、善玉菌が優勢の腸内は、弱酸性に保たれています。悪玉菌は酸に弱いので、弱酸性の環境では増えたり有毒なガスを出したりすることができません。腸内環境がよくなると、肌荒れや便通が改善。さらに、腸管免疫という、全身の免疫機能をつかさどる部位が活発に働きます」(鳥居先生)
 腸管には免疫細胞が集まり、アレルギーを起こす物質を取り込んで処理しています。この仕組みを「腸管免疫」というのですが、乳酸菌を補給するとその機能が高まるのです。
「マウスの実験や人の臨床試験で乳酸菌を補給したグループと、そうでないグループを比べると、乳酸菌を摂取したグループにアレルギー症状の改善が見られました」(鳥居先生)
 その仕組みを簡単に説明します。アレルギーを起こす原因物質が腸内に入ると、それを排除しようとして「IgE」という抗体が作られます。ところがIgEが大量に作られすぎると過剰反応になりアレルギー症状を引き起こすのです。乳酸菌はこのIgEの産生量を抑制してくれるのです。  また、腸管にはIgAというもう1つの抗体があり、抗原が腸管に侵入すること自体をガードし、無用な免疫反応が起こらないようにしています。乳酸菌はこのIgAを増強する働きもあるのです。
「乳酸菌の中でも、L-92乳酸菌はその効力が大きいといえます。また、胃酸などの影響をあまり受けず、腸に到達する力も優れています」(鳥居先生)

オリゴ糖や食物繊維と一緒に

 乳酸菌を口から補給すると、もともと腸内に棲みついている善玉菌を増やしたり、元気づけたりする効果があります。
「食べたり飲んだりして摂取した乳酸菌は、胃酸や胆汁酸により99%死んでしまいます。だから効果がないのでは…、と考える人もいますがそんなことはありません。現在では死んだ菌でも効果があることが証明され、多くのサプリメントで乳酸菌の死菌が用いられています。腸内の乳酸菌は悪玉菌との戦いで消耗しますし、加齢によっても減少します。善玉菌優勢の腸内環境を保つためにも、毎日補給する必要があります。L-92乳酸菌はサプリメントや、飴などの補給しやすい商品でいろいろ展開されています」(鳥居先生)
 鳥居先生自身もアレルギー疾患の患者さんの補助療法として、サプリメントを処方。毎日の摂取で症状が軽くなったり、治療薬を減らすことに成功しています。
 人にもよりますが、サプリメントを8週間以上摂り続けると効果が期待できるそうです。花粉症の人は、これからの季節に向けて今から試してみてはいかがでしょうか。
「乳酸菌は、オリゴ糖や食物繊維が大好物。一緒に摂ると、乳酸菌の効果が高まります。一方、脂っこい食物は、乳酸菌の敵・悪玉菌を増やし腸内腐敗を促進するので控えめにしてください」(鳥居先生)

左:「L-92乳酸菌」を手軽に摂れるサプリメント。体の内側からバランスを整えて、外部ストレスに負けない体作りをサポート。「アレルケア」60粒30日分¥2,100/カルピス
右:春のムズムズ対策向けキャンデー。メントールの強い刺激が鼻に広がる。「L-92乳酸菌はなのど飴〈袋〉」¥300/江崎グリコ


お話を伺った先生
鳥居新平先生
医学博士。信州大学医学部卒業後、名古屋大学医学部講師などを経て、名古屋市の総合上飯田第一病院アレルギー科嘱託医に。日本アレルギー学会、および日本小児科学会認定専門医。アレルギー疾患における乳酸菌の効果について研究している。