【APPS】えーぴーぴーえす

 夏に向けて紫外線対策は始めていますか? いま注目なのが、進化したビタミンCコスメです。

「ビタミンCは、人の体内で作れない栄養素なので、毎日摂る必要があります。肌に塗っても効果を発揮しますが、浸透しにくく、分子構造が不安定で化粧品に配合しにくいところが難点でした。そこで開発されたのが、『ビタミンC誘導体』という化合物です」(岡部美代治さん)

 化粧品の成分表示で目にしたことのある人も多いはず。この「ビタミンC誘導体」は、肌の中に入ると活性型のビタミンCになり、最大限の力を発揮します。 「中でも最近、優れた効果で話題になっているのが、“新型ビタミンC誘導体”と呼ばれる『APPS(えーぴーぴーえす)』です」(岡部さん)

「APPS」は成分の頭文字を並べたもの。「アプレシエ(R).」とも呼ばれる白色の粉末で、近年多くの化粧品に使われています。 「水分にも油分にも溶けるという特長があり、肌への浸透力が従来のビタミンC誘導体と比べ、優れているんです」(岡部さん)

美白に抗酸化、ハリ感アップも!

 そもそもビタミンC誘導体とはどんな物質なのでしょうか。 「ビタミンCである『アスコルビン酸』に、他の成分を結合させることで肌に浸透しやすくしたもの。肌に入った後、ビタミンCは体内酵素の働きで他の成分と別々になり、さまざまな効果を発揮します」(岡部さん)  ビタミンCは水溶性。そこでまず水溶性のものが開発されました。しかし、肌は水溶性の物質を弾く作用が強いため、より浸透力の高い油溶性のものも登場。用途が広がりました。

「水溶性タイプは肌の表面で効果を発揮するため即効性があり、化粧水や美容液に多く配合されています。一方、油溶性タイプは乳液やオイル、クリームに配合され、肌の奥まで浸透しやすいのが特徴。新しい『APPS』は、その2つの効果を持ち合わせ、どんなタイプの化粧品にも配合できます」(岡部さん)  驚くべきは「APPS」の浸透力。昭和電工の実験によると、従来の水溶性ビタミンC誘導体と「APPS」では、表皮だけでなく、真皮にも10倍以上の浸透効果の差が。そのため、今までのビタミンC誘導体に比べ、数十倍~100倍の浸透力があるとも言われています。

 肌の奥と表面で、ビタミンCの効果を発揮するのです。 「ビタミンCには、メラニンの生成を抑える美白効果、シワを防ぐ抗酸化作用、コラーゲンの合成を促す弾力アップ効果などがあります。また、皮脂の分泌を抑える作用もあり、ニキビケアの化粧品にも多く含まれています」(岡部さん)

 昭和電工の実験によると、「APPS」はコラーゲンの合成促進効果や、シワに対する臨床試験でも、従来のビタミンC誘導体と比べて改善効果が高いという結果が出ています。 「ビタミンC誘導体は、製品の処方によってはツッパリ感、べたつき、刺激などを感じることもありました。『APPS』はその点も大幅に改善されています」(岡部さん)

日々使い続けて効果を実感!

 この春夏「APPS」を使ってみたいと思ったら、こんな使い方のコツに注意して。 「ビタミンCは体内で貯蔵できないため、スキンケアでも毎日補うことが効果的です。もしひとつだけ『APPS』入り化粧品を取り入れるなら、じっくり浸透する美容液やクリームを選ぶといいでしょう。使用感が好みのものを毎日使い続けていくことが、美肌への一番の近道になると思いますよ」(岡部さん)

 美白やシワ対策といった、特定の目的があるのなら、化粧品メーカーのシリーズをライン使いするのがいいそう。 「それぞれのメーカーが独自の理論に基づいて、『APPS』など配合成分の相性やなじみ方が、最も効果的になるよう考えているので、その順番できちんとつけるのがベストです」(岡部さん)

 あなたの肌の若返りに役立ちそうな「APPS」。化粧品のスキンケア売り場に行ったら、チェックしてみては?

左:APPS配合のため2年間かけて研究開発。肌の内側からハリをよみがえらせる美容液。リフトアップセラム(30ml)¥6,300/ハーバー研究所

右:ふっくらとみずみずしい肌をつくる、APPS入り低刺激化粧水。ホワイトエマルジョンディープ モイスチュアC(170ml)¥5,775/アクセーヌ

お話を伺った先生
岡部美代治さん
ビューティサイエンティスト。美容コンサルタント。コーセーの研究所を経て、アルビオンにて商品開発、マーケティングなどを担当後、独立。美容情報を発信するサイト「ビューティサイエンスの庭」を運営。
http://www.kt.rim.or.jp/~miyoharu/