生理前のイライラは、PMSのサイン-PMSの症状と対処法とは

月経前の不快な症状は、月経前緊張症(PMS)と呼ばれます

月経前緊張症は、働く女性の7~8割が体験するといわれます。上手に対処して、快適に過ごしましょう。

働く女性の7~8割が体験

 生理が始まる3~10日前から、なんとなくイライラする、ゆううつな気分になる、腹痛や腰痛が起こる。でも、生理が始まると、ケロリと治ってしまう…こんな体験をした人はないですか? これらの症状は月経前緊張症(PMS)と呼ばれます。
 人によって、症状が続く期間や現れかたに差がありますが、PMSは働く女性の7~8割が体験しているといわれます。「自分では自覚していなかったけれど、そういえば思い当たる…」という人も多いのではないでしょうか。
 イライラして、つい、まわりの人にあたってしまい、後で自己嫌悪におちいる…こんなこともPMSが原因で起こることが多いのです。
 必要以上に自分を責めず、PMSについて知識を持って、上手に対処したいものですね。

心身にさまざまな症状が

 PMSが起こる原因は、ホルモンバランスの乱れや脳内神経伝達物質であるセロトニンの失調などが考えられます。
 一般的には、月経開始の3~10日前から症状が現われ、月経が始まると軽くなる人もいますが、開始後も続いて、徐々に軽くなっていく人もいます。
 身体的な症状で現れやすいのは、下腹痛、腰痛、頭痛、肩こり、めまい、乳房のはり、冷え、下痢・便秘など。食欲が亢進したり、逆に減退することもあります。さらに、むくみ、にきび、肌荒れ、疲れやすい、眠くなる、などの症状も起こります。
 精神的な症状としては、イライラする、怒りっぽくなる、ゆううつ、無気力、涙もろくなる、不安感、性欲亢進または減退などです。
 さらに、仕事、家事などに集中できなくなり、攻撃的になって口論が増える、人づきあいが悪くなる、などの社会的な影響もみられます。

 このようなPMSを克服するには、いつどんな症状が現われるかを自分で自覚していることが大事。「生理前には不安定になる」と自覚しているだけで、いくらか苦痛がやわらぎますし、気持ちも前向きになります。
 「今、生理前でイライラしてるの。ゴメンね」と、友達や周りの人にあらかじめ断っておくのもひとつの手でしょう。

治療は対症療法がメイン

  PMSの治療は、症状に応じた対症療法が行われます。頭痛には頭痛薬、腹痛・腰痛には鎮痛剤、むくみには利尿剤、イライラには精神安定剤とそれぞれの症状をおさえる薬が処方されます。
 鎮痛剤がクセになりそうで心配だ、という人もありますが、月に数日、鎮痛剤を服用する程度では、まったく心配ありません。痛みを放置してストレスを増幅させる方が、心身ともに負担が大きくなります。
 ただし、月経痛が強すぎる場合は、婦人科を受診しておきましょう。日常生活に支障が出るほどの月経痛は「月経困難症」と呼ばれ、治療の対象になっています。また、子宮の発育不全や子宮筋腫、子宮内膜症、感染症による癒着などが背景にある場合もあります。

 さらに、前述の対症療法に加え日頃から、生活習慣をととのえて、適度な運動をすることも重要です。ウォーキングやジョギングだけでも、背中や腹部に筋肉がついて血行がよくなり、腰痛がやわらぎます。
 もちろんバランスのとれた食生活をすることも大切。ビタミンE、ビタミンB6(ナッツ類、豚肉、レバー、新鮮な魚、アボカド、プルーン、レーズンなどに豊富)を積極的にとりましょう。逆にカフェイン、塩、砂糖などは控えるようにしましょう。

 PMSは、排卵があって、月経がくる人なら、誰でもかかる可能性があります。知識を持って、自分でうまくコントロールしたいものですね。また、症状が強い場合は、気軽に婦人科を受診して、少しでも不快感をやわらげたいものです。

【監修】
天野恵子氏


千葉県衛生研究所所長
千葉県立東金病院副院長
1942年生まれ。東京大学医学部卒業〔医学博士・循環器内科専攻)。東京大学講師、東京水産大学教授を経て、現在、千葉県衛生研究所
所長兼千葉県立東金病院副院長。1999年性差医療(病気の成り立ち、進展、治療には男女で差があり、健康管理や医療の現場では性差を考慮することが必要とする学問)の考えを日本に紹介し、全国で展開されている「性差を考慮した医療の実践の場」としての女性外来立役者。「よくわかる女性のからだ事典」(法研)監修。「行き場に悩むあなたの女性外来」(亜紀書房)編著。

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

PMS(月経前症候群)セルフケアをする前にチェック!【カウンセリングルームから】

月経前1週間前後に起こり、身体的・精神的・社会的症状が月経周期とともに繰り返されるのがPMS(月経前症候群)。特徴として、月経とともに症状が消失ないしかなり軽減するものですが、月経が来てもあまり症状が変化しない、あまり軽減されない場合は... 続きを読む

月経周期に合わせたストレスマネージメント 生理前(PMS)に休養を!

「なんだか元気が出ない」「なんとなく体がだるい」、そんな悩みを抱えた現代の女性たちを元気にしたい!
そんな思いから「カウンセリングルーム心音(COTO)」を開設し、多くの女性の心と体の悩みに寄り添うカウンセリングを実践している臨床心理士... 続きを読む

梅雨時に多いPMS(月経前症候群)と頭痛の対処法【カウンセリングルームから】

ジメジメとした日が続く梅雨時は、なんとなくダルい、頭が痛いと感じる女性が増えます。それは気候の変化だけによるものではなく、PMS(月経前症候群)の影響もあるかもしれません。 そこで、今回の「カウンセリングルームから」では、梅雨時期や天... 続きを読む

働く女性の保険選び・見直しのポイント

共働き=収入に余裕があるのに保険は必要?
夫婦共働きということは、ある程度収入には余裕があるということ、ならば保険に加入しなくてもお金に困ることはないのでは、と思ううかもしれませんが、実は「共働きだからこそ」保険が必要になるのです。それ... 続きを読む

便座より汚い!?働く女性のスマホ、キーボード、化粧品事情

現代に生きる働く女性にとって、スマホや化粧道具は必需のアイテム。どんな人のバッグにも必ず入っていて、常に行動をともにしているはずです。 そんな身近な存在が、実は雑菌まみれの状態であることを知っていますか?今回は、女性が日常的に持ち歩く... 続きを読む

自己嫌悪を克服する方法-自分自身を上手く受け入れるには

日々の生活の中で、自己嫌悪に襲われどうしようもなくなってしまう、といった経験をされたことがあるでしょうか。 ・仕事でミスをしてしまった ・人間関係で相手を傷つけてしまった ・自分が原因で周りに迷惑をかけてしまった ・いくら頑張っても勉強や仕... 続きを読む

睡眠6時間以下は過労死ライン? 働く日本女性の深刻な睡眠事情

夕方に差し掛かると毎日、緊張度が上がる。まずは、退社時刻通りに職場を出られるか。そして、交通機関の遅れなく保育園のお迎えに間に合うか。子どもと家に帰り着くと、息つく間もなく夕食の準備。おなかがすいている子どもに心の中で謝りながらようやく... 続きを読む

さつまいものアレンジレシピ-ドライカレー、さつまいもとりんごのサラダ

天高く馬肥ゆる秋、涼しさが増すとともに、自然と食欲も増してきます。味覚の秋といえば鮭にさんまに松茸をはじめとしたきのこ類、栗、ぶどうと盛りだくさんですね。その中で、さつまいもはちょっと地味な存在ながら栄養価は抜群!
和・洋・中華、主食から... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

色彩が人に与える影響とは? 赤は情熱・青は冷静 それぞれの効果

日に日に秋の色が濃くなってきました。「スポーツの秋」「食欲の秋」などといわれるように、食べ物も美味しく体も動かしやすいこの時期は、こころと体のエネルギー補給にうってつけの季節ですが、今回は芸術の秋になぞらえ、芸術や色彩のもつ力について考えて... 続きを読む