冷え性の原因は自律神経失調症にあるかも-万病の元、冷え性を治す

自律神経失調症など様々な病気と「冷え」が関係しています。

「ただの冷え」とあなどっていたら、後でとんでもないことに…。

女性よ、冷え症をあなどるなかれ

 女性たちを悩ませる冷え症。冷え症とは、手や足、あるいは腰などに異常な冷感がある状態のこと。
 西洋医学では、冷え症そのものは治療の対象になりませんが、だからといって、決してあなどらないでください。
 体の冷え以外の症状がつらくて病院で診てもらったところ、「自律神経失調症」と診断された! なんてケースもあるのです。
 ちなみに自律神経失調症とは、検査をしても体の組織に異常が見当たらないのに、頭痛やめまい、疲労感、肩こり、腰痛、息切れ、動悸、腹部の不快感、食欲不振、そして手足の冷感など、様々な不快症状(不定愁訴という)が現われている患者さんにつけられる病名です。

自律神経系は女性ホルモンの影響を受けやすい

 自律神経失調症の原因は、多くの場合、社会・心理的なストレスがきっかけで体の各器官の働きを調節している自律神経機能のバランスが崩れるためだと考えられています。
 ところで、女性は自律神経機能が不安定になりやすいことをご存知ですか?

 不安定になりやすいのは、月経や妊娠・出産、閉経に伴って女性ホルモンの分泌が変動するためです。
 女性ホルモンは脳の視床下部でコントロールされていますが、ここでは自律神経もつかさどっています。そのため、自律神経機能は女性ホルモンの変動期にその影響を受けやすく、不安定になりがちなのです。
 このような要因に何らかのストレスが加わると、自律神経機能のバランスが崩れて自律神経失調症になるわけです。

気をつけよう! 冷えは万病の元

 女性の自律神経機能が不安定になりやすいことは「女性の体が冷えやすい」こととも関係しています。
 自律神経は血行(血管の収縮・拡張)の調節にもかかわっています。自律神経が不安定になると血行が悪くなり、末梢まで十分な血液が行き渡らないため手足が冷えるのです。
 このように、自律神経失調症も体の冷えも同じ根っこをもっているため、自律神経失調症に先行して体の冷えが出現することも少なくありません。

 冷え症があなどれない理由は、それだけではありません。体の冷えは、生理不順や不妊症、子宮内膜症などの婦人科系の病気をはじめ、リウマチや胃腸障害、さらにはアトピー性皮膚炎など、様々な病気と深いかかわりがあります。
 だから、「ただの冷え」と軽く考えず、適切なケアを施すことが大切。もちろん、普段から体を冷やさないように心がけることも重要です。

 冬場のオフィスでは、カーディガンを重ね着をしたり、スカーフを首に巻く、ひざかけやカイロを用意する、ストッキングの上から靴下をはくなど、冷えが気になるところはとくになんらかの対策をとりいれたいものです。また、毎日の冷えとりには、半身浴や足湯がおすすめです。入浴をシャワーだけですませている人も目立ちますが、シャワーでは、体の表面しか温まりません。バスタブにお湯をはって、ゆっくり浸かり、一日の冷えを解消するようにしましょう。軽い運動やストレッチも血流をよくするのに効果的です。

 手足が冷たい、夜、ふとんに入ってもなかなか温まらないなど、冷え症にはさまざまな不快症状がともないます。その上、病気につながることもあるのですから、冷えはきっちりガードしたい“大敵”です。まだまだ続く寒い冬をのりきるために“冷え対策グッズ”の準備をお忘れなく!

【監修】
高木嘉子氏


ヨシコクリニック院長
1963年東邦大学医学部卒業後、藤平健・山田光胤先生に師事し、日本漢方医学研究所にて漢方を学ぶ。1972年ヨシコクリニックを開業。カウンセリングや生活指導を取り入れた漢方薬中心の治療を行い、西洋医学だけではフォローできない症状を“冷え”という切り口で治療していく。著書「自律神経失調症が必ず治る本」(マキノ出版)、「「冷え症」を治す」(講談社)など。「女性のための女医さんガイド」(法研)では回答医として参加。

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

酢ダイエットレシピ オレンジのバルサミコ酢かけ

シミ対策にはCとバルサミコ
オレンジの甘味にバルサミコがマッチ!1人分39kcal 材料
2人分 オレンジ…1コ バルサミコ酢…大さじ1 砂糖…好みで適量 作り方 1)アボカドは、皮と... 続きを読む

本当はコワい! 「ただの風邪」に潜む“大人の病気”

年齢とともに、なんだか風邪が治りにくくなったと感じていませんか? コンタック総合研究所の調べによると、2〜3日以内で風邪が完治する割合は年齢とともに低下、30〜40代になると6〜7日程度治らなかったり、1週間以上長引く人の割合が増える傾... 続きを読む

実は冷え性悪化の原因だった…。寝るときに履く靴下の注意点

冬も本格的になると、足が冷たくてなかなか寝付けない・・・という女性も多いようです。そのような人々は多くは靴下を履いて寝ているようですが、実はそれが冷えを促進させている原因だった?という説があります。本当なのでしょうか?実は冷え性悪化の原... 続きを読む

特に寒い日は足湯で温まろう-足湯・手湯の健康効果とケア方法

足だけ温泉気分につかる“足湯”は、今やどこの温泉地に行っても見られる光景です。さらに手軽な、手だけ温める“手湯”も登場しています。また、手と足を同時に温めることができるところもあります。一年のうちで寒さが最も厳しいこの時期、あちこちの足湯... 続きを読む

貼るだけで簡単ダイエット!「貼るカイロ」でたるんだ身体をリセットしよう★

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。食べ過ぎてしまった・・・体重が増えてしまった・・・身体を動かせばいいのだけど、なかなか動き出せない・・・わかりますっ!そんな時は、貼るだけお手軽ダイエットで身体... 続きを読む

お風呂を攻略すれば素肌美人になれる! 入浴剤は買わないで作る

一日の終わりに、ホッとくつろぐバスタイム。このリラックスした時間をさらに充実したものにしてみませんか?
ひと手間かけるだけでいつものお湯が、美容と健康にいいお湯に変身!
市販の入浴剤を使用するのもいいですが、自宅にある材料を自分の好みに合... 続きを読む

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む

体のコリに注意!運動性とストレス性があるコリ|マッサージで解消

肩や背中、腰などのコリはゆううつなもの。「デスクワークが多くて、運動不足だから・・・」そう思ってあきらめているあなたも、実はストレスからコリが起こっているのかもしれません。
コリには運動性のものとストレス性のものがあります。運動性のコ... 続きを読む

冬のお肌ケア-乾燥からお肌を守る方法|洗顔やメイクのコツ

ウインターシーズンの大敵は戸外の風!
冷たい風に当たると、肌は急速に乾燥してしまいます。ですから風の強い日の外出は注意が必要。スカーフを上手に使うなどして、顔をじかに風にさらさないようにしましょう。また、エアコンの風にもご注意。加湿器を使... 続きを読む

肝斑は女性ホルモンと関係している!

肝斑の症状とは?

皮膚、特に顔面にできる褐色の斑紋。女性に多い。しみ。
「肝斑」の意味 - goo辞書


基本的には30歳代~40歳代の女性。
肝斑とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

肝斑は... 続きを読む