朝起きられないのは低血圧が原因? 血行がよくなる生活のポイント

規則正しい生活リズムで快適な毎日を

朝型生活とバランスのよい食事、血行をよくする運動を続けることで症状を軽く

原因のはっきりしない本態性低血圧の人がほとんど

 「低血圧だから朝起きられない」という人、若い女性には結構多いようです。低血圧の人には、ほかにもめまいや立ちくらみ、頭痛、肩こり、疲れやすい、体がだるい、気力がわかないなど、さまざまな症状がみられます。そして春から夏にかけて、症状は強くなることが多いのです。

 低血圧とは血圧が正常値を下回っていること。特に決まった基準はありませんが、一般的に最大血圧が100mmHg以下の場合を低血圧といい、次の3種類に分けられます。

●本態性低血圧:特に原因が見当たらず、体質的なものと考えられている。症状がひどくなければ治療の必要はない
●二次性低血圧:がん、貧血、甲状腺機能低下症など、何らかの病気が原因で起こる。原因に対する治療が必要
●起立性低血圧:急に起き上がったり、長時間立ち続けたときに血圧が下がり、めまいや立ちくらみなどを起こすもので、たびたび起こる場合は受診が必要

 低血圧といわれる人のほとんどは本態性低血圧で、日常生活に支障をきたすほどの症状が出ることはまれです。しかし、初めにあげたような症状が起こりやすく、つらいのも事実です。

 なぜ血圧が低いと、このような症状が起こるのでしょうか? 最大血圧の数値は、心臓が血液を全身へ送り出すときに、血管の壁にかかる圧力を示していますが、その圧力が低い低血圧の人は、血液を押し出す力が弱く、血液の循環が悪くなりがちです。血行が悪いと、血流にのって運ばれる栄養や酸素が体のすみずみまで行き届かず、疲労物質を速やかに流すことができないため、疲れやすく、さまざまな症状が現れるのです。夏に症状が強く出やすいのは、気温が高くなると血管がゆるみ、血圧が下がるためです。

 でも、「体質だからしかたない」とあきらめないで! 症状を軽くして快適な毎日を送るにはどうしたらいいか、考えていきましょう。

夜型生活がいっそうの体調不良をもたらす

 血圧は眠っているとき低くなり、朝目覚めるころだんだん高くなりますが、低血圧の人はこの血圧の上昇がうまくいかないため、朝起きるのがつらかったり、だるかったりします。起きて活動しているうちに血圧も上がって、夕方から夜にかけては人より元気になったりする人もいます。このため、つらさをわかってもらえないだけでなく、病気でもないのに怠けている、甘いなどと思われがちなのも低血圧のつらいところ。

 しかし、朝弱いからと夜型の生活を続けていてはだめ! 夜更かしすれば朝はますます起きるのがつらくなり、午前中をボーっと過ごしてまた夜更かしといった悪循環に陥ってしまいます。低血圧だからこそ早く起きて、血液循環をよくしてあげることが大切なのです。

 急に生活リズムを変えるのは大変ですが、少しずつ夜寝る時間を早くしていきましょう。朝起きるときはゆっくり起き上がること。急に起き上がると脳貧血の状態になりやすく、低血圧の症状をひきずってしまうため、ゆっくり時間をかけて起き上がるようにします。ちょっとした工夫で、すっきり目覚めることができるようになります。

●寝たまま手足を上に上げてバタバタさせたり、仰向けでばんざいをして、手足で引っ張り合うようにぐーんと伸びをしたり、軽くストレッチをしてから起き上がる
●カーテンを開けて朝日を浴びる
●朝ごはんをしっかり食べる
●時間があるなら熱めのシャワーを浴びるのもよい

日常生活ではこんなことに気をつけて

 低血圧の症状をやわらげるには、規則正しい生活リズムとともに、血行をよくすることが大切。次のような点に気をつけましょう。

●食事は3食バランスよく。たんぱく質、ビタミン、ミネラル、脂質などをしっかり
●適度な運動を続ける。激しい運動は動悸(どうき)やふらつきを起こしたりするので軽い運動を。ストレッチや体操、ウオーキング、水泳など、少しずつでも続けることが大切
●汗をかいたら十分水分をとり、塩分を補給。塩分が不足すると血圧が下がりやすい
●体を冷やさず、暖める。ただし、長いお風呂は血圧を下げるため禁物
●ストレスをためない。低血圧の人はストレスがたまると胃の不調を起こしやすく、肩こり、頭痛の症状を悪化させやすい
●夏バテに注意。普通の人より疲れやすく食欲も低下しやすいため特に気をつける。冷房対策はしっかり

 高血圧はほうっておくと心臓病や脳血管障害などのさまざまな病気の引き金になるのに対し、低血圧自体は直接病気を起こす原因にはならず、むしろ低血圧の人は長生きできると言われるほどです。あまり気にせず、上手につきあっていきましょう。

 それでも症状がつらい人は、お医者さんに相談を。お薬や加圧バンドなどで症状を軽くする治療もあります。

【監修】
中村理英子先生


中村クリニック院長
1946年生まれ。1970年東邦大学医学部卒業後、同大学産婦人科学教室に入局。1991年より、東京・下北沢に中村クリニック(産婦人科・内科・皮膚科)を開設。女性誌などでも女性のよきアドバイザーとして活躍中。近年、美容皮膚科を併設し、からだの内と外からの相互的な診察で女性の健康と美をサポートしている。著書に『よくわかる女性の医学』(西東社)、『中村先生、ピルって何ですか?』(KKベストセラーズ)、『更年期からのクリニック』(主婦と生活社)などがある。
中村クリニック http://www.dr-nc.com/

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

【いつ結婚するの?】親からの圧力を上手に回避する方法

結婚はタイミングが大事。例え恋人がいても、それが結婚に繋がるとは限らない。そんな娘の気持ちとは裏腹に。親の心配がよもや圧力となる今日この頃…。どうやってデリケートな問題に首を突っ込まれずに上手に回避する!?今回は【いつ結婚するの?】コー... 続きを読む

年末年始でダイエットのリズムが緩む1月。ダイエット一時休止してもいいですか?

ココロIQを高める!~今回の解説~ Q. 年末年始でダイエットのリズムが緩む1月。ダイエット一時休止してもいいですか? A. NO.……お正月についた脂肪はすぐ落とせる!
今すぐ気持ちを切り替えて ... 続きを読む

呼吸のコントロールが心身リラックスにつながる-呼吸法5ステップ

私たちは、生まれてから今まで1秒も休むことなく呼吸を続けています。呼吸は、胃や腸といった臓器と同様、意識することなく繰り返される体の営みですので、改めて意識をされたことのある方は少ないかもしれません。しかし、臓器とは異なり、意図的にコントロ... 続きを読む

フランスの朝ごはん

りんごロワイヤルのパリダイエット日記 1月18日(木)晴れ
朝ごはん、きちんと食べていますか?
忙しい朝、特に一秒でも長くふとんにくるまっていたい冬には、時間がなくてコーヒー一杯だけ、なん... 続きを読む

乱れがちな生活のリズム-体内時計を整える5つのテクニック

私たちの体には、意識しなくてもきまった周期で体の働きを変動させる「生体リズム」が備わっています。たとえば夜暗くなると眠くなり、朝になると目が覚める24時間周期の睡眠・覚醒のリズム、レム睡眠とノンレム睡眠を約90分周期でくり返す睡眠のリズム... 続きを読む

休み明けがだるい理由-体内時計のリズムを崩さない生活とは

年末年始は、皆様ゆっくりお休みを取れましたでしょうか。 お休みがあると、ついつい夜更かし朝寝坊をしてしまう方もおられるかと思います。しかし、休み明けはどうもだるい、といったご経験をされた方も多いのではないのでしょうか。これは、休みの間の生活... 続きを読む

塩分を控えるだけじゃダメ!?浮腫みの意外な原因と対処法

こんにちは、コラムニストの愛子です!浮腫みは女性の大敵ですよね。塩分の摂り過ぎに気を付け、半身浴やマッサージもしているのに浮腫みやすいという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、考えられる原因と対処法をご紹介します。塩分を控えるだ... 続きを読む

正面顔のポイントは最大幅と隙間

~ビューティー・ルネッサンスを迎えるために~ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ 自分の角度を見つけよう
いよいよリゾートシーズン真っ盛りです。春先からのダイエットはいかがですか?
目標は達成できましたか?... 続きを読む

メタボは「肝臓がん」を引き起こす引き金に

こうしてメタボがガンを引き起こす

脂肪(特に内臓脂肪)が増えると、インスリンの働きを抑える物質が血液中に増え、インスリンの働きがいっそう低下します。するとブドウ糖があふれて高血糖が進み、働きの悪さを量でカバーするためにインスリンが増... 続きを読む

2007年水着トレンド 女の子が最大に可愛く見えるトレンドを発表!

女のコが最大に可愛く見えるトレンドを発表! ロマ&クラシカル旋風は水着のトレンドにも影響。でも可愛いだけじゃない、気になる着やせもカバーする優秀水着を一挙公開! Trend1 細ボーダー キ... 続きを読む