若い女性に増える子宮がん-早期発見には自覚症状が出てからでは遅い?

年に一度は婦人科で検診を受けよう

子宮がんは早期発見・早期治療でほぼ完全に治るがん。後悔しないためにも定期検診と早めの受診を

子宮頸がんは低年齢化、子宮体がんは増加

 一般にがんになりやすい年齢は40歳以降といわれますが、子宮がんはむしろ若い世代に多いがんであるため、若い人も油断はできません。子宮がんには、子宮の入り口(頸部)にできる「子宮頸(けい)がん」と、子宮の奥(体部)にできる「子宮体がん」があります。どちらも、最近は発症年齢の低年齢化が問題になっています。

 とくに子宮頸がんは20~30歳代に急増。これから子どもを産もうという人の多い年代であり、命は助かっても子宮を失うようなことになったのでは深刻な問題です。
 子宮頸がんは、性交で感染するヒトパピローマウイルスとの関係がかなり明確になっており、性交経験のあるすべての女性がこの病気のリスクをもちます。また、性交を経験する年齢が低くなったことが、このがんの低年齢化に結びついていると考えられています。子宮頸がんになるリスクが高いのは、性交を経験した年齢が低い人や喫煙者、妊娠・出産回数が多い人などです。

 一方、以前は子宮がんといえばほとんどが子宮頸がんだったのが、この40年ほどで子宮体がんが約4倍にも急増、最近では子宮がん全体の30%前後を占めるまでに増えています。40代から60代に最も多くみられますが、30代で発症する人も増えています。妊娠・出産経験のない人、若い人では月経不順やホルモンの乱れがある人に多くみられます。肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症の人は、さらにリスクが高くなります。

 子宮がんは早期に見つけて治療すればほぼ完全に治すことができます。それには定期的に検査を受けることが大切です。

子宮頸がんは自覚症状が現われてからでは遅いことも

 子宮頸がんは早期にはほとんど自覚症状がなく、自覚症状が現われるのはがんが進行してから。月経以外の出血(不正出血)、性交時の出血、おりものの増加などが主な症状ですが、がんが進行してからでは、子宮の温存が不可能になります。早期なら子宮を残す治療法を選択することができるため、妊娠することが可能です。だから自覚症状がないうちに発見することが何よりも大切なのです。

 子宮頸がんの検診は多くの自治体で実施しており、多くの場合20歳から、無料または安価な料金で受けることができます。2年に1回の検診としているところが多いようですが、できれば最低でも年に1回、婦人科や検査機関で自主的に検診を受けることをおすすめします。(自治体によって費用や受診できる年齢などの条件は異なるため、個々に問い合わせが必要)

 検診では子宮の出口を綿棒でそっとこする検査(細胞診)を行います。痛みもなく短時間ですみます。はずかしい、忙しいといった理由で婦人科の検診を受けることをためらう人は多いかもしれませんが、後悔しないためにも、年に1回のがん検診を受けましょう。

子宮体がんの自覚症状は月経不順と間違えやすい

 子宮体がんも初めは無症状ですが、比較的早期に不正出血や月経異常で自覚されることも多いようです。最初は月経量が増える、長引くといった月経の異常として現われるため、もともと月経不順のある人や閉経前後の人では、いつもの月経異常として見逃してしまうことも多いのです。

 現代女性は、初経年齢が早まり閉経年齢は遅くなっていることに加え、子どもを産む数が減っていることから、昔の人よりも約10倍、生涯で経験する月経が多くなりました。この月経回数の増加が、子宮体がん増加の原因になっていると考えられています。ほかに、食生活の欧米化や、ストレス社会でホルモンのバランスをくずす人が多いことなどの影響も指摘されています。

 つまり、子どもを産む産まないにかかわらず、現代女性の誰もが子宮体がんのリスクがあるということ。40歳になったらすべての人が検診を受け、月経不順があるなどのリスクが高いと思われる人はもっと早く、30代から検診を受けることが望まれます。

 自治体の検診はおもに頸がんについて行う場合が多いので、子宮体がんは婦人科を受診して調べてもらうことをおすすめします。体がんの検診は子宮内膜の細胞を調べる細胞診で、子宮内に細い棒状の器具を入れて細胞をこすりとるなどの方法で、少し痛みを感じることもあります。子宮内膜の厚さを測定する経膣(けいちつ)超音波検査も有効で、こちらは痛みもほとんどありません。子宮頸がんとともに年に1回は検診を受け、月経とは違う出血や、いつもより月経量が多い、長いなどの変化があったら、自己判断せず、婦人科を受診しましょう。

 不正出血やおりものの変化などは、がんではなくても子宮や卵巣など婦人科の病気のサインである可能性もあります。20歳をすぎたら年に一度の検診で子宮や卵巣の状態をチェックすることが、女性のライフプランの実現に不可欠であるということを心にとめておいてください。

【監修】
種部恭子先生


女性クリニックWe!TOYAMA院長
富山医科薬科大学卒業後、同大学産科婦人科学教室入局。婦人科医。愛育病院、黒部市民病院を経て、2001年富山医科薬科大学付属病院産科婦人科外来医長、2003年済生会富山病院産婦人科医長。2006年富山市根塚町に『女性クリニックWe富山』を開業、現在に至る。著書に『ティーンズの生理&からだ&ココロの本(共著)』(かもがわ出版)、『パートナー・ドクターを作ろう―100歳までの女性医療』(岩波書店)ほか。

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

子宮頸がんを予防しよう-5つの病気と5年生存率について

子宮がんには、子宮の入り口に発生する「子宮頸がん」と子宮の内膜に発生する「子宮体がん」があります。日本では子宮頸がんが圧倒的に多く、子宮がん全体の約70〜80%を占めています。
一般的に子宮頸がんは40〜50歳代に多く発生しますが、最近で... 続きを読む

子宮体がんの基礎知識 50代以降は高い死亡率|主な検査方法

子宮頸がんが20歳代後半から30歳代後半に多いのに対し、子宮体がんは50歳代~60歳代に多いがんです。また近年は、年齢に関係なく子宮体がんは増加傾向にあります。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、1年間... 続きを読む

注目ワードコラム [あなたが「年」を感じる時はどんな時ですか?]

注目ワードコラム あなたが「年」を感じる時はどんな時ですか? 帰宅ラッシュの電車の中、窓に映った自分の姿に「あれ?老けたかも」なんて感じることはないでしょうか。30代も半ばを過ぎると、立ち上がるときうっかり... 続きを読む

子宮体がんと子宮頸がんの違いは? 女性に知ってほしいガンの症状

子宮にできるがんを「子宮がん」と呼びますが、子宮がんには「子宮体がん」と「子宮頸がん」があります。この2つはまったく別の種類のがんで、特徴も大きく異なります。「子宮体がん」と「子宮頸がん」、2つの違いについて、自治医科大学附属さいたま医療セ... 続きを読む

子宮頸がんより死亡数が多い卵巣がん-リスク低下には睡眠が大事

卵巣がんは、かつては欧米の女性に多いがんでしたが、近年は日本でも増加傾向にあります。乳がんや子宮がんほどには話題になることが少ない卵巣がんですが、1年間の罹患数は約9,900人、死亡数は約4,700人と推計されています(国立がん研究センタ... 続きを読む

子宮頸がん検診でそのほかの婦人科疾患もチェックできる

誰もがかかるリスクを持っている「子宮頸がん」年に1度の検診をしておけば、そのほかの子宮の病気も防ぐことができます。小さなことでも相談できる、かかりつけの婦人科を見つけましょう。 30歳以上は「細胞診」と「HPV検査」の併用を 「がん... 続きを読む

子どもの医療費を自治体が負担 乳幼児医療費助成

乳幼児医療費助成とは?
医療機関で診療や治療を受けた場合、医療費に対して小学校入学前までは2割、入学後は3割が自己負担となります。しかし乳幼児は医療が必要になる頻度が多く、感染症などの進行が早いことから、家庭の経済状況に関わらず早期に必... 続きを読む

健康になるうえに商品券ももらえる!自治体の「健康ポイント制度」

ご当地キャラやふるさと納税など、地方が盛り上がっていますが、その波は健康づくりにも。健康にいいことをして、景品がもらえたり当たったりする自治体のサービスを知っていますか?
歩いたり、自治体や協賛する企業が行っている健康イベントに参加した... 続きを読む

子宮頸がん検診の重要性-痛みのない検査で早期発見ができる

最近、予防ワクチンや病名の呼び方のことなど、新聞、雑誌、テレビなどで子宮頸がんの話題が取り上げられることが増えています。
「子宮がんと呼ばないで」という新聞の見出しに「どういうことだろう?」と興味をひかれたり、「じゃあ、何と呼ぶのだろう... 続きを読む

婦人科検診を受けるメリット-ゆったり検査できるレディスドッグ

厚生労働省の「平成19年国民生活基礎調査」によると、日本の女性のがん検診受診率は、胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮(頸)がんの平均が2割台前半でした。そのうち乳がん、子宮がんの受診率は、20.3%と21.3%でした。平成16年の同調... 続きを読む