若い女性に多い「しゅさ様皮膚炎」 なりやすいタイプ・予防対策

ステロイドの入ったかぶれ止めを顔に常用すると起こりやすい

ニキビ状のブツブツ、ピリピリ感、強いほてりを伴い、腫れて赤ら顔になる

ステロイド外用薬の長期使用が原因

 あなたは、化粧品やヘアケア用品でかぶれやすいほうですか? そんなとき、ステロイドの入った市販のかぶれ止め薬を使うこともあるでしょう。はじめは炎症が抑えられて湿疹はすぐに治りますが、使い続けるうちに赤ら顔になって、ニキビ状のブツブツができるようになります。このときステロイド薬をやめると、それまで抑えられていた炎症が一気にあらわれ、顔が赤く腫(は)れ上がって、ピリピリしたりほてりを感じたり、かゆみが出ることもあります。これがしゅさ様皮膚炎です。

 しゅさ様皮膚炎は、20~50代の女性に多くみられます。もともと顔がほてりやすい、発赤(ほっせき)を繰り返しやすいといった素因のある人が、脂漏性皮膚炎や、化粧品、シャンプー、リンスなどによるかぶれを副腎皮質ステロイドの入った塗り薬で治療しているうちに起こってくる皮膚炎です。

 ステロイド外用薬を長期間使い続けると、皮膚が薄く弱くなり、血管が拡張して毛包(毛根を包んでいるところ)を刺激するため、むしろ炎症を起こしやすい条件が整ってしまいます。一般に薬の副作用の症状が出たときにはその薬の使用を中止するのが原則ですが、しゅさ様皮膚炎の場合、ステロイド薬の使用中止後2~3週間は症状が悪化します。このとき、またステロイド薬に頼るとふりだしに戻り、悪循環に陥ってしまうので注意が必要です。

ステロイド薬の使用を中止し、皮膚科を受診する

 症状を自覚したときには、直ちに皮膚科を受診してください。皮膚科では、まずステロイド薬の使用をやめ、そのときの症状に応じた適切な外用薬を用いながら、ニキビの治療に使われるテトラサイクリン系の抗生物質を内服します。一時的に症状が悪化しますが、必ず治るので、医師の指示どおりに薬を服用してください。症状がひどく精神的苦痛や不安を伴い、社会生活に支障がある場合は、入院をすすめられるかもしれません。

 日常生活では、香辛料などの刺激物を避け、アルコールも控えたほうがよいでしょう。また、化粧品は、腕などの目立たない部分につけて、かぶれがないかどうか、試してから使うようにしたいものです。

ステロイド薬は用法を守って使用することが大切

 ステロイド薬は、上手に使うと大変有用な薬ですが、使い方を誤ると副作用を起こしてしまいます。まさに「両刃の剣」といえる薬です。それだけに、皮膚科専門医の指示に従って、正しく使うべきです。

 化粧品かぶれなどを起こしたとき、「わざわざ皮膚科を受診するのは面倒だから」という理由で、市販のステロイド外用薬に頼ってしまうこともあるでしょう。しかし、ストロイド薬は使い方しだいで、「薬にもなれば毒にもなる」ものなのです。手軽なはずの市販薬が原因で、何カ月も顔面の炎症に苦しむことにもなりかねません。

 ステロイド薬には強さの異なる製剤がたくさんあります。中には、弱い抗炎症作用がありながら血管拡張作用がほとんどないものもあって、症状によってはしゅさ様皮膚炎の治療にさえ使うことができるものもあります。「ステロイドは怖い」という人もいますが、間違った使い方に問題があるのです。ステロイド薬を使うときは、用法をきちんと守って使用することが大切です。

(「ヘルス&ライフ」法研より)

【監修】
古賀道之先生


古賀皮ふ科院長・東京医科大学名誉教授
1962年 長崎大学医学部卒業後、東京医科大学皮膚科学教室入局 。1971年、東京医科大学講師。立正佼成会佼成病院皮膚科部長、都立大久保病院皮膚科医長、東京医科大学助教授を経て、1994年、同大学主任教授。2002年4月、 町田市に「古賀皮ふ科」開設、現在に至る。医学博士。

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

赤ら顔を治すのはエステと皮膚科どっちがいいの?

赤ら顔で恥ずかしい、という女性は案外多いもので、冬になると頬が赤くなるのを大きなストールで隠したりしていることがあります。実際、このような皮膚に関することは皮膚科が良いのでしょうか?エステサロンでも赤ら顔を改善に導いてくれるのでしょうか... 続きを読む

寝ているときに起こる脚のムズムズ-治療法や受診する病院は?

太ももやふくらはぎなど脚の奥のほうに、まるで虫がはい回っているような「むずがゆさ」や「ピリピリ感」があって、じっとしていられない、一晩中眠れなかった――などという症状を訴える患者さんが、この数年で目立つようになってきました。不眠を訴えて睡... 続きを読む

毛穴のブツブツを気にする人がやっておくべき正しいケア法(原因と予防法)

毛穴がブツブツの人はそれなりに対処を行っているけれど、それが間に合っていないのかもしれません。毛穴ブツブツの状態で、彼氏と真正面で向き合えますか?ブツブツ毛穴の原因、そして予防法などを紹介していきましょう。毛穴のブツブツを気にする人がや... 続きを読む

「○○フリー」に騙されてない?化粧品表示の見方、教えます!

基礎化粧品のパッケージに大きく書かれた「○○フリー」という文字ですが、一体どうゆう意味でしょうか?美意識高く日々スキンケアに取り組む女性たちだからこそ、知っておきたい基礎知識なのです。「○○フリー」だけでは判断できない?化粧品表示のHo... 続きを読む

【医師が回答!】赤ら顔が気になります。治す方法はあるの?

私は赤ら顏で、素顔で外に出られません。 化粧で隠しています。赤ら顔の治し方はありますか? (質問者
higanさん) 教えて!goo higanさんのように赤ら顔で悩んでいる人のために、食と美容、健康など幅広い知識を持ち、雑誌やテ... 続きを読む

毛穴黒ずみは皮膚科じゃないと改善されないの?

鼻や小鼻に見える黒いぶつぶつ・・・。皮脂や古い角質が酸化したものが原因だとは分かっているけれど、放っておくとニキビになったり毛穴が広がる可能性もあります。メイクでカバーしていつも誤魔化している・・・という女性は、ここらへんで本気ケアを目... 続きを読む

【スッピン美人皮膚科医の素肌対策に学ぶ】肌力を弱める正体は、まさかの化粧品?

化粧水、乳液、美容液、ファンデーションにコンシーラー…。毎日丁寧に肌ケアしているのに、なぜか肌の調子がよくない。そんな疑問を抱えている人は少なくないはずです。 「美肌のためのお手入れが、実は肌を傷めている」と話すのは、白金ビューティフ... 続きを読む

生理用品の選び方-生理中のかぶれやムレはナプキンが原因?

ナプキンとタンポンはどう使い分けるの?
自分に合ったナプキンはどう選ぶの?
布ナプキンは何がいいの?
そんな生理用品にまつわる疑問にお答えします。 ナプキン選びは体感や快適性にこだわって 半数以上がタンポン派といわれる欧米と異なり、... 続きを読む

アラサー女子のためのアンチエイジング化粧品ランキング

アラサー女子になったら始めたい、アンチエイジング化粧品への転向。しかしアラサーといってもいつから?それは気になった時からです。アンチエイジング化粧品には色々ありますが、アラサー女子にもっとも効果が見られるような化粧品はどのようなものなの... 続きを読む

下痢を伴う腹痛の原因と対処法 下痢止めは飲んでもいい?

急にお腹が痛くなって、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む。そんな経験は誰もがしたことがあるはず。そんな下痢のときの対処法をご紹介します。 急性下痢の原因は、食べ過ぎや飲み過ぎが原因 ふだん食事で摂った食べ物の消化吸収は小腸で行われ、水... 続きを読む