やせた、なで肩女性に多い胸郭出口症候群とは?姿勢やPC作業に注意

腕や手指に行く神経の束が血管とともに圧迫される

手指や腕のしびれ、痛み、だるさ、肩こり、肩甲骨周辺の痛みなどがおこる

神経や血管が圧迫されてしびれや痛みが

 腕のしびれやだるさ、痛みのために、電車のつり革につかまっているのがつらいことはありませんか? 逆に、ずっと手を下げていても同じような症状が出ることもあります。こうした痛み、しびれ、だるさは腕だけでなく、首から肩、背中の肩甲骨周辺に現れたり、頭痛や手先のしびれとなって現れることもあります。こういう症状がある場合は、胸郭(きょうかく)出口症候群が疑われます。

 胸郭出口というのは、鎖骨と第一肋骨(ろっこつ)の間のすき間のことで、ここには腕や手指に行く神経の束や血管が通っています。このすき間が狭くなると、神経や血管が圧迫されて、しびれやだるさ、痛みなどの症状がおこります。とくに、やせた、なで肩の人は、もともとこのすき間が狭いため、こうした症状が出やすくなります。また、こういう体形の若い女性は、首や肩を支える筋肉が弱いことから、肩がこりやすい傾向があります。

 ほかに、腕を上げていると手が冷たくなってくる、腕や手指の色が青白くなってくる、首や肩、肩甲骨周辺がうずくように痛むといった症状がある場合も注意が必要です。
 腕や手指のしびれや痛み、手指の色の変化などは、脊椎(せきつい)の病気や肺の腫瘍などでも現れます。また、重症の場合は手術が必要になることもありますので、まずは病院を受診して診断を受けましょう。

悪い姿勢、長時間のパソコン作業は要注意

 胸郭出口症候群によるさまざまな症状は、悪い姿勢を長く続けると、さらに悪化します。長時間デスクワークを続けたときなど、肩こりがひどくなることはよく経験することです。首の筋肉の緊張が長く続いたためです。

 とくに、パソコン作業を行う場合は、頭が上半身よりも前に突き出た姿勢になりがちです。この姿勢を横から見てみると、とてもバランスが悪いことに気づきます。体の前方に重心が偏るのを、首や肩、背中の筋肉が引っ張って支えているわけですから、筋肉の緊張が強く、長く続くことになります。

 長時間のデスクワークを続ける場合は、座る姿勢に注意が必要です。あごだけが前に突き出て重心が前に偏らないように、いすに座るときには、猫背にならないように、あごを引いた姿勢を心がけます。パソコンのキーボードの高さ、書類を置く位置にも気をつけましょう。パソコン作業中は腕が下がった状態なので、1時間に1回は、腕を頭の上に上げたり、首を動かす運動をするようにしてください。

胸郭や肩甲骨などの動きを改善する運動を

 胸郭出口症候群の症状を改善するためには、神経と血管の通り道を広げる必要があります。それには、胸郭、肩甲骨などの位置関係や動きを改善する運動を行います。整形外科やリハビリテーション科で指導を受けるとよいでしょう。

 おすすめなのは、ひじを曲げたまま腕を大きく回す運動です。ひじを体の前に突き出し、腕を大きく回してひじを外へ開きます。そのまま、ひじを下のほうへ回して、再び元の位置に戻します。これを5回、反対回しを5回、毎日仕事の合い間などに行いましょう。このとき、肩甲骨をゆっくり大きく動かすようにすると、肩周辺の筋肉に刺激が伝わってストレッチ効果も大きくなり、胸郭や肩甲骨などの動きの改善につながります。

 このほか、首をゆっくり前→右→うしろ、前→左→うしろと半円に回す運動も有効です。頭の重みで首の筋肉を伸ばすような感覚で行います。これは、仕事中でもできますし、入浴時に肩周辺を温めながら行うと効果的。血行が改善されて、筋肉のコリがほぐれます。

(「健康のひろば」法研より)

【監修】
筒井 廣明先生


昭和大学藤が丘リハビリテーション病院整形外科准教授
昭和大学医学部卒業。医学博士。専門は肩関節外科、肩のスポーツ障害など。日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本医師会認定産業医。日本肩関節学会幹事、アジア肩関節学会幹事などを務める。著書に『投球障害肩―こう診てこう治せ 整形外科医と理学療法士からのアドバイス』(メジカルビュー社)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

うしろに何かついている!?

29才の誕生日を迎えた私は、ある決意をしました。それはアフター5にスポーツジムに通うこと。 同僚や学生時代の友だちも次々と結婚してしまい、飲み歩く仲間が減ったというのもあるけれど、会社→飲み屋のお決まりコースもちょうど... 続きを読む

「いかり肩」と「なで肩」の肩こりは種類が違う!それぞれの解消法

「仕事の合間に簡単ストレッチ」2回目の今回は、1回目に続いて肩こり・首こり解消のためのストレッチを紹介します。
肩や首のこりは、首から肩周りの筋肉に過剰に負担がかかる人によくみられる症状です。特に長時間パソコンを使用する人は、キーボード... 続きを読む

鎖骨

鎖骨とは、首もとに浮き出ている一対の骨です。人間の腕は鎖骨によって胴体につながっており、人間が両腕をクレーンのアームのように自由自在に動かすことができるのは鎖骨のおかげです。ちなみに、人間以外の哺乳動物には鎖骨があるものとないものがあり、... 続きを読む

寝るだけでスリムに!「肩甲骨枕」ダイエット

肩甲骨枕
肩甲骨とは、呼吸をする時に動かす筋力で、ストレスなどが原因で呼吸が浅くなってしまうと、肩甲骨周辺の筋力が鈍り、肩こりの原因になったり代謝が悪くなってしまいます。
肩甲筋は「褐色脂肪燃焼細胞」という通常より燃やしやすい細胞が集... 続きを読む

その眼の疲れと痛みはVDT症候群かも? 腰痛や心の不調も

私たちの日常生活に、もはやパソコンは欠かせない存在となりました。しかし、同じ姿勢で集中し続けるパソコン作業は疲れがたまりやすく、心身にさまざまな症状を引き起こす「VDT症候群」が問題となっています。
VDTとは、Visual Disp... 続きを読む

パソコン疲れのVDT症候群を予防するには? 改善のポイント

パソコン作業をしながら、「目が疲れた」「肩がこった」「背中が痛い」などともらしているあなたのために、「VDT(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)症候群」を防ぐためのポイントを紹介しましょう。それにはまず、パソコン作業環境を整えることか... 続きを読む

首美人の条件は肩甲骨の位置にあった!簡単ストレッチで肩甲骨を正しい位置へ

首筋が美人な人はスラリとしており、はたから見ていても美しいなと感じますね。そんな首美人には猫背の人はいません。いつもキリッと立っていますし、座っています。 それには、肩甲骨が関係しているようです。 首美人の条件は肩甲骨の位置にあった!簡... 続きを読む

便座より汚い!?働く女性のスマホ、キーボード、化粧品事情

現代に生きる働く女性にとって、スマホや化粧道具は必需のアイテム。どんな人のバッグにも必ず入っていて、常に行動をともにしているはずです。 そんな身近な存在が、実は雑菌まみれの状態であることを知っていますか?今回は、女性が日常的に持ち歩く... 続きを読む

首がこらないうなずき方って?首コリを予防する姿勢のつくり方!

こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。首コリや肩こりになりやすい方に、コリが出てくるきっかけは、長時間のデスクワークやスマホ操作、抱っこや崩れた姿勢での動作など、不自然な姿勢があるのではないでしょうか。原因をなくしていけば、... 続きを読む

肩こりは首や肩甲骨のこりからきている? 肩甲骨をほぐすストレッチ

日本人は男女ともに多くの人が肩こりに悩まされています。厚生労働省の調査によると、気になる自覚症状のなかで、肩こりは女性で第1位、男性で第2位でした(「平成25年 国民生活基礎調査」より)。
一言で肩こりといっても、原因がはっきりしてい... 続きを読む