出産によってダメージを受ける骨盤底-産後のトレーニングは必要?

子宮や膀胱を支える骨盤底を傷めると尿もれや性器脱の原因に

出産時に傷つけないことが何よりも大切。十分な休養をとり骨盤底が回復したら骨盤底トレーニングを

骨盤底ってなに?

 「骨盤」というとき、一般の人は腰の部分の骨を思い浮かべることが多いようですが、医学的には腰の骨に囲まれた体の中の空間ないしは通路を指します。骨盤底とは、この通路を下から塞いでいる底板部分のことなのです。桶にたとえると、水をためる空間が骨盤、側面が骨盤壁、底の部分が骨盤底ということになります。

 骨盤底は筋肉や線維組織からできていて、骨盤内に収まっている子宮や膀胱、直腸などの臓器を支えています。そして、日頃はしっかり閉じているのに、排尿・排便時や出産時など必要なときには緩んで通路を開放するという優れものです。

 力学的にいうと、骨盤底は骨盤の最も低い位置にかかった「橋」のようなもので、この橋は子宮周辺の線維組織や骨盤底筋群などの支持構造と、強い力が加わったときに子宮や膀胱などが互いに押し合う力のバランスなどによって安定を保っています。
 しかし、こういった支持のメカニズムが失われると、骨盤底はあたかも橋が落ちたごとくにたれ下がり変形します。こうなると、骨盤底弛緩、骨盤臓器脱(性器脱)などと呼ばれる状態がおこります。骨盤底に緩みや断裂がおこり、尿道や膀胱をしっかり支えられなくなって尿もれをおこしたり、子宮、膀胱、直腸などが下がってきて、外に飛び出したりするのです。

 このような状態は命にかかわるものではないものの、仕事や日常生活に支障をきたし、外出をためらって家にこもりがちになる人もいるなど、QOL(生活の質)を大きく低下させることが問題です。そして、こうしたトラブルで悩む女性は非常に多いのです。

妊娠・出産で骨盤底はダメージを受けやすい

 妊娠中、子宮はだんだん大きく重くなりますから、当然、骨盤底への負荷は妊娠週数が進むと増大していきます。分娩時には、骨盤底はいっぱいに開いて胎児の通り道を提供しなければなりません。そのため、経腟分娩で出産した女性は、骨盤底の「疲労」や「傷み」を抱えた状態で育児や家事をすることになるのです。

 出産後の骨盤底の疲労や傷みの程度は人によってさまざまです。その度合いが大きいと、尿のたまった感じがしない、尿やガス・便などがもれやすい、腟の周りに緩んだ感じやしびれ感がある、などの不具合が出てきます。
 若い女性の骨盤底には十分な回復力があり、ふつうの疲労や傷みならば出産後に十分体を休めることで速やかに回復します。出産後約1カ月までは十分に休養し、育児の合間をみて横になるようにしましょう。出産から2~3カ月で骨盤底の緩んだ感触がだいたいとれ、尿のもれやすさも収まるのが正常な回復の目安です。

トレーニングは骨盤底の回復を待ってから

 昨今は高齢出産や核家族化など骨盤底がダメージを受けやすい条件が重なります。そこで、不具合の残りそうな人や難産だった人などには、積極的な療養計画や骨盤底トレーニングが欠かせません。出産から6~8週間までは、腹部のたるみや胴回りのぜい肉が気になっても、胴回りをきつく締めつける下着や衣服を身につけることは避けましょう。この時期は骨盤底が回復していませんので、おなかを締めつけて咳やくしゃみ、いきみなどの力が100パーセント骨盤底へ向かうと、その分骨盤底に負担がかかるからです。
 出産後の骨盤底トレーニングは、外陰部の痛みが引いてから行いましょう。また、腹筋トレーニングは、骨盤底が回復してから始めるようにしましょう。

 以上、出産後の骨盤底ケアについて説明しましたが、本来は、分娩で骨盤底を損なわないことが何にも増して大切です。そのためには、妊娠中から十分に養生して血圧上昇や体重増加を避け、出産予定日前後の生活は余裕をもって計画しましょう。高齢初産では、出産に伴うリスクが高くなるので、30代後半で初めて出産する人はとくに、いつでも帝王切開に切り替えられる環境で出産するのがよいでしょう。

 最近は、妊娠して尿がもれやすくなったなどで骨盤底を鍛練しようとする人がありますが、妊娠中の尿もれは骨盤底トレーニングではなかなか治まりません。腟周辺をすぼめるつもりでいきんでしまったりすることもあるので、妊娠中は力いっぱい骨盤底トレーニングをすることは控え、まずは母親学級などの機会に骨盤底というボディ・パーツのイメージをしっかりと固めておくようにしましょう。

 骨盤底のイメージをしっかり持っていれば、胎児が骨盤底を通過するとき、ごく自然に骨盤底の力を抜くことができます。出産後は、骨盤底の筋肉はとくに努力しなくても自然に引き締まっていきます。

 引き続き、次回は骨盤底の緩みにつながりやすい習慣やくせ、加齢により骨盤底の緩みが出てくる40代以降のケアなどについて説明します。

【執筆】
中田 真木先生


三井記念病院産婦人科医長
1981年東京大学医学部卒業後、同大学産婦人科学教室入局。1991年フランス政府給費研究生(研修先はオテル・デュー・ド・パリ産婦人科)。東京警察病院産婦人科医幹を経て、2002年より現職。専門は骨盤底婦人科学。日本産婦人科学会、日本泌尿器科学会、排尿機能学会、日本更年期医学会、女性骨盤底医学会、骨盤外科機能温存研究会に所属。著書に『知って!貴女の骨盤底』(芳賀書店)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

40代からは骨盤底トレーニングを 1日1回10分で尿もれを予防

前回は、骨盤底は妊娠・出産によってダメージを受けやすいため、妊娠中から十分に養生し、分娩時に骨盤底を傷めないようにすることが大切であること、出産後は骨盤底の回復を待ってトレーニングを始めたいことなどを述べました。今回は、加齢によって骨盤底... 続きを読む

女性の大事な体を支える「骨盤底」とは? 生活の質に大きく影響

「骨盤底」と聞いても、「ナニ?それ」と首をかしげる人が多いのではないでしょうか。
骨盤底は女性の体にとって、とても重要な役割を果たしています。骨盤底は骨盤の底にあり、腹部臓器を支えている部分で、筋肉や繊維組織で形成されています。
骨... 続きを読む

代謝を上げる骨盤矯正ダイエット

骨盤矯正
骨盤矯正はダイエットに大きな効果をもたらします。
骨盤は体を支える重要な役割をしていますが、日々動き、歪みやすいのも特徴です。
骨盤の歪みが進行すると、体に様々な影響が現れます。
骨盤が歪むと、骨盤内の血液の流れや、リン... 続きを読む

女性は特に日課にしたい「骨盤底」ケア どこでもできる筋トレ

骨盤底は、骨盤の下にあるハンモック状の筋肉群。膀胱、子宮、直腸などの腹部臓器を支えていて、筋肉にゆるみができると、尿もれ、尿意の切迫感、性器脱など、さまざまな障害が起こります。
筋肉は、肥満や妊娠、さらに加齢によって、ゆるみやすくなり... 続きを読む

骨盤ダイエットとは

骨盤
骨盤ダイエットとは、骨盤の歪みを改善する効果のある骨盤スクワットをするダイエットです。骨盤が開いたり歪んだりすることが、冷え性、下半身のむくみ、生理不順、便秘、体のたるみなどの原因であると考えられていて、その骨盤を改善すると、自律... 続きを読む

冬の寒さと乾燥から髪と頭皮を守る-トリートメントの効果的な使い方

洗顔後の肌がピキピキッとつっぱったり、手足がカサカサするなど、乾燥を自覚しやすい冬は、肌の保湿をいつもより入念にしますよね。ところが髪や頭皮についてはどうでしょう。肌ほど乾燥を自覚にしくいため、特別なケアをしていない人がとても多いのでは。... 続きを読む

骨盤直しダイエットとは?

【骨盤直しダイエット】はゆがんだ骨盤を矯正し、ウエスト部分のぜい肉を根こそぎ落とす。腰痛や膝痛、肩こりなどの不快症状も改善 下半身太りの原因は骨盤のゆがみにあった
だぶついたおなか、... 続きを読む

リラックス空間は青と緑

寝室とお風呂場には緑と青を配色し気分をリラックス&リフレッシュ!
寝室は、リラックスして1日の疲れをとり、体を休めて「また次の日からダイエットに励もう」という意欲をわかせるとても大切な空間です。ここには青や緑... 続きを読む

あなたの骨盤のゆがみをチェック!

あなたの骨盤のゆがみをチェック[骨盤ダイエット] 骨盤のゆがみは3タイプ。その... 続きを読む

骨盤直しダイエットQ&A

【骨盤直しダイエット】のすべての疑問に答えます 回答/ごばん接骨院院長
碁盤一晴 Q.いろいろなダイエット動作を試してきましたが、バストばかりやせて、おなかのたるみはまったくとれま... 続きを読む