選択肢が増えている子宮内膜症の治療

薬物療法や手術療法から自分に合った治療方法を選択できる

鎮痛薬が効かない、痛みが強くなるといったときは早めに婦人科へ。治療はホルモン療法や腹腔鏡手術が主流に

子宮内膜が余分な場所で増殖。月経時に激しい痛みが起きる

 月経時の痛みには多くの女性が悩まされていますが、寝込んでしまうほどの強い痛みがあったり、痛みがだんだん強くなっている場合は、子宮内膜症の可能性があります。

 子宮の内側は、子宮内膜という粘膜でおおわれています。この粘膜は、卵巣から分泌される女性ホルモンによってコントロールされています。卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌されると内膜が増殖して厚くなり、排卵後に黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されると、増殖が抑制されるという具合です。
 子宮内膜が増殖して厚くなるのは、妊娠準備のためです。受精卵が着床するフカフカのベッドを用意するのです。しかし、妊娠しなかった場合はベッドも不要なので、内膜ははがれ落ちて血液とともに排出されます。これが周期的にくり返されるのが月経です。

 子宮内膜は、本来、子宮の内側だけにあるものです。ところが、何らかの原因で子宮内膜以外の場所に、子宮内膜と似た組織ができることがあります。これが子宮内膜症です。
 ほかの場所にできた子宮内膜に似た組織は、本来の子宮内膜と同じように、月経周期に伴って増殖と出血をくり返します。しかし、血液の出口がないため、その場に血液がたまってしまい、炎症や激しい痛みを起こします。また、卵管や腸管などほかの臓器と癒着して、ひきつれや痛みを起こしたり、不妊の原因になったりすることもあります。

 子宮内膜症は通常は命にかかわる病気ではありません。しかし、卵巣に血液がたまるチョコレート嚢胞などでは、将来がん化するリスクがある場合もあります。そうでなくても、月経のたびに激しい痛みのために寝込んだり、月経時以外にも下腹部や腰が痛む、性交時や排便時に痛みがあるというような場合は、日常生活に差しさわり、QOL(Quality of Life : 生活の質)を低下させます。
 鎮痛薬を飲んでもあまり効かない、以前と比べて痛みがだんだん強くなったりするような場合は、早めに婦人科を受診してください。子どもが欲しいのに妊娠しないという場合、子宮内膜症が原因になっていることもあります。

ホルモン薬(低用量ピルなど)の開発で治療の選択肢が増えている

 子宮内膜症の治療法は、大きく分けて二つ、薬物療法と手術療法があります。
 薬物療法というと、以前は鎮痛薬で痛みをコントロールするのが第一段階でした。鎮痛薬で痛みが軽くならない場合に、次の段階としてホルモン療法で子宮内膜の増殖を抑え、症状を軽くするという方法がとられていたのです。
 しかし最近は、ホルモン薬の開発が進んで治療の選択肢が増え、ホルモン療法を早い段階で行うことが増えています。代表的なホルモン薬には低用量ピル、ジエノゲスト、GnRHアゴニスト、ダナゾールなどがあります。

 低用量ピルは経口避妊薬として有名ですが、2008年夏、その一つが子宮内膜症の治療薬として保険適用されました。低用量ピルを服用すると、妊娠に近い状態になるため、排卵が止まります。子宮内膜の増殖が抑えられることで月経時の痛みが軽くなります。副作用が少なく、長期間使えるというメリットがあるため、若い人に最も適した薬だと言えます。
 ただし、低用量ピルを使用すると、まれに血液が固まりやすくなる場合があるため、静脈血栓症、脳梗塞、心筋梗塞を起こしたことのある人や高血圧のある人、35才以上で一日15本以上喫煙する人は使えません。また、乳がんを発症している人、出産後3週間までの人も使用できません。

 このような場合の多くは、ほかのホルモン薬が選択されますが、それぞれ骨量や肝機能への影響、長期間の不正出血といった副作用がみられることがあります。そのため使用場面を限定したり、容量を調節するなど使用方法を工夫して用いられますので、医師とよく相談し、自分に合ったものを使うとよいでしょう。

 なお、ホルモン療法を受けている間は、排卵が抑えられるので妊娠しづらくなります。妊娠を希望する場合は、医師と相談してください。希望する妊娠時期によっては、ホルモン療法でなく、手術を選択したほうがよいでしょう。

傷が小さく入院期間の短い腹腔鏡手術が一般的に

 ホルモン療法が効かないとき、あるいはすぐに子どもがほしいときは、手術が勧められます。手術には、病巣部分だけを取り除いたり癒着をはがしたりして子宮と卵巣を残す温存手術と、子宮と卵巣を摘出する根治手術の二つがあります。
 どちらを選ぶかは、妊娠・出産を希望するかどうかによります。

 温存手術は、主に腹腔鏡を使って行われます。腹部の小さな傷から器具を挿入して病巣を取り除いたり癒着をはがしたりする手術です。傷が小さいため体への負担が小さく、入院期間が短いという利点があります。また、内視鏡を病巣に近づけて詳しく見ながら手術できるという点や手術後の癒着の可能性を減らせるといった点も開腹手術よりも有利な点です。
 温存手術の課題は、治療後に再発する可能性があるということです。

 一方、根治手術は、子宮と卵巣を摘出するため、子宮内膜症を根治することが可能です。しかし、左右両側の卵巣を切除した場合には、女性ホルモンの分泌が激減し、更年期障害症状が現れるという問題があります。

 子宮内膜症は、ホルモン療法や手術療法の進歩によって、治療して改善できる病気になってきました。激しい痛みのために日常生活に支障をきたしているような場合は、一日も早く受診することをお勧めします。妊娠の希望などを含めて医師とよく相談し、自分に合った治療法を見つけることが大切です。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
福本 由美子先生


済生会奈良病院・松原徳洲会病院婦人科医
1986年奈良県立医科大学卒業。同大附属病院、東大阪市立総合病院、湘南鎌倉総合病院、松原徳洲会病院の産婦人科勤務を経て、大阪中央病院泌尿器科・ウロギネセンターで産婦人科医としての経験を生かし、女性泌尿器科診療に携わった。現在は済生会奈良病院・松原徳洲会病院で婦人科医として診療を行う。医学博士。日本産科婦人科学会認定専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本性科学会認定セックス・セラピストなど。共著に『女性泌尿器科外来へ行こう』(法研)、『30歳からのわがまま出産』(二見書房)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム