絶対冷え性を治したい! 冷えを改善する4つの生活ポイント

体を温める食事、運動、入浴など、冬を乗り切る方法を紹介

「病気の予備軍」ともいえる冷え症の改善は、不適切な生活習慣の見直しから。この冬の節電にも役立ちます

多くの女性が悩まされる冷え症は「病気の予備軍」

 厳しい寒さが続くなか、体が冷えてつらい思いをしている方も多いのではないでしょうか? 冷え症は圧倒的に女性に多く、女性の2人に1人は冷え症という調査結果もあるほど。それほど女性に多い冷え症ですが、問題なのは、寒い、手足が冷たいといった体の冷えそのものだけでなく、さまざまな不快な症状や病気に結びつく、いわば「病気の予備軍」のようなものであることです。冷え症に伴って起こりやすいのは、次のような症状です。

<冷え症に伴って起こる主な症状>
・頭痛、肩こり、腰痛
・腹痛、便秘、下痢
・月経痛、月経不順
・むくみ、頻尿
・耳鳴り、めまい
・かぜをひきやすい
・イライラ、不眠、疲れやすい、のぼせ など

 最後にあげたイライラや不眠など、一見冷えとは無関係に見えて、実は冷え症からきている症状も多いのです。
 また冷えには、甲状腺の病気や心臓病、膠原病、血管の病気などの重大な病気が隠れていることもあります。急に冷えるようになったとか、強い冷えのために日常生活に支障をきたしているような場合は、早めに医療機関を受診するようにしてください。

生活習慣やライフスタイルも冷え症の原因に

 冷え症の主な原因には、大きく次の2つがあげられます。

(1)体内で十分な熱を作れない
 食べたものを材料にして、内臓や筋肉の働きによって熱エネルギーが作られます。そのため食事の量が少なかったり、運動不足で筋肉量が少ない人は、熱を十分に作ることができません。

(2)作った熱をうまく全身に運べない
 体内で作られた熱は血液によって全身に運ばれます。しかし、体温の調節に重要な役割をもつ自律神経の働きがアンバランスになったり、動脈硬化などで血流が悪くなったりすると、体の隅々まで熱を届けることができません。

 原因を知ったうえで普段の生活を見てみると、朝食抜きや運動不足といった生活習慣が冷え症の原因になっていることがわかります。ほかにも、次のような生活習慣は冷え症を招く原因となります。

<冷え症を招く生活習慣、ライフスタイル>
・朝食は食べない
・ほとんど運動しない
・冷たいものをよく食べたり飲んだりする
・体重を気にしてあまり食べない
・冬でも薄着が好き
・夏は肌を露出する服を着ている
・ストレスが多い
・いつも冷暖房が効いた部屋にいる
・入浴は湯船につからず、シャワーで済ませる など

冷え症を改善するセルフケア

 冷え症の原因となる生活習慣があれば見直し、さらに積極的に体を温めることを心がけたいもの。以下に、冷え症改善のためのセルフケアをご紹介します。体の中と外から体を温めれば、暖房の設定温度が多少低めでも大丈夫! 節電の冬だって乗り切れます。

●食事は3食しっかり、体を温める食べ物をとろう
 体を温めるにはまず食べることが大切。特に朝食は体内リズムを整え体温を上げてくれるので、欠かさずとりましょう。朝食にはできるだけ温かくて消化のよいものをとり、体を冷やすことの多い果物などは気温が高くなる日中に食べるようにします。夜冷たいものをとるのは控えましょう。
 しょうがやとうがらし、にんにく、にら、ねぎなど、体を温める食材を積極的にとり入れるとよいでしょう。ダイエットなどで極端に食事を制限すると、熱を作る材料が不足してますます冷えてしまいます。

●生活の中に運動をとり入れよう
 体が作る熱の約6割は筋肉で作られるといわれます。運動を習慣づけて筋肉を増やし、熱を作りやすい体になりましょう。筋肉の6割以上は下半身にあるため、主に下半身を鍛えるウオーキングやスクワット、かかとの上げ下げなどが効果的です。
 エレベーターやエスカレーターはなるべく使わず階段を使うなど、少しずつ生活の中で運動量を増やし、短時間でもよいのでスクワットなどの軽い筋トレを毎日の習慣にしていきましょう。

●重ね着で暖かく
 薄着や体の露出を避け、暖かい服装を心がけましょう。体を締めつけず、脱ぎ着しやすいことも大事なポイントです。体や足を締めつけすぎると、血液循環が悪くなって冷えますし、暖房の効いた部屋で厚着をしていると、汗をかいてあとで体を冷やすことになります。
 外出するときはマフラーや手袋で、冷えやすい首すじや手を守りましょう。腹巻やカイロ、湯たんぽなども上手に利用するとよいでしょう。

●入浴で温め&リラックス。
 38~40度くらいのぬるめのお湯に20~30分ゆっくりつかるのが冷え症改善には効果的です。血行がよくなるとともに副交感神経が優位になり、心身の緊張がほぐれてリラックスできます。入浴後は早めに就寝するのも冷えないコツです。

【監修】
渡邉 賀子先生


医療法人祐基会 帯山中央病院院長
麻布ミューズクリニック名誉院長
1987年久留米大学医学部卒業。1997年北里研究所にて日本初の「冷え症外来」を開設し、多くの女性が抱える悩みである冷え症の診断と治療にあたってきた。より健康で美しい女性の一生をサポートするために、2003年より慶應大学病院にて診療・研究活動を続けながら、2004年に麻布ミューズクリニックを開院。現在は帯山中央病院の院長を務め、慶應病院と麻布ミューズクリニックでも診療を行っている。

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

糖尿病の早期発見に健康診断が有効‐メタボリック症候群も要注意

2012年の国民健康・栄養調査によると、わが国の糖尿病患者は有病者だけでも約950万人、予備群は約1100万人で、合計約2050万人と推計されます。これは日本人の人口推計値約1億2700万人からすれば、約6人に1人が糖尿病あるいは糖尿病予... 続きを読む

今のライフスタイルのままでOK!夜食べても太らないダイエット

「夜ごはんを食べる時間が遅くて・・・・・・。でも夜食べると太るし・・・・・・」。いいえ、そんなことはありません!
夜ごはんを食べてもヤセ体質になれる方法はあるんです!
ここで紹介する6つの原則とダイエ... 続きを読む

「食後高血糖」とは? 通常の検査では分からない危険因子


高血糖が長く続いた状態が糖尿病であり、そのままにしておくと目や神経、腎臓などを傷め、さらには動脈硬化から脳卒中や心筋梗塞といった命にかかわる病気も引き起こします。高血糖とは、私たちの体を動かすエネルギー源である炭水化物などの栄養素が体内... 続きを読む

背中の開いた服が着られない…。背中ニキビの原因と治し方

背中の大きく開いたドレスを着て、いざ出かけようと振り返って鏡を見たら、赤く腫れたニキビがブツブツ!
そんな経験はありませんか?
思春期のホルモンの影響でできる10代の顔のニキビに対し、背中のニキビは20代以降に増えてきます。
顔のニ... 続きを読む

女性に多い冷え性は免疫力も低下させる-体を温める食材は?

「冬になると、手足の先が冷えてつらい」という冷え性は、とくに女性に多くみられます。さらに、最近ではこうした「冷え」の自覚症状のあるなしにかかわらず、平熱が36.5度以下という低体温の人が若い世代や子どもに増えており、35度台の人が珍しくな... 続きを読む

便秘がちな女性は痔になりやすい? 予防と治療に一番良いこと

痔(じ)は「お尻のかぜ」と言われるくらい誰でも普通にかかる病気。日本人の3人に1人が「痔主」と言われています。痔の最大の原因といえば便秘ですが、女性には便秘の人が多いため、たくさんの女性が痔に悩んでいます。しかし場所が場所だけに、「もしか... 続きを読む

冷え性に効く湯たんぽの上手な使い方-冷えを取る4つのポイント

ここ数年、「湯たんぽ」がちょっとしたブームです。お湯を沸かして湯たんぽに入れるだけで、あとはガスも電気も使わないから経済的。やわらかな温かさが気持ちいいと女性に大人気です。寒い冬の夜、冷えた布団の中で足先を温めるのに使われてきたこの湯たん... 続きを読む

ピロリ菌やがんから胃を守る-こんな不調があったら要注意?

食欲の秋なのに、なんとなく胃の調子がすぐれず「食べたいのに食べられない」と憂うつな気分になっている人はいませんか?
「日本人は胃が弱い」とはよくいわれます。がんの部位別死亡率をみると、最近は肺がんにトップの座を譲ったものの、長い間、胃が... 続きを読む

子どものメタボは大人より危険-食生活の6つの注意点

子どもの肥満を、「元気でいい」と楽観視するのは考えもの。幼児の肥満は学童期の肥満に、学童期の肥満は思春期の肥満につながり、成人の肥満へとつながりやすいのです。肥満は糖尿病をはじめ、高血圧や脂質異常症、脂肪肝、睡眠時無呼吸症候群などの生活習... 続きを読む

脳の疲れには休むより「運動」が効果的!? おすすめの運動法

進学や就職、職場の異動などで環境が変わった人も、新しい環境に慣れたころでしょうか。それでもまだ緊張続きでストレスがたまっている人、あるいは環境は変わらないけれど、人間関係や仕事上の悩みで精神的に疲れているという人も少なくないでしょう。そし... 続きを読む